ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Bidding Basics > 入札収益モデルとは

入札収益モデルとは

概要

このアプリケーションでは、検索マーケティング担当者用に、コストパーリード、パフォーマンスマーケティング、およびEコマースという複数の収益モデルがサポートされています。これらはコンバージョンタイプ別に指定します。

コストパーリード

特定のコストパーリード(CPL)でリードやコンバージョンを生成することを希望する、リードジェネレーションの検索マーケティング担当者のためにデザインされました。ターゲットのコストパーリード(CPL)が設定されます。これは、コンバージョン/セール/サインアップに対して検索マーケティング担当者が支払い可能な金額です。上限CPLは検索マーケティング担当者が支払い可能なコンバージョンあたりの最高額です。これは計算された入札単価がパブリッシャーのレポートの最初のページの入札単価より低いときに適用されます。上限CPLを目標CPLより大きな値に設定することで、最初のページの下限入札単価より入札単価が低いキーワードのトラフィックを維持できるようになります。

例:検索マーケティング担当者が、コンバージョンあたり$10でコンバージョンを最大化したいとします。「コストパーリード」をクリックし、制約の下で$10を入力します。入札アルゴリズムが、コンバージョンあたり$10を支払って収益を最大化するように入札単価を設定します。

パフォーマンスマーケティング

コンバージョンあたりの値、およびその値のパーセントとして利益率目標を設定するパフォーマンスマーケティング担当者によって使用されます。コンバージョンあたりの固定値を入力するか、または実際のコンバージョン値が異なる場合は、その値が含まれます。ターゲット利益率はコンバージョン値のパーセントとして設定されます。最低利益率%は許容される最低粗利です。これは計算された入札単価がパブリッシャーのレポートの最初のページの入札単価より低いときに適用されます。最低利益%を目標利益%より小さな値に設定することで、最初のページの下限入札単価より入札単価が低いキーワードのトラフィックを維持できるようになります。また、目標利益%と最低利益%を検索費用のパーセンテージまたは比率として指定することもできます。これはROI(投資収益率)またはROAS(広告費用の収益率)とも呼ばれています。

例:パフォーマンスマーケティング担当者が住宅金融会社に対するリードを生成します。場所、プロパティタイプ、およびクレジットに応じて、リードは$20〜$150です。目標は、コンバージョン値の30%の利益率を維持しながら、リードのボリュームを最大化することです。この場合、コンバージョン値は「自動」に設定され、入札に使用するリード値は、収益トラッキングで提供されるコンバージョンあたりの実際の値に基づきます。キーワードに対して、コンバージョンあたりの値の平均が$40、目標利益率が30%とすると、コンバージョン値は次のようになります。

$40 x (100-30)% = $28

Eコマース

収益に対応する売上原価(COGS)モデルを使用する小売店のためにデザインされました。検索マーケティング担当者が、推定売上総利益を収益のパーセントとして入力します。粗利 =(収益-COGS)/収益です。目標利益が粗利のパーセントとして、または検索費用のパーセントとして入力されます。

例:Eコマースを使用する小売店が約60%の粗利でジャケットを販売するとします。小売店は$200で販売するジャケットに$80の費用をかけ、粗利は$120です。小売店が粗利の30%の売上純利益をターゲットにすると、入札はコンバージョンあたり$84の費用となるように設定されます($120 *(1-30%)= $84)。この場合、売上純利益は$120 - $84 = $36で、粗利は$120の30%です。

コンバージョンタイプ別に指定する

複数のコンバージュンタイプがある場合、キーワードごとのコンバージョンのタイプを使用すれば入札を改善できます。コンバージョンタイプあたりの値を指定すると、入札は、混合平均値ではなく、各キーワードが生成する実際の値に基づきます。

例:この例に示す架空の旅行会社の場合、飛行機の1件の予約あたり$50、ホテル予約の総収益の5%、車の1件の予約あたり$10を受け取ることを前提としています。

計算される入札単価は、各キーワードのコンバージョンあたりの値の合計と、ユーザーによって指定される目標利益%に基づきます。後者はこの例では10%です。入札アルゴリズムが、キーワードに対して利益率が10%になるように入札単価を計算します。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")