ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > How To Articles: Bing > 過去の品質スコアをグリッドに表示する方法

過去の品質スコアをグリッドに表示する方法

概要

品質スコア(QS)は、広告が表示されたユーザーに対する広告、キーワード、およびリンク先ページの推定の関連度です。

品質スコアが高い場合は、広告、キーワード、およびリンク先ページのすべてが広告を見る人と関連性があり有益であるとBingで判断されたことを意味します。逆に品質スコアが低い場合は、広告、キーワード、およびリンク先ページが広告を見る人とおそらく関連性がなく有益でないことを意味します。

Bingの過去の品質スコアをグリッドに表示する方法

過去の品質スコア(過去のQS)を表示するには、グリッドの右上にあるビュービルダーを使用して表示を有効にします。ビュービルダーで「トラフィック/セクション」をクリックし、「過去のQS」列を選択して、過去の品質スコアをグリッドに表示します。

その他の情報

  • GoogleとBingにおける過去の品質スコアの主な違いは、Bingの品質スコアがクリック単価または広告のランクに影響しないのに対し、Google AdWordsでは影響を及ぼします。
  • 設定内のQSは、現在Google/Bingが報告している品質スコアです。この値は日付範囲を変更しても変わりません。

  • 過去のQSはGoogle/Bingによって報告されたものです。弊社では可能な限りそのデータを保存して、過去に遡れるようにしています。データがない場合、この値はゼロになります。インプレッションに基づき、過去のQSはグループおよびキャンペーンレベルでも計算されます。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")