ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

キャンペーン管理

Home > ja-jp > Managing Campaigns > Keywords, Creatives and Campaigns > Troubleshooting Articles: Keywords, Creatives and Campaigns > キーワード、クリエイティブ、URLに含まれる無効な文字や記号

キーワード、クリエイティブ、URLに含まれる無効な文字や記号

問題

新しいオブジェクトをパブリッシャーに送信しようとすると、キーワードテキスト、クリエイティブ、またはURLに無効な文字や記号があることを示すエラーが発生する場合があります。 まずヘルプでこのエラーを検索し、問題の内容と解決方法が記載された詳細記事がないかどうかを確認します。

問題の修正方法

サポートセンターの記事を確認しても、無効な文字や記号が見つからない場合は、次の方法でプラットフォームやExcelで表示されない非表示の改行や特殊な隠し文字があるか確認します。

  1. Microsoft Wordを開きます。
  2. このキーワードテキスト、クリエイティブ(「見出し」/「説明文1」/「説明文2」)、またはURLをドキュメントに貼り付けます。
  3. 「編集記号の表示/非表示」アイコンをクリックします。
  4. 非表示の書式が円で表示されます(通常のスペースは中黒で表示されます)。

無効な文字を特定できたら、それを削除できます。 これが該当するかどうかを確認するには、Microsoft Wordの「編集記号の表示/非表示」ツールを使用します。

重要事項

  • 無効な文字を含む広告を送信すると、Google側でその広告の編集が行われる可能性があります。 その場合、元の広告は編集中ステータスになり、新しい広告が作成されます。 この状態が発生した場合は、編集中ステータスの広告を削除することをお勧めします。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")