ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Bidding Basics > 調査費用段階

調査費用段階

調査費用段階とは

調査費用段階とは、キーワードの統計的に有意な入札単価の推奨値を計算するために、大量のフォルダーデータを「借りる」期間のことです。多くの場合、新しいキーワードのパフォーマンスは望ましい基準(目標利益など)に達しません。そのため、弊社の入札ソリューションはパフォーマンスが目標に達しそうなキーワードとおそらく達しないキーワードを漸進的に判断します。

調査費用のしくみ

個々のキーワードの入札単価を計算するために借りるフォルダーデータの量は、各キーワードが保持する履歴データの量によって決まります。たとえば、現在までのクリック数が10回しかないキーワードは、そのキーワード独自のデータより多くのフォルダーデータを使用することになります。フォルダーのパフォーマンスが目標に達していると仮定すると、そのフォルダーから利用するパフォーマンスデータは、多くの場合、キーワード独自のデータよりパフォーマンスが高いことが予想されます(結果として、キーワードの入札単価が高くなり、クリック数が増えて、翌日の次の入札単価の最適化で通知されます)。

注意点

調査費用のために、最初のうちは履歴データが少ないグループの費用が一時的に増加することがあり、利益性が悪くなる可能性があります。ただし、入札単価の最適化を毎日実行し、適切な量のフォルダーデータを利用することで、さらに多くのキーワードレベルのクリックデータを非常に効率的な方法で取得できます。結果として、通常は調査費用段階が終了すると、全体的な利益性は良くなり、初期の利益性への影響は報われます。

調査費用による初期の影響を軽減するには、履歴データが少ない(つまり、クリック数が10未満かつコンバージョン数が常に0)グループを独自のフォルダーにマッピングし、このフォルダーは「オフ」のままにして、これらのグループを予算が許す限り「有効な」フォルダーに移動させることを検討します。
 

explorspend.png

 

 

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")