ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

キャンペーン管理

Home > ja-jp > Managing Campaigns > Keywords, Creatives and Campaigns > How To Articles: Keywords, Creatives and Campaigns > 削除済みオブジェクトの変更方法

削除済みオブジェクトの変更方法

概要

プラットフォームから特定のオブジェクトに変更を加える、または再びアクティブにしようとすると、以下のエラー(または類似するエラー)が発生することがあります。

キーワード、クリエイティブ、グループ、キャンペーンはすでに削除されており、変更することはできません。

 

このエラーは、プラットフォームまたはパブリッシャーですでに削除したオブジェクトを編集または作成しようとすると発生します。

復活可能なオブジェクト

プラットフォームおよびAdWordsのインターフェイスでは、次のオブジェクトをいったん削除して復活させることができます。

オブジェクト

弊社のプラットフォーム

AdWords

キーワード

X。ただし、キーワードの大文字使用を変更することはできます。

 

○データのあるキーワードは「削除済み」として表示され、再びアクティブにすることができます。

データがなく、削除されたキーワードは表示されません。ただし、重複エラーを招くことなく、これらのキーワードを追加し直すことができます。

クリエイティブ

X

X

グループ

キャンペーン

AdWords内で「削除済み」のキーワードを再び有効にするか、または追加し直したら、プラットフォームでこのキャンペーンを手動同期します。すると、プラットフォーム内の「削除済み」キーワードが(AdWordsでのステータスに応じて)「アクティブ」または「一時停止」に更新されます。

>注記:キーワードレベルにデータを帰属させるために、キーワードやマッチタイプのパラメータを使うクリエイティブレベルのみのトラッキングを使用している場合、帰属性の問題が発生することがあります。

Bingでの復活

Bingでは削除したオブジェクトを復活させることはできません。ただし、同じ名前の新しいキーワード、クリエイティブ、グループ、キャンペーンをBing Adsで再作成することは可能です。

その他の情報

  • AdWordsで広告を編集すると、Googleでは新しい広告とみなされます。そのため、その広告はプラットフォームでも削除され、新しい広告が作成されます。この場合、潜在的な収益およびコストデータはキーワードまたはグループに帰属するようになります。
  • 削除したオブジェクトは引き続き潜在的なコンバージョンデータの帰属先になり得ますが、コストデータには帰属しなくなります。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")