ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Bidding Basics > Criteoでの入札について

Criteoでの入札について

概要

Marinは実績のある入札アルゴリズムを使用して、Criteo式リターゲティングキャンペーンでの自動入札をサポートしています。入札はフォルダーレベルで広告主が定義した目標(コストパーリード、利益率、広告費用の収益率(ROAS)など)に基づいて行うことができます。Criteoグループ/キャンペーンは他のパブリッシャーと同じフォルダーに含めることができますが、他のパブリッシャーのパフォーマンスはCriteoグループ用に計算された入札単価に影響しません。Criteoと同じフォルダー内の他のパブリッシャーがデータを共有することはありません。Criteoの入札単価はグループレベルでのみ計算されます。キャンペーンレベルの入札単価は変更せずに維持されます。入札単価オーバーライドはCriteoグループでサポートされており、特定のグループを自動入札から除外できます。

詳細については、「入札単価オーバーライド」を参照してください。

注記:Criteoは1日あたりの入札単価の変化を5〜10%に抑えることを推奨しています(つまり、フォルダー設定の最高入札単価の変化%値を使用を10%に設定します)。

  • コンバージョン/収益データでの遅延に対しては、「継続的な除外日(直近を除外)」を指定します。 「継続的な除外日」はフォルダーレベルの設定です。

入札で帰属性を使用する

Marinの帰属性設定を利用すると、クライアントは最適化の戦略(最後のクリック、最後の3クリック、均等に配分、またはU字型)に適合するアトリビューションモデルを選択できます。Marinは選択されたアトリビューションモデルに基づいて、Criteoのクリックにおけるコンバージョンおよび収益を計算します。その後Marinの自動入札アルゴリズムは、帰属性が特定された後のコンバージョンおよび収益データに基づいてCriteoのグループ入札単価を最適化できます。

以下にサンプルクライアントのチャンネル間データを示します。

criteo_path_to_conversion.png

 

この例では、多数のコンバージョンがGoogleの検索広告とCriteoから発生していることがわかります。このインタラクションを占めるアトリビューションモデル(最後の3クリックまたは均等に配分などの帰属性)を検討することはクライアントにとって最大の関心であり、それに応じてCriteoグループおよびGoogleキーワードの入札単価を最適化します。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")