ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Best Practices > 実行に時間がかかる入札ジョブの実行時間を短縮する方法

実行に時間がかかる入札ジョブの実行時間を短縮する方法

Table of contents

概要

任意の入札サイクルにおいて、さまざまなパブリッシャーに送信できる入札単価の変更の数には制限があります。

これはクライアントアカウント内のキーワードとグループの数によりますが、プラットフォームで実行されている他のバックグラウンドのタスクや、パブリッシャーのAPIによっても変化します。入札ジョブの実行に12時間以上かかっている場合は、原因を調査してください。入札ジョブの実行に12時間以上かかっている場合は、原因を調査してください。弊社では、長期的に容量を増加できるようにこのような状態を積極的に監視していますが、アカウントに影響が出ていると思われる場合は、ヘルプセクションからチケットを提出してください。

入札サイクルには2つの独立した段階があります。(i)入札単価を計算する段階(通常ごく短時間で完了)と(ii)パブリッシャーへこれらの変更を送信する段階(所要時間は他のキューにあるアクション/スケジュールされているアクション、およびパブリッシャーのAPIに依存)で、通常2つ目の段階の方が時間がかかります。

一般に、最適な結果を得るために、Marinクライアントアカウントではキーワードを200万個以下グループを20万個以下に抑えることを推奨しています。

推奨される解決策

入札ジョブの実行に時間がかかり、アカウントに影響が出ている場合は、次の解決策をお勧めします(記載順に推奨)。

  1. 調査費用フォルダー:大多数のグループ(たとえば、クリック数が常に0のグループ、またはクリック数が常に10未満のグループ)を、送信が「オフ」に設定されている「調査費用」フォルダー(つまり有効ではないフォルダー)に入れます。予算の都合がつくようになったら、これらのグループの一部を、有効なフォルダーに追加します。パフォーマンスが比較的高いグループは入札フォルダーに残し、パフォーマンスの低いグループを「調査費用」フォルダーに戻します。この作業を、予算が使えるようになるたびに繰り返します。
  2. ブーストとターゲットの変更をずらす:目標CPL/利益率/ROI/ROASとブーストの設定を変更すると、フォルダー内のすべてのグループとキーワードに対する計算された入札単価が変化します。これらのフォルダーごとの変更を1週間にわたってずらして行うことで、入札単価の変化の数を数日間に分散し、毎日の影響を抑えることができます。
  3. フォルダーの最低入札単価の変化を有効にする/増加する:新しい入札単価の送信を、現在の入札単価と大幅に異なる場合のみに制限することができます。これによって、1日にパブリッシャーに送信される入札単価の変更数が大幅に減る場合があります。$0.02または$0.05から始めて、必要に応じて増やすようにします。
  4. 入札オーバーライド:大多数のキーワード(たとえば、クリック数が常に5未満のキーワード)で入札オーバーライドを使用します。これらのキーワードが有効なフォルダーにある場合は、入札単価は引き続き計算されますが、変更はパブリッシャーへは投稿されません。



     
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")