ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > How To Articles: Bing > キーワードレベルのURLを追跡するために{param1}を設定する

キーワードレベルのURLを追跡するために{param1}を設定する

概要

デフォルトでは、Bingの検索エンジンの検索結果ページに、BingによりクリエイティブのURLが表示されます。代わりにキーワードのURLを表示するには(クリエイティブレベルのトラッキングをキーワードレベルのトラッキングに切り替えるには)、以下の操作が必要です。

  • AdCenter(Bing Ads)でキーワードレベルのURLを要求するために、クリエイティブのリンク先URLを{param1}に設定します。

  • すべてのBingキーワードのURLにトラッキングパラメータを含むURLを設定していることを確認してください。

クリエイティブのURLで{param1}を使用しない場合、BingではクリエイティブのURLのみを検索および使用してキーワードのURLを無視します。 これにより、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 出所不明の収益を読み込み、収益はクリエイティブのみに帰属してキーワードには帰属しません。 この問題は、クリエイティブのURLが、どのキーワードに収益を帰属するかをシステムに指定する特定のトラッキングパラメータ({keyword}および{matchtype})を含んでいない場合に発生します。

収益がまったく帰属しません。 この問題は、BingキーワードのURLにトラッキングを使用しているものの、BingクリエイティブのURLを{param1}に更新していない場合に発生します。 Bingクリエイティブに、トラッキングを含まない通常のURLが使用されています。 BingではデフォルトでBingクリエイティブのURLを表示するため、トラッキングを含まないこのURLが表示され、したがって検索広告から収益が記録されません。

キーワードURLのトラッキングを設定する方法

Bingクリエイティブを{param1}に設定するには、単一編集マルチ編集、および一括編集の3通りの方法があります。

Bingクリエイティブを識別して{param1}に設定する方法

  • 単一編集:クリエイティブをクリックして設定ページにアクセスし、手動でリンク先URLを{param1}に設定します。
  • マルチ編集:フィルターしてBingクリエイティブだけを表示し、編集するすべてのクリエイティブを選択して、グリッドの上にある「編集」ボタン(鉛筆アイコン)をクリックします。ドロップダウンメニューから「クリエイティブ編集」オプションを選択し、「リンク先URL」ボックスを「{param1}」に設定して、「保存」をクリックします。

    注記:「すべて選択」オプションを有効にすると、「クリエイティブ編集」オプションは表示されません。 その回避策としては、表示される行の数を増やし、すべて選択オプションを使ってすべてのクリエイティブを選択した後、1つのクリエイティブの選択を解除します。
  • 一括編集:「アカウント」、「キャンペーン」、「グループ」、「リンク先URL」列を含むBingクリエイティブレポートをダウンロードします。「{param1}を含まない」という条件でリンク先URLをフィルターし、レポートを作成します。Excelでレポートを開き、すべてのURLを{param1}に設定してから、そのレポートをプラットフォームにアップロードします。
    • プラットフォームでバルクアップロードシートを通じてBingクリエイティブを編集/追加する場合、リンク先URLを{param1}に設定するには{param1}を「リンク先URL」列にアップロードします。

リダイレクトを使用する場合でも、クリエイティブの{param1}のアップロードには通常の「クリックスルーURL」列ではなく「リンク先URL」列を使用する必要があります。

次のような各種の表記がクリエイティブリンク先URLに挿入されている場合は、ユーザーがクリエイティブリンク先URLを{param1}に設定しようとしている、と判断されます。

問題
{param 1} 余分なスペースは無視されます
パラメータ1 「{}」が省略されている場合も、あるものとみなされます
http://{param1} 「http://」は無視されます
{PARAM1} 大文字と小文字は区別されません

その他の情報

  • 現在、{Param1}のように、パラメータ名に大文字の「P」を使用するとエラーの原因になります。現在のところは、{param1}に変更することで問題を回避できます。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")