ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

キャンペーン管理

Home > ja-jp > Managing Campaigns > Keywords, Creatives and Campaigns > How To Articles: Keywords, Creatives and Campaigns > 広告のスケジュールの使い方(日別)

広告のスケジュールの使い方(日別)

概要

GoogleやBingには、キーワードの入札単価を曜日または時刻ごとに調整する機能があります。

こうした調整率はキーワードの入札単価のパーセントとして入力され、時間または曜日ごとに変化するコンバージョン率に対して最適化するために使用されます。この機能により、広告主はコンバージョン率が高い期間のボリュームを増やし、低い期間はコストを削減することができます。たとえば、月曜日から金曜日までのコンバージョン率が10%で、土曜日と日曜日のコンバージョン率が15%であることがわかっている場合、土曜日と日曜日の入札単価は50%上げるのが得策です。

広告のスケジュールの提案機能は、コンバージョン率が平均より高い/低い曜日を判別し、パブリッシャーの「広告のスケジュール」設定で入札単価を上げる/下げる提案を行います。

>注記:Yahoo! Japanでは広告スケジュール機能のマルチ編集機能を利用できません。

広告のスケジュール

アプリケーションでは、GoogleおよびBingのみのアカウントレベルで操作される広告のスケジュールにアクセスできます。

>注記:次の内容は、アプリケーションで設定する場合とパブリッシャーアカウントのUIで直接設定する場合のどちらにも当てはまります。 たとえば、ランチスペシャルの広告を毎日午前11時から午後1時まで掲載するように、タイムゾーンがロサンゼルス/太平洋標準時のパブリッシャーアカウントで設定した場合は、以下のようになります。

  • Google:アプリケーションのタイムゾーンではなく、パブリッシャーアカウントのタイムゾーンが使用される
    上記の例の場合、検索するユーザーのタイムゾーンに関係なく、この広告が表示されるのは太平洋標準時の午前11時から午後1時のみです(広告のターゲットをニューヨークにしている場合は、ニューヨークにいるユーザーに午後2時から午後4時までこの広告が表示されます)。
  • Bing:パブリッシャーアカウントまたはアプリケーションのどちらのタイムゾーンでもなく、ユーザーのIPアドレスの場所のタイムゾーンが使用される

    上記の例の場合、この広告は検索するユーザーの場所に基づいて午前11時から午後1時まで表示されます。つまり、この広告が掲載されるのは、ニューヨークにいるユーザーに対してはニューヨーク時間の午前11時から午後1時まで、ロサンゼルスにいるユーザーに対してはロサンゼルス時間の午前11時から午後1時までです。

パブリッシャーの設定については、Googleキャンペーンの入札単価の乗数は元の入札単価の10%〜1000%の範囲で5%単位で調節できます。  

Bingグループ入札単価は現在の入札単価の10%〜1000%の範囲で10%単位で調節できます。または、一時停止(入札単価の0%と同等)に設定できます。

単一編集

単一のキャンペーン/グループに対する広告のスケジュールを編集するには、キャンペーン/グループの設定ページに移動し、「広告のスケジュール」ボタンをクリックします。このボタンはBingグループの設定ページにも表示されます。Googleの広告スケジュール画面では、曜日または時刻ごとに調節を行うことができます。

以下のスクリーンショットは両方の例を示しています。

 

adschedulecamps.gif

  • 月曜日:入札単価はベースラインより20%上げられます。
  • 火曜日:入札は午前8時から午後6時までのみ実行されます。広告が一時停止される時間には、線が表示されていません。
  • 水曜日:入札は、午前8時〜午後6時はベースラインの入札単価の100%で、それ以外の時間には50%で実行されます。
  • 木曜日と金曜日:入札単価にはベースラインが使用されます。
  • 土曜日:入札は全日、ベースラインの75%で実行されます。
  • 日曜日:広告は一時停止されます。調整率をベースラインの0%に設定すると、曜日または時間は一時停止されます。

推奨列は毎日のコンバージョン率の変動に関するアカウントレベルの分析に基づいており、さらに推奨入札単価調整率へ変換されます。テキストボックス内の提案を調節し、「保存」をクリックすると、設定がパブリッシャーに送信されます。

マルチ編集

広告のスケジュールのマルチ編集機能を使用すると、広告のスケジュールを一括して変更できます。複数のキャンペーン/グループに対する広告のスケジュールを編集するには、グリッドでキャンペーン/グループを選択し、「編集」ボタンをクリックした後、ドロップダウンから「広告のスケジュール」を選択します。バブルが表示され、ここで以下に示すように選択した項目の広告のスケジュールを編集します。

バブル内の機能は単一項目の編集画面で使用できる機能と同じです。また、左側にある「設定をコピー」ドロップダウンを使用すると、1日の設定をすべての曜日に適用したり、平日にだけ適用したりできます。

>注記:下の「広告のスケジュール」マルチ編集ページにある入札設定には、以前に適用された現在の設定は表示されません。 現在の「広告のスケジュール」設定/入札単価を表示するためには、キャンペーン設定内でメインの「広告のスケジュール」ページにアクセスする必要があります。

Googleキャンペーンのマルチ編集

 

screenshot.png

Bingグループのマルチ編集


提案

  • 広告のスケジュールの提案はアプリケーションによって作成され、入札単価を変更する機会を判断するのに役立ちます。 毎晩、アプリケーションは毎日のコンバージョン率の変動を分析し、入札単価の提案を作成します。
  • アプリケーションによる提案を表示するには、前述した広告のスケジュールのマルチ編集における手順に従います。 マルチ編集のバブルが表示されたら、「提案を表示」ボタンをクリックします。 提案は自動的にバブル内に設定として表示され、直ちに保存するか、必要に応じて編集できます。
  • 計算に関する提案はクライアントレベルで行われるため、個々のキャンペーンまたはグループに固有ではありません。 同じクライアントアカウント内でもBingグループとGoogleキャンペーンでは提案が異なる場合があります。これはBingおよびGoogleの広告のスケジュール設定で指定される制約が一部異なるためです(このページの上部にある「広告のスケジュール」セクションを参照)。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")