ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Marin Social

Home > ja-jp > Marin Social > Platform Intro & Metrics > How To Articles: Platform Intro & Metrics > Marin Social一括処理エディタ

Marin Social一括処理エディタ

概要

一括処理エディタを使用すると、作成済みの広告に変更を加えることができます。タイトル、本文、URL、ターゲット設定など、掲載中の広告の要素を変更できるので、このツールは大変便利です。

ステップバイステップ

一括処理エディタを使用するのは簡単です。一括処理エディタを使用してキャンペーンを開始する方法を次の手順で説明します。
 

  1. メディアプランダッシュボードを開き、広告を編集(「鉛筆」アイコン)をクリックします。
     

1.png
 

  1. これにより、一括処理エディタツールが起動します。ダッシュボードはクリエイティブおよびターゲットという2つの主なセクションに分割されます:
     

2.png

「クリエイティブ」タブ

クリエイティブセクションでは、1件または複数の広告のタイトル、本文、およびその他のクリエイティブ要素を一括で変更できます(2つまたはそれ以上の広告を選択した場合)。
 

  • いずれかの広告のタイトルを変更する場合、タイトルをクリックします。
     

3.png
 

  • 1件の広告のタイトルを変更する場合、「広告」ボタンをクリックし、2件以上の広告(変更する広告を事前に選択する必要があります)を変更する場合、「選択項目」をクリックします。キャンペーンのすべての広告に新しいタイトルを適用する場合、「すべて」をクリックします。どの広告にも新しいタイトルを適用しない場合、「キャンセル」をクリックします。
     

4.png
 

  • 同じ手順に従って、クリエイティブセクションのすべての要素(本文やURLなど)を変更できます。

「目標」タブ

ターゲットタブには3つのサブセクションがあります:
 

  1. ユーザー層および場所
     
  2. 行動および趣味・関心
     
  3. その他のユーザー層
     

5.png

ユーザー層および場所

行動および趣味・関心セクションでは、年齢、場所、言語、性別、交際関係、OS、およびプレースメントを含むターゲット設定の条件を編集できます。

広告の配置を変更する場合:
 

  1. 1件または複数の広告を選択し、いずれかの広告の「配置」をクリックします。
     

6.png
 

  1. 別の「プレースメント」をクリックし、「選択項目」をクリックすると以前に選択した広告に変更が適用されます。

7.png
 

行動および趣味・関心

行動および趣味・関心セクションでは、趣味・関心クラスタを変更したり、カスタムオーディエンスを含めたり除外したりできます。

すべての広告の趣味・関心キーワードの変更方法:「趣味・関心(詳細およびカテゴリー)」をクリックし、変更内容を設定し、「すべて」をクリックすると変更がすべての広告に適用されます。
 

8.png

その他のユーザー層

その他のユーザー層セクションでは、広告がターゲット設定しているFacebookの行動を検索および変更できます。
 

9.png
 

変更を適用した後に、一括処理エディタから直接、またはメディアプランダッシュボードから必ず広告を再同期してください。
 

10.png

開始日と終了日の変更

開始日と終了日を変更できます。以下の点に注意してください。

 

  • 「開始日」は統計データを持たないFacebookと非同期の予定されたキャンペーンでのみ変更できます。
     
  • 「終了日」はライフタイム予算が設定されているキャンペーンで指定する必要があります。

     

11.png


 

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")