ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > How To Articles: Bing > {param2}と{param3}を使用した動的テキスト挿入を使用する

{param2}と{param3}を使用した動的テキスト挿入を使用する

概要

Googleのライブ広告機能と同様に、Bingにも{param2}{param3}を使用した動的テキスト挿入機能があります。これにより、キーワードレベルで値(整数およびテキスト)を挿入し、広告を自動的に更新することができます。

{param2}と{param3}の例

「コーヒー」というキーワードに入札するために、価格($11)と品種(コナ)をパラメータ値として以下のように設定しているとします。

キーワード パラメータ2(Bing) パラメータ3(Bing)
コーヒー コナ $11

これらのパラメータ値はクリエイティブによって参照され、キーワードを挿入する場合と同じようにデフォルトテキストが挿入されます。

thedefault.png


ユーザーが「コーヒー」を検索すると、Bingはこれらのパラメータ値を含むクリエイティブを掲載します。

13.png

注意点

  • デフォルトテキスト
    キーワードにパラメータ値を設定していない場合、広告はデフォルトテキストを使用して掲載されます。 たとえば、見出しが「最高級のコーヒー」、説明文が「パウンドあたり$9から」などです。
  • 制約
    Googleとは異なり、Bingでは動的パラメータにテキストまたは数値を使用できます。 注記:クリエイティブテキストの文字数制限(見出し25文字および説明文71文字)はパラメータの値にも適用されます。 詳細についてはこちらをクリックしてください。

動的パラメータ広告を設定する方法

プラットフォームでパラメータ値を表示するには、「キーワード設定の編集」ページまたはメインの「キーワード」グリッドで「パラメータ2(Bing)」列と「パラメータ3(Bing)」列を使用します。これらの列はビュービルダーの「アドバンスト」セクションにあります。

  1. クリエイティブを編集し、上記の例で示すように{param2:デフォルトテキスト}という形式でパラメータを含めます。 これらの値は見出しまたは説明文1で使用されます。
  2. バルクシートに「パラメータ2(Bing)」と「パラメータ3(Bing)」の列ヘッダーを含め、バルクアップロードを使用してグループのキーワードを更新します。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")