ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Bidding Basics > 販売中に入札を管理する方法

販売中に入札を管理する方法

概要

販売期間中は、「コンバージョン率」または「クリックあたりの収益」の上昇予想に関するフォルダーブーストを毎日更新することをお勧めします。販売期間が複数日にまたがる場合や、コンバージョン率が大幅に上昇することが予想される場合に最適です。

販売期間の費用率を管理する

フォルダーを使用した販売で費用率を管理する方法としては、フォルダーターゲットの変更とブーストの使用の2通りがあります。推奨されるのはブーストの使用です(下記の「販売ブーストの計算方法」を参照してください)。

  • 販売前:
    • 過去のデータから「クリックあたりの収益」または「コンバージョン率」の上昇率をパーセント単位で特定します。
  • 販売当日:
    • 上で計算した上昇率を販売日のブーストとして適用します。  フォルダーターゲットを変更すれば同等の効果が得られますが、ほとんどのクライアントは販売期間中、以前のフォルダーターゲットを維持し、ブーストを使用することを選択します。
    • 入札単価の変化に関する制限をすべて解除します。入札単価の変化に関する制限を保持すると、入札単価は上限額までしか上げることができません。そのため、キーワード数が限定される可能性があります。入札単価の変化の制限についてはこちらを参照してください。
    • キャンペーンの予算がパブリッシャーで適切に設定されていて、制限が多すぎないことを確認します。
    • 販売期間中に、以前に除外された他の販売期間を「除外日」セクションから削除します。「除外日」の詳細についてはこちらを参照してください。
    • Marinの入札は毎日午後5時に自動的に実行されます。販売イベントについては、販売の数時間前に入札を再実行することをお勧めします。通常の午後5時以外の時間に入札を実行する場合は、Marinチケットシステムを通じて依頼を提出してください。
    • 販売が開始されたら、パブリッシャーアカウントの費用率を1時間ごとに確認します。現在の販売での費用の傾向を以前の販売と比較し、入札設定に投入されている費用の過不足がないことを確認します。
    • 入札単価のキャップに達している語句の数を調べます。これを簡単に確認できるようにするには、「入札カテゴリー」列を追加します。入札単価のキャップに達しているキーワードは「At Bid Cap(入札単価のキャップ)」と表示されます。
  • 販売後:
    • 前の販売期間と最新の販売期間を「除外日」に追加します。
    • 販売前設定に対して入札単価の変化の制限を設定します。
    • ブーストを過去のレベルに戻します。
    • 最後に、通常の午後5時以外の時間に入札を実行するよう依頼し、入札単価を過去の設定に変更します。

販売期間中に考慮すべき重要事項

  • 費用ターゲットを達成するには、ブーストが適切であり、入札単価の制限が緩和されていることが必要です。
  • 販売の準備にあたっては、予測機能を使用して、ブースト設定を小さく変化(20%未満)させることにより日ごとの費用の変化を推定します。費用ターゲットがこれを超える場合は、予測モデルの使用が制限されますので、過去のデータを確認して、上昇量を適切に推定するようにしてください。


Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")