ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > How To Articles: Bing > ハイブリッドグループとコンテンツキーワードを使用する

ハイブリッドグループとコンテンツキーワードを使用する

概要

マッチタイプ別URLを使用するBingアカウントの場合、検索とコンテンツの両方をターゲットにするグループを作成するときは、グループ内のその他すべてのキーワードはマッチタイプを「コンテンツ」にして作成することが強く推奨されています。そうしないと、コストが出所不明の行に挿入され、収益が別のキーワードに間違って帰属することになります。これは、広告グループに明確なコンテンツキーワードが含まれていない場合でも、グループのターゲットがコンテンツネットワークに設定されているので、adCenterでは広告がコンテンツネットワークに表示されるためです。AdCenterは検索マッチタイプ(部分、フレーズ、完全)のキーワードを使用してターゲットを設定し、グループコンテンツの入札単価を利用します。

コスト/収益のレポート

adCenterはこのコストデータ(クリック数、インプレッション数、コスト)をコンテンツとして報告します。ただし、同じURLを広告の検索URLとして使用し、パブリッシャートラッキングを使用しない場合、収益は使用された検索キーワードに間違って帰属します。

コンテンツキーワードの自動生成

このような状況が発生するのを防ぐため、アプリケーションで夜間の同期処理中にコンテンツキーワードがないハイブリッドグループに対してコンテンツキーワードが自動的に作成されます。グループ内の各キーワードに対してすべてのコンテンツキーワードが作成されるわけではなく、adCenterからコストデータが送信されるコンテンツキーワードのみが作成されます。さらに、この処理を行っても、ある日のコストが出所不明になることがあります。これは、グループがコンテンツネットワークをターゲットにしていた時点からプラットフォームが実際にコンテンツキーワードを作成する時点までの間、その期間のコストデータが出所不明として報告されるためです。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")