ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Bidding Basics > ブーストを使う

ブーストを使う

概要

ブースト機能を使用すると、計算された入札単価を指定のパーセントだけ増加できます。たとえば、フォルダー設定に基づく計算入札単価が¥100で、ブーストが20%の場合、最終入札単価は¥120に上がります。パーセントブーストとして負の値を入力すると、この機能を使用して最終入札単価を下げることも可能です。

ブーストの利点

ブーストは以下の理由で使用されます。

  • フォルダーのボリュームを一時的に増加(または減少)するため。実際のターゲットを超過します。

  • ヘッドルームを考慮してアカウントに適用するため。ヘッドルームとは、入札のクリック単価と実際のクリック単価との差のことです。ブースト(フォルダー内のすべてのキーワードに対する入札単価の増加率)を調整するときは、ヘッドルームを考慮することが大切です。「ヘッドルーム%」列と「ブースト」列をアプリケーション内の「フォルダー」ビューに追加します。過去2週間のデータを選択します。「ブースト」の値を「ヘッドルーム%」の値に対して調節します。この操作は「設定」タブで行うか、「フォルダー」ビューで編集します。ヘッドルームが最も効率的になるように、プラットフォームの自動ヘッドルーム調整機能を有効にするには、アカウントマネージャーにご相談ください。 これにより、該当するアカウントのすべてのフォルダーに対しての処理が自動化されます。

  • 上限掲載順位にないキーワードをより多く使用するため。多数のキーワードが上限掲載順位にあり、入札単価を上げることができないために、フォルダーがターゲットに達していないときは、この機能が役立ちます。ブーストの大きさは、現在制限されているキーワードの数を把握することで決定されます。たとえば、フォルダーのCPLターゲットが$50で、40%のキーワードが制限下にあり、コンバージョンあたり$30の費用がかかる場合、フォルダーのCPLの平均値が$50になるための平均は$63.33($63.33 =($50 – 40% x 30)/60%)と計算されます。ここから、ブーストは $63.33/$50、すなわち27%となることがわかります。
  • 市場の状況に入札単価がより迅速に対応できるようにするため。入札は履歴データに基づくため、現在のコンバージョン率やコンバージョンあたりの値が過去のパフォーマンスと大きく異なり、新しいデータが取り込まれるまで入札が歪んだものになる可能性があります。リンク先ページが変更され、コンバージョン率が大幅に上昇したような場合がこれに該当します。

重要

  • Marin Enterpriseエディションでは、ブーストはパブリッシャーもしくはマッチタイプ別に指定することもできます(Marin Professionalでは使用できません)。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")