ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > Tracking IDs & Parameters > Troubleshooting Articles: Tracking IDs & Parameters > キーワードのリンク先URLに含まれる重複するトラッキングパラメータ

キーワードのリンク先URLに含まれる重複するトラッキングパラメータ

問題

重複する追跡の値は、リンク先URLに重複するトラッキングID(一意のID)が含まれていることを知らせる警告です。

このエラーは次の場合に発生する可能性があります。

  1. 自動修正が有効になっている、または警告に設定されている。
  2. 重複するトラッキングID(同じトラッキングIDが別のキーワードまたは広告にも存在する)を含んでいるキーワードまたは広告を編集しようとしている。

「失敗:複数のグループ内で一致」のエラーは、複数のオブジェクトに割り当てられているトラッキングIDにデータが読み込まれると、収益ファイル内で表示される場合があります。 この2つのエラーの本質的な原因は同じで、複数のオブジェクトが同一のトラッキングの値を含んでいることです。

注記

この警告は、2つのオブジェクトがURLに同一のトラッキングIDを含んでおり、どちらのオブジェクトに対してデータの編集や割り当てを行うかをシステムが判断できなくなると発生します。重複するトラッキングが、1つのアクティブまたは一時停止のオブジェクト、およびもう1つのアクティブまたは一時停止のオブジェクト関連付けられている場合、アカウント内でコンバージョンはまったく帰属されません。どちらのアクティブまたは一時停止のオブジェクトにコンバージョンを割り当てるかシステムが判断できなくなるため、収益が帰属されません。

重複するトラッキングが、1つの削除されたオブジェクトおよび1つのアクティブまたは一時停止のオブジェクトに関連付けられている場合、コンバージョンはアクティブまたは一時停止のオブジェクトに帰属されます。 アクティブまたは一時停止のオブジェクトが優先されるため、削除されたオブジェクトがコンバージョンに割り当てられることはありません。 収益が帰属されている場合でも、重複したオブジェクトを編集しようとすると「重複したトラッキングの値」が存在するという警告が表示されます。 これにより編集内容をパブリッシャーに投稿できなくなる場合、問題となる可能性があります。 したがって、アカウント内に重複したトラッキングIDを存在させないこと、またこのエラーが表示されたら重複したトラッキングIDを削除することが推奨されます。

問題の原因

  1. 通常、この警告は、あるオブジェクトのリンク先URLを(トラッキングIDも含めて)別のオブジェクトにコピーした場合、またはクリエイティブを編集し、バルクシートに「クリエイティブID」列を含めなかった場合に発生します。 URLビルダーを使用する際は、設定に従ってトラッキングパラメータが自動的に作成されるように設定することが大切です。
     
  2. また、問題のリンク先URLに同じトラッキングIDが2つ含まれている場合も、この警告が発生します。 通常、この現象はifmobile/ifnotmobileパラメータを使用していて、各URLに同じトラッキングパラメータが含まれる場合に発生します。 その場合は、URLをそそのままにしておくか、または編集してifmobile/ifnotmobileの括弧の外にトラッキングパラメータを1セットのみ設定します。 設定の詳細については、こちらを参照してください。

問題の修正方法

この問題を解決する方法はいくつかあり、URLビルダーの自動修正の設定によって異なります。自動修正の設定の詳細については、このリンクをクリックしてください。

注記:各オブジェクトに対して一意のトラッキングIDが生成されます。 したがって、オブジェクトからトラッキングが削除されると、同じトラッキングIDで再度タグ付けするようになっています。 つまり、重複を修正する際はすべての重複オブジェクトを必ず再同期または更新する必要があります。これにより、1)元のオブジェクトに同じトラッキングIDが割り当てられ、2)2つ目のオブジェクトに新しい一意のトラッキングIDが割り当てられます。

以下に、各オプションで重複するトラッキングIDが処理される方法について説明します。

自動修正がオン

  • 既存のオブジェクトを使用して、リンクウィザード(パブリッシャーアカウント全体を同期する場合)または「グループ」タブ(特定のグループのみを同期する場合)で手動同期を実行します。 手動同期の実行方法については、ヘルプを参照してください。 同期が完了すると、アクティビティーログに「URL自動修正: X Googleキーワード」という項目が表示されます。他に必要な操作はありません。
  • 新しいオブジェクトの作成時に、自動修正によって重複するトラッキングIDが自動的に修正され、この警告は無視できます。
  • 「リンク先URL」列に重複するすべてのトラッキングIDが含まれているレポートをダウンロードしてから、そのレポートは残したまま、重複を修正するために再度アップロードすることもできます。

自動修正が警告のみに設定されている

  • 既存のオブジェクトを使用して、パブリッシャーアカウントの設定ページから手動同期を実行します。同期が完了すると、アクティビティーログに「URL問題(x件中x件のキーワード、x件のURL修正)ファイル(URL修正を含む)」という項目が表示されます。このファイルには、変更されたトラッキングIDが含まれます。このファイルを開き、「アップロードされたリンク先URL」列と「結果」列を削除してから、もう一度アップロードします。
  • 新規作成時に、自動修正によって上記のとおりアクティビティーログに含まれる同様のファイルが自動的に作成されます。このファイルを開き、「アップロードされたリンク先URL」列と「結果」列を削除してから、もう一度アップロードします。
  • 「リンク先URL」列に重複するすべてのトラッキングIDが含まれているレポートをダウンロードしてから、一意のIDを手動で変更します。

自動修正がオフ

  • 自動修正は機能しないため、重複するトラッキングIDは手動で変更する必要があります。変更するには、以下の手順で操作します。
  1. 目的のURLを含むレポートをダウンロードします。
  2. URLを調べて、重複している英数字の値を[uniq_id]という文字列に置き換えます。
  3. URLをプラットフォームにもう一度アップロードします。この操作により、インターフェイスで「一意のID」列が空白の場合は、プラットフォームで新しい数値IDが作成されます。

その他の情報

クリエイティブについて

  • グループ内のすべてのキーワードにリンク先URLが設定されている場合、自動修正はクリエイティブの重複するトラッキングIDを無視します。これは、クリエイティブを編集すると品質スコアに影響するのに、収益は依然としてキーワードレベルに帰属することになるためです。一方、グループ内のすべてのキーワードにURLが設定されていない場合、重複するクリエイティブトラッキングIDは設定に応じて警告されるか、または自動修正されます。
  • 重複を修正する場合は、クリエイティブの自動修正をオンにする必要があります。この設定は、「アドバンスオプション」ドロップダウンのURLビルダーのページで行います。

Facebookクリエイティブの場合

Facebookでのトラッキングがアカウント内の重複したトラッキングIDのために失敗する場合は(クリエイティブレベル)、以下の事項を試してみてください。

  1. 新しいアップロードに注意します。 「クリエイティブ」タブで、フィルターを使って編集または同期エラーステータスのクリエイティブを表示した後、失敗した行を選択し、「再開」ボタン(再生アイコン)をクリックしてそれらを再投稿します。
  2. クリエイティブを作成した後、できるだけFacebook内で直接それらのクリエイティブ(たとえば、ページ投稿リンク広告)を調整しないようにします。 また、編集が終わったらすぐに手動同期を行います。そうすれば、それらの変更がすぐにプラットフォームに反映されます。
  3. すべてのキャンペーンについて、定期的(たとえば、一週間ごと)に手動同期を実行します。 URL自動修正が有効になっている場合は、アカウント内に重複するIDがあると警告が表示されます。

必要に応じて、弊社のサポートサービスチームの担当者がアカウント内の重複するすべてのキーワードとクリエイティブトラッキングIDを含むレポートを作成できます。このレポートの受け取りを希望する場合は、チケットを提出してください。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")