ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > URLs & URL Builder > How To Articles: URLs & URL Builder > クリエイティブレベルのURLを設定する方法

クリエイティブレベルのURLを設定する方法

概要

多くの広告主はキーワードレベルのリンク先URLを使用しています。これは、それぞれに増加するID番号またはランダムのID番号を追加することにより、一意性のあるフールプルーフアプローチを採ることができるためです。

このアプローチでは、異なる広告をテストできますが({creative}パラメータとその対応項目を利用)、URL自体は固定されています(つまり、どの広告も同じリンク先ページに移動する必要があります)。そのため、多くの広告主は、クリエイティブとリンク先ページをテストするときに、クリエイティブレベルのURLを使用します。以下、この種のURLの設定方法について、さらに詳しく説明します。

クリエイティブレベルのURLの設定方法

  1. クリエイティブレベルのURLにはいずれも、{keyword}パラメータ、{creative}パラメータ、および{matchtype}パラメータを含める必要があります。
  2. プラットフォームトラッキングピクセルを使用してコンバージョンを追跡する場合には、以下で説明するように、各パラメータの個々のタブで「トラッキングID」の設定を完了する必要があります。
     
    • URLビルダー設定を調べて、パラメータの名前を見極めます。それには、「管理」をクリックし、「収益」サブタブを選択して、左側のメニューで「URLビルダー」を選択します。
    • たとえば、URLビルダー構造がmkwid=[distribution][uniq_id]&pcrid=[creative_id]&kw=[keyword_text]&mt={matchtype}の場合{keyword}パラメータはkwの後で始まり、&の後で終わります。また、{creative}パラメータはpcridの後で始まり、&の後で終わります。
    • 左側のメニューでリンクをクリックして、「トラッキングID」設定ページに移動します。
    • 「トラッキングID」、「{Keyword}パラメータ」、「{creative}パラメータ」、および「{matchtype}パラメータ」サブタブで、パラメータの名前を入力します。
  3. 以下の項目は、クリエイティブレベルのパラメータに関するガイドラインです。
     
  • {keyword}、{creative}、および{matchtype}のパラメータには大文字と小文字の区別があります。つまり、「トラッキングID」セクションを設定する際には、URLの内容とまったく同じように入力してください。たとえば、Mkwidというパラメータでは、正しく解析が行われません。
  • 値には、大文字と小文字の区別がありません。たとえば、abcdまたはABCDというキーワードIDを持つ収益ファイルをアップロードすると、どちらの場合でもこのキーワードに帰属します。
  • プラットフォームトラッキングピクセルを使用しない場合、「トラッキングID」セクション内のサブタブはいずれも設定する必要がありません。その場合は、メインの「トラッキングID」サブタブだけを設定します。これは、収益ファイルがすでに必要な列(「クリエイティブID」や「キーワード」など)を含んでおり、プラットフォームの帰属性が正しく機能するためです。

クリエイティブレベルのURL用のURL自動作成

URLビルダーの設定をクリエイティブリンク先URLに適用できます。 クリエイティブリンク先URL用のURLビルダーを使用するには、URLビルダーページの「アドバンスト」セクションにあるチェックボックスをオンにします。 このチェックボックスをオンにすると、プラットフォームによってURLビルダーが適用され、クリエイティブを作成および編集するときに、URLの間違いが自動的に修正されます。

その他の情報

  • クリエイティブをテストする目的でキーワードレベルのURLを削除する必要がある場合は、以下の手順で操作します。
     
    1. キーワードレポートを作成します。
    2. URLを再び挿入するときに備えて、このレポートのコピーを保存します。
    3. 「リンク先URL」列を空白にし、それをアップロードします。
  • リダイレクトを使用する場合も、「リンク先URL」を空白にしてアップロードする方法を利用できます。その場合、「クリックスルーURL」は残して、「リンク先URL」は削除します。テスト完了後、「クリックスルーURL」を再度アップロードすると、リンク先URLが再作成されます。
  • 弊社ではコンバージョンを帰属させるためにキーワードテキストを使用する必要があり、一部のキーワードテキストには(弊社では区切り文字として使用している)などの特殊文字が含まれているため、キーワードテキストを正しく読み取れないことがあります。その場合は、キーワードレベルで出所不明のコンバージョンが発生する可能性があります。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")