ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Grids, Tabs & Columns > How To Articles: Grids, Tabs & Columns > SmartGridの「今すぐURLを構築」の使用に関するガイド

SmartGridの「今すぐURLを構築」の使用に関するガイド

今すぐURLを構築とは?

今すぐURLを構築機能は、一括追加/編集機能を使用せずにSmartGridからURLビルダーを瞬時に起動する機能であり、時間の節約に役立ちます。

マルチ編集で今すぐURLを構築を使う方法

プラットフォームのマルチ編集は、瞬時にURLを構築するのに効果的な方法です。手順は以下のとおりです。

  1. SmartGridへ移動し、選択したキーワードやクリエイティブを含む件名を選択します。
  2. グリッド左のチェックボックスで該当するオブジェクトを選択します。必要に応じて、フィルターや並べ替えオプションを適用できます。
  3. 「編集」ボタン(鉛筆アイコン)をクリックします。
  4. 「リンク先URL」を選択し、ドロップダウンリストから「URLを構築」オプションを選択します。
  5. ラジオボタンで「レビュー用にURLの変更を保留」または「完了時にURLの変更をパブリッシャーに送信」のいずれかを選択します。
  6. URLビルダーは現在の設定を基に、選択したオブジェクトのリンク先URLをすべて再構築します。その時、パブリッシャーやフォルダーの各設定も反映されます。

今すぐURLを構築に関する重要な情報

今すぐURLを構築を使うときは、次の点に注意してください。

リダイレクトしない場合、今すぐURLを構築はどのように動作するか

リダイレクトを使用しない場合、バルクシートのように、今すぐURLを構築では既存のリンク先URLをURLビルダーへ受け渡します。これによりURLビルダーがトリガされ、既存の設定を基に不足しているパラメータを追加します。

リダイレクトする場合、今すぐURLを構築はどのように動作するか

リダイレクトを使用する場合、今すぐURLを構築機能により、既存のクリックスルーURLに不足しているパラメータを追加して再構築し、さらにリダイレクトされたリンク先URL全体を再構築します。メモ:クリックスルーURLに変更がなくても、不足しているリダイレクトパラメータは元のURLに追加されます。

注記:プラットフォーム外で作成されたオブジェクトをインポートする場合、「リンク先URL」列は同期により挿入されます。 リダイレクトを使用する場合、URLビルダーはリダイレクト時のアップデートでよく使われるクリックスルーURLを変更しようとします。 今すぐURLを構築ではこの列が空のため、このような場合でもURLを変更しません。

今すぐURLを構築では、空のURLをどのように扱うか

リンク先URLが空白(リダイレクトの場合はクリックスルーURLが空白)のオブジェクトで今すぐURLを構築を使おうとすると、プラットフォームはそのオブジェクトを完全にスキップします。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")