ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Grids, Tabs & Columns > How To Articles: Grids, Tabs & Columns > 「一意のID」列を理解する

「一意のID」列を理解する

概要

「一意のID」列は「キーワード」タブと「クリエイティブ」タブで表示されます。この列を表示するには、以下の手順で操作します。

  1. ビュービルダーをクリックします。
  2. 左側のメニューで「列」の「アドバンスト」を選択します。
  3. 「一意のID」をオフにします。

vb.png

「一意のID」列の値はどのように入力されるのですか?

この列の値はプラットフォームで作成したキーワードとクリエイティブに対してのみ入力されます。ただし、URLビルダーと「トラッキングID」パーサーを正しく設定しておく必要があります。

プラットフォームでキーワードとクリエイティブを作成すると、パーサー設定で指定した「トラッキングID」がシステムによって検索され、見つかったオブジェクトの「一意のID」列にこの値が入力されます。

「一意のID」列が空白になる理由

  • キーワードやクリエイティブをパブリッシャー側で作成してからプラットフォームに同期すると、「一意のID」列が空白になります。
  • 別の理由として、URLビルダーや「トラッキングID」パーサーの設定が正しくないことが考えられます。
  • BingクリエイティブURLに「{param1}」が含まれていると、そのクリエイティブに対する「一意のID」の値は入力されません。

一意のIDはどのような場合に作成/更新されるか

  1. キーワードURLが最初に作成されたとき(一括アップロード時または同期時)
  2. 重複が見つかり、自動修正が開始されたとき
  3. 「トラッキングID」ページの「キーワードID」セクションが更新された場合

キーワードまたはクリエイティブの一意のIDを手動で入力するには

  1. 「一意のID」の値(「リンク先URL」列と「一意のID」列を含む)がないオブジェクトのレポートを作成します。
  2. レポートを開いて詳細行(1行目から9行目)をすべて削除し、列ヘッダーと値のみにします。
  3. 「リンク先URL」列にある「トラッキングID」を「一意のID」列にコピーします。
    .
    例:リンク先URLが「http://www.example.com?mwkid=abc123de&pcrid={creative}」の場合
    トラッキングIDパーサーの設定では、「mkwid」値が「トラッキングID」とみなされます。
  4. そのオブジェクトの「一意のID」列の下に値として「abc123de」を挿入します。
  5. 項目数が多い場合は、Excelで「一意のID」列で数式を使用して「mkwid」値を挿入すると手間が省けます。

    例:上記のURLから「mkwid」値を抽出する数式:
    リンク先URLがA1セルにある場合:=MID(A1,FIND("&pcrid",A1)-8,8)

    すべてのURLの形式が同じ場合は、この数式を他のすべての項目にドラッグします。そうすると、2行目の数式は次のようになります: =MID(A2,FIND("&pcrid",A2)-8,8) etc.
  6. このレポートをプラットフォームにもう一度アップロードします。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")