ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > How To Articles: Bing > Bingエンハンストキャンペーンに関するガイド

Bingエンハンストキャンペーンに関するガイド

概要

2014年9月、Bingはエンハンストキャンペーンへの移行の最初の段階に入りました。これにより以下が変更されました。

  • タブレットデスクトップのデバイスターゲティングが統合されました。

  • デスクトップ入札単価調整が削除されました。

  • タブレット入札単価調整の範囲が[-90, 300]から[-20, 300]に変更されました。

  • タブレットOSが非推奨になりました。

Bingエンハンストキャンペーンのプラットフォームサポート

プラットフォームにより、モバイル優先広告を作成して管理し、キャンペーンレベルのモバイルおよびタブレットの入札単価調整率を設定し、入札単価調整値とデバイス設定をそれぞれのグリッドビューで参照することができます。これにより、「デバイス」サブタブでデバイス毎のキャンペーンの掲載結果を確認して貴重なインサイトを得ることができます。

プラットフォームのその他の機能

  1. キャンペーンおよびグループレベルでの、デバイスレベルのコストおよび収益レポート(クライアント設定フラグ)。

  2. キャンペーンおよびグループレベルでの、「モバイル入札単価調整率」および「タブレット入札単価調整率」フィールド。

    • 単一で作成/編集

    • 一括で作成/編集

    • 「デバイス」タブのマルチ編集

  3. モバイル優先広告の作成および管理機能。

  4. 「タブレット」と「デスクトップ」デバイスターゲティングの統合。

プラットフォームへの影響

  • 全般
    「デスクトップ」および「タブレット」デバイスターゲティングの統合は、「デスクトップ」ターゲティングと「タブレット」ターゲティングを分割するために個別のキャンペーンを設定しているアカウント(たとえば、「デスクトップ」に1つのキャンペーンと「タブレット」に1つのキャンペーン、または「デスクトップ」に1つのキャンペーンと「スマートフォン+タブレット」に1つのキャンペーンなど)に影響します。これらのキャンペーンに対しては、キャンペーンの内容を確認し、お互いに妨害しないように必要な調整を行うことが推奨されます。
  • 入札
    キーワードレベルでの入札単価の計算には影響しません。今後のリリースでは、モバイル入札単価調整率の推奨をサポートします。
  • レポート作成
    プラットフォーム担当者にお問い合わせいただけば、デバイス別のコストレポートの作成が可能です。
 
デバイス別の収益とコンバージョンのレポートが必要な場合は、URLをタグ付けし直して{device} ValueTrackパラメータを追加する必要があります。「スマートフォン」および「デスクトップ+タブレット」はデバイスターゲティングオプションとして引き続き有効であるため、タブレットをデスクトップから分割する場合のみURLをタグ付けし直すことを推奨します。

便利なリンク

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")