ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Best Practices > Channel Connectでの入札のベストプラクティス

Channel Connectでの入札のベストプラクティス

概要

この記事では、Channel Connect機能を使用する際の、弊社が推奨する入札アプローチについて説明します。

Channel Connectのフォルダー構造

Channel Connectでフォルダーを構造化するアプローチは他のチャンネルの場合と同じです。以下のガイドを参照してください。

チャンネル間でデータが共有されることはありませんが、管理を簡潔にしようとしてChannel Connectと検索を1つのフォルダー内に入れることはお勧めできません。これは、検索に適用される規則が必ずしもChannel Connectに適用されるとは限らないためです。また、異なるチャンネル(検索とディスプレイなど)のChannel Connect広告グループをそれぞれ別のフォルダーに分けることをお勧めします。これは、チャンネルが異なれば、パフォーマンスも異なるためです。詳細については、後述の「Channel Connectでの入札に関する制限事項」を参照してください。

Channel Connectのフォルダー設定

Channel Connectを使用する際には以下のフォルダー設定を利用できます。

  • 入札単価の計算:Channel ConnectにはAPIがないため、実際に入札単価がパブリッシャーに送信されることはありません。したがってプレビューモードとトラフィックモードは同じです。パブリッシャー側でプラットフォームの入札単価計算をよく利用する場合は、「トラフィック」に設定することをお勧めします。
  • 収益モデル:他のチャンネルの場合と同じように設定します。
  • 最適化の条件:他のチャンネルの場合と同じように設定します。
  • ブースト:Channel Connectに関しては、ヘッドルームを考慮した一般的なブーストの推奨値はありません。チャンネルまたはパブリッシャーごとに異なります。たとえば、一部のオークションモデルはCPCベースであり、ヘッドルームの概念がありません。したがって、ブーストは0%に設定します。
  • パブリッシャーとマッチタイプごとに指定:これは冗長的な設定であるため、使用しません。 Channel Connectでは、すべてのエンティティが暗黙的に部分一致です。Channel Connectでは、すべてのエンティティが暗黙的に部分一致です。
  • 入札単価のキャップ:他のチャンネルの場合と同じように設定します。
  • 上限入札単価の変化:検索入札単価が使用可能で正確な場合は、他のチャンネルの場合と同じ要領で設定します。これには「最高CPC」列のあるコストファイルが必要です。この列が提供されない場合は、この設定を使用できません。
  • 下限入札単価の変化:他のチャンネルの場合と同じように設定します。デフォルトで空白になっています。
  • 位置キャップ:掲載順位が使用可能な場合は、他のチャンネルの場合と同じ要領で設定します。これには「平均掲載順位」列のあるコストファイルが必要です。この列が提供されない場合は、この設定を使用できません。
  • 常に最初のページの入札価格以上を維持/下限入札単価:これは冗長的な設定であるため、使用しません。Channel Connectの「下限入札単価」フィールドは故意に空白のままにします。
  • 入札下限値:他のチャンネルの場合と同じように設定します。デフォルトで空白になっています。

Channel Connectでの入札に関する制限事項

プラットフォーム内のほとんどの機能は共通であり、Channel Connectでも同じように機能しますが、既知の制限および検討事項がいくつかあります。

  • フォルダー入札単価プレビューおよび費用の内訳の円グラフは、Channel Connectに対しては使用できません。これらは今後のリリースの機能強化として追加される可能性があります。

  • ポートフォリオの最適化(クリックと利益の最大化および費用ターゲットを含む)は、掲載順位モデルに依存するため、Channel Connectに対しては使用できません。掲載順位は必須のデータフィールドではありません。なぜなら、Channel Connectにはこのような概念がないことが多いためです。

  • 掲載順位入札(掲載順位のオーバーライドを含む)は、コストファイルに「平均順位」列があると仮定して、Channel Connectで使用できます。

  • 掲載順位が使用できない場合は、「位置キャップ」設定を使用しないでください。

  • 検索入札単価が設定されていない、または使用できない場合は、「上限入札単価の変化」設定(通称「入札単価ダンピング」)を使用しないでください。

  • Channel Connectパブリッシャーで入札単価が更新されたときに「検索入札単価」が更新されるように設定されていない場合は、プラットフォーム内の検索入札単価が同期されず、実際のパブリッシャー入札単価との食い違いが生じます。そのため、入札単価ダンピングは推奨されません。

  • 掲載順位、検索入札単価、その他のディメンションなどのエンティティ設定は、コストアップロードの中でそのエンティティに少なくとも1つのクリックがある場合にのみ更新されます。注記:平均掲載順位には1つのインプレッション、平均CPCには1つのクリックが必要ですが、設定としての検索入札単価はクリックがなくてもアップロードできます。

  • キーワードおよびグループエンティティは標準構造のアップロードでは作成できないため、コストアップロードを通じて作成する必要があります。詳細はそれぞれの統合に依存するため、クライアントごとに異なることがあります。



     

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")