ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

キャンペーン管理

Home > ja-jp > Managing Campaigns > Dimensions > How To Articles: Dimensions > ディメンションを使用したパフォーマンスの追跡

ディメンションを使用したパフォーマンスの追跡

Table of contents
No headers

概要

キャンペーンのパフォーマンスを追跡する新しい方法をお探しですか。プラットフォームのディメンション機能を使用すれば可能です。

この記事では、ディメンションを使用して、アカウントおよびアカウントに含まれるキャンペーンに対する様々な変更の影響を測定する場合に有効な戦略について説明します。 

ディメンションを使用したことがない場合は、この記事を読み進める前に、サポートセンターの包括的な概要記事を必ずお読みください。この機能はMarin入札を使用するクライアント向けに設計されていることにもご注意ください。

ディメンション追跡とは

ディメンションを作成すれば、プラットフォーム内の次のような様々なメトリックに対するパフォーマンスの増加を追跡しやすくなります。

  • 入札単価の変化
  • キーワード展開
  • 除外キーワード展開
  • クリエイティブテスト
  • 予算の変化

ディメンションを使用すれば、何の変更も加えられなかった一連のキーワードのセット(「コントロール」セットとして使用)のパフォーマンスを追跡することもできます。

向上を測定する前に、個別の目標に応じて注目するべきメトリックを決定することが重要です。より少ない広告費用でより多くの収益を得たいと思うのはあたりまえです。とはいえ、向上を測定する場合、最も重要なメトリックはどれかを考える必要があります。

特定の目標(および注意すべきメトリック)の例:

  • コストを一定に保ちながらコンバージョン数を最大にする
  • コストを減らしながら一定の収益を確保する

ディメンションとタググループを作成する方法

自動入札による向上を測定するには、ディメンションの新規作成とグループのタグ付けが必要になります。

  1. 「管理」>「ディメンション」>「作成+」に移動し、新しいディメンションを「自動入札_結果」という名前で作成します。
  2. 入札単価が送信された初日に、「入札_フェーズ1_mmmdd_yyyy」という送信済みフォルダー内のすべてのグループにディメンションタグを追加します。 
  3. 送信済みフォルダー内をクリックし、すべてのページのすべてのグループを選択して、「編集」をクリックします。その後、「自動入札_結果」ディメンションを選択し、「入札_フェーズ1_mmmdd_yyyy」と入力します。

アクティブに送信されるすべてのフォルダーに対して上記のプロセスを繰り返すことができます。 

注記:自動入札を使用していない一連のグループ(「コントロール」と呼ばれる)とパフォーマンスを比較できるように、また設定を調整しなければならない可能性がある新しい機能のコストを最小化するために、「フェーズ」にまとめてフォルダーを送信します。

コントロールフォルダーを設定する

向上を正しく計測するには、自動入札コントロールフォルダーを設定する必要があります。これを行うには、以下の手順で操作します。

  1. 残りのグループに「コントロール」というディメンションタグを追加します。これらは、自動入札を実装したグループと同様のものです。
  2. 非送信済みフォルダー内をクリックし、(すべて選択のチェックボックスを使用して)すべてのページのすべてのグループを選択します。
  3. 「編集」をクリックして、「自動入札_結果」ディメンションを選択し、「コントロール」と入力します。

送信済みフォルダーと同様のグループ(例:検索グループ)を含む非送信済みフォルダーについて、上記の操作を繰り返します。

注記:最初のフェーズで送信されなかったフォルダーは、それらのフォルダーのキーワードからのパフォーマンスが送信済みフォルダーのキーワードと同じ季節的な変化があると期待される場合に、比較用の有効な「コントロール」として機能します。

比較条件をなるべく同等にするため、商標以外の検索vs.その他の商標以外の検索、コンテンツvs.コンテンツなどに限定して比較することをお勧めします。

継続的作業

新しい送信済みフォルダーを追加する際に、次の手順を実行すれば、引き続きディメンションを使用して向上を追跡できます。

  1. 追加のフォルダーが送信されたすべての日に、送信済みフォルダー内のすべてのグループにディメンションタグを追加します。タグ付けには適切なディメンションタグ(例、「入札_フェーズ2_mmmdd_yyyy」)を使用します。
  2. 送信済みフォルダー内をクリックし、すべてのページのすべてのグループを選択して、「編集」をクリックします。その後、「自動入札_結果」ディメンションを選択し、「入札_フェーズ2_mmmdd_yyyy」と入力します。
  3. すべての送信済みフォルダーに対し、上記の操作を繰り返します。

注記:特にユーザーが後でフォルダーにグループを再マッピングする(フォルダービューが増加の測定に不適切になる)場合は、増加を測定できるように上記の手順を適用することが大切です。ディメンションタグは、グループがどこにマッピングされるかに関係なく、同じに保たれます。

パフォーマンスのモニタリング

上記の設定を完了したら、パフォーマンスを継続的にモニタリングする必要があります。方法は以下のとおりです。

  1. フォルダーを送信した次の日から、メトリックの観察を開始します(計算後の入札単価を使用した最初の24時間)。かなりの待ち時間(検索広告クリックからコンバージョンまでの間の日数)がない限り、フォルダーを有効にした後の約1~2週間を測定します(ほとんどのパフォーマンスの変化はこの最初の期間に起こります)。

    この期間をテスト期間といいます。かなりの待ち時間(例、平均でクリックからコンバージョンまで10日)がある場合は、テスト期間を調整します。
  2. 変化と前の週(月ごとに季節性がある場合は前の月)を比較することが推奨されています。この期間をベースライン期間といい、一般にはテスト期間の日数と同じです。
  3. ベースラインまたはテスト期間に稀なイベントがあった場合(例、データ問題、テストまたはコントロール広告グループにのみ影響したプロモーションなど)は、これらの日数(およびテストまたはコントロールから対応する曜日)が取り除かれます。

補注

  • 上記に概説したプロセスには特に注意が必要な場合があります。設定に関して少しでも不安がある場合は、プラットフォームの担当者にお問い合せください。 
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")