ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

Bidding

Home > ja-jp > Bidding > Bidding Basics > 掲載順位に基づく入札

掲載順位に基づく入札

概要

掲載順位に基づく入札は検索キーワードに対して設計されています。この入札では掲載順位が目標の平均掲載順位または掲載順位の範囲に到達するように入札単価が計算されます。ターゲットはフォルダーレベル、または入札単価オーバーライドを使用するキーワードレベルのいずれかで設定できます。

掲載順位に基づく入札に適した状況

  • ブランドキーワードまたは商標キーワードをページの最上部に維持するため(推奨)
  • ドメインAの広告を掲載するためのキーワードをドメインBの広告を掲載するためのキーワードより上位または下位に維持するため
  • コンバージョンを追跡できないとき、掲載順位に基づいて最適化するとビジネス目標に合うことが予想される場合

掲載順位に基づく入札をフォルダーレベルで設定する方法

  1. 目的のフォルダーをクリックして「設定」タブを開きます。
     
  2. 「最適化の条件」で、左側にある「掲載順位の目標」を選択します。
     
  3. 希望に合わせて最低および最高の掲載順位を設定します。
     
  4. 「保存」をクリックします。
     

注記:入札単価オーバーライド(オン、または特定の掲載順位への入札)を使用するキーワードはフォルダーの掲載順位ターゲットに従いません。 キーワードレベルの掲載順位オーバーライドをフォルダーレベルの掲載順位ターゲットに移行する場合は、入札単価オーバーライドをすべて削除してください。

しくみ

  • 「掲載順位のターゲット」は小数点以下1桁まで入力できます(1.5または1.5-2.5など)。
  • 範囲の最大値は最小値以上でなければなりません。
  • 設定できる掲載順位範囲ターゲットは1.0~10.0です。
  • 掲載順位に基づく入札は検索用語とユニバーサルチャンネル用語にのみ適用できます。コンテンツ/ディスプレイ/商品ターゲットには使用できません。
  • キーワード入札単価は、ターゲット掲載順位の範囲内に収まるように増加または減少します。
  • 入札単価は、最後の既知の掲載順位がターゲット掲載順位の範囲外だったキーワードに対してのみ変更されます(ただし、入札単価のキャップなど、フォルダー設定による制限を超えることはありません)。
  • 過去7日間にインプレッションが0件のキーワードに対する入札単価は調整されません(古い掲載順位データを基にして入札単価を変更しないため)。
  • 入札単価はキーワードレベルで作成された予測掲載順位モデルに基づいて変更されます。予測モデルの作成に必要な十分なデータがない場合、キーワードの入札単価は10%ずつ増加するか、または市場の単位の3倍(米国の場合は$0.03)ずつ減少します。
  • フォルダーの設定ページにある規則は(ブーストを含む)、位置キャップを除いてすべて監視されます。

ベストプラクティス

  1. トップの掲載順位をターゲットとするキーワードやフォルダーについては、1.0~1.3または1.0~1.4の範囲を設定することをお勧めします。 この設定ではキーワードが大多数のオークションで確実にトップの掲載順位になります*。

  2. キーワードレベルの掲載順位入札機能はフォルダーレベルと同じアルゴリズムで実行されるため、これらのキーワード(位置キャップを除く)にはすべてのフォルダー規則が適用されます。 最高入札単価の変化%に対する「制限が多すぎる」または「制限が少なすぎる」などの規則は、それぞれパフォーマンスや費用に大きな影響を与えることがあります。

  3. フォルダーレベルで掲載順位のターゲットを設定しているフォルダー、または掲載順位に基づいて入札するキーワードを含むフォルダーについては、ブーストを0に設定することをお勧めします。 ブーストは掲載順位の設定より優先して適用されるため、キーワードの目的の掲載順位範囲より上位に入札されることがあります。

  4. ページの下の方では掲載順位のターゲット範囲を狭く設定しないことをお勧めします。 下位の掲載順位では、入札単価がわずかに変化するだけで掲載順位が大きく変化する可能性が高くなり、入札単価が常に上下することがあります。 上位の掲載順位では、通常掲載順位を上げるのに入札単価を大幅に上げなければならないため、狭い範囲を使用することができます(ただし、ブランド用語は例外となる場合があります)。 要約すると、3.0より下位の掲載順位には少なくとも1.0の掲載順位範囲を、2.0より上位の掲載順位には0.2以上の範囲が推奨されます。

  5. 掲載順位入札で部分一致キーワードを使用する場合は注意が必要です。 部分一致の用語によっては、ブランドに関係ない検索にヒットすることがあるため、非効率なトラフィックの増加につながります。 部分一致の用語で現在の掲載順位より上位をターゲットにする場合は、掲載順位のターゲットを徐々に上げながら費用を監視することをお勧めします。 また、除外キーワードを追加したり、絞り込み部分一致を使用して、非効率な費用の増加を防止することをお勧めします。

*平均日間掲載順位が1.2であるということは、1日のインプレッションの少なくとも80%が掲載順位1であることを意味します。このため、掲載順位のターゲットを1.0~1.4に指定しても表示機会には大きな影響はありません。

FAQ

掲載順位が目標より高いときに入札単価が上がるのはなぜですか?

通常、この問題はプラットフォームのブースト機能と掲載順位に基づいた入札を併用しているときに発生します。 詳細はこちら

 

 

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")