ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > How To Articles: Bing > {BidMatchType}パラメータのプラットフォームサポート

{BidMatchType}パラメータのプラットフォームサポート

概要

プラットフォームでは、Bingの{BidMatchType} および{MatchType} 動的トラッキングパラメータが完全にサポートされています。

{BIDMATCHTYPE}と{MATCHTYPE}

Bingは、キーワードのマッチタイプとして、URL内でトラッキングの目的に使用できる2種類の動的トラッキングを提供しています。
  1. {BidMatchType}:このパラメータは、広告をトリガしたキーワードの入札マッチタイプを返します。これは、広告主がキーワードの作成時に選択したマッチタイプです。また、これはプラットフォームにも表示されます。
  2. {MatchType}:このパラメータは、Bingがキーワードとユーザーの検索クエリを照合するのに使用した配信済みマッチタイプです。これは、プラットフォームに表示されるマッチタイプと同じ場合もあれば、異なる場合もあります。

 

これらの2種類のパラメータは次の値と使って解決されます。

  • {MatchType}:b、e、p、c
  • {BidMatchType}:Bb、be、bp、bc

広告主が部分マッチタイプの「赤靴」というキーワードを作成するとしましょう。ウェブユーザーが「購入赤靴」を検索した場合、このクエリはキーワードに一致します。この場合、入札マッチタイプ(つまり{BidMatchType})は、広告主がキーワードに対して設定した部分となります。一方、配信済みマッチタイプ(つまり{MatchType})はフレーズです。なぜなら、ユーザーの検索クエリに「赤靴」という完全なフレーズが含まれているからです。

トラッキングに関する含意

  • 2013年8月現在、プラットフォームは、収益アップロードファイルの「マッチタイプ」列に含まれる、{BidMatchType}によって返された値(つまり、bb、be、bp、bc)をサポートします。
  • コンバージョンに導くキーワードを正しく識別するためには、プラットフォームが収益アップロードファイルで入札マッチタイプを受け取る必要があるため、可能な場合には常にBing URLに{BidMatchType}を使用する必要があります。
  • クリエイティブレベルのトラッキングを使用している場合、トラッキングが正常に機能するためにBingのURLに{BidMatchType}を使用する必要があります。 URLで{BidMatchType}ではなく{matchtype}を使用している場合、Bingオブジェクトの収益ファイルの「結果」列に「警告: クリエイティブのみに属性」と表示されます。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")