ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Bing > Troubleshooting Articles: Bing > Bingエンハンストキャンペーンに関するFAQ

Bingエンハンストキャンペーンに関するFAQ

概要

弊社に寄せられたBingエンハンストキャンペーン機能に関する質問と回答を以下にまとめました。 

Bingエンハンストキャンペーンの詳細については、ヘルプを参照してください。 

FAQ

どうすればエンハンストキャンペーンに移行したことがわかりますか?

キャンペーンは、個別のデバイスターゲティングがなく、すべてのデバイスターゲットが統合されたときに「エンハンスト」キャンペーンに移行します。 Bingでは、これを段階的に行っています。

2014年9月、Bing AdsはタブレットとPC/ラップトップキャンペーンを統合しました。 広告主は、タブレットの入札単価調整でタブレットターゲティングを制御し続けることができるようになりました。 2015年の第1四半期(日付は未定)に、スマートフォンキャンペーンとPC/タブレットを統合することで、デバイスターゲティングの統合をさらに進める予定です。 

この変更が第1四半期に実施されれば、すべてのBingキャンペーンは「エンハンスト」キャンペーンとなり、Googleキャンペーンと同じように管理できます。


使用できる入札単価調整とその範囲を教えてください。

広告主は、タブレットとモバイルターゲティングをタブレット入札単価調整(-20から+300パーセント)とモバイル入札単価調整(-100から+300パーセント)で制御し続けることができます。 現在、プラットフォームでは両方の入札単価調整を使用できます。


キャンペーンを移行するために必要な手順は何ですか?

タブレットのみをターゲットにしているキャンペーンがある場合は、そのキャンペーンを一時停止して、デスクトップの同等のキャンペーンと統合し、二重配信を防ぐ必要があります。2015年以降にモバイルキャンペーンを展開するときは、モバイル専用キャンペーンに対して同じ操作を行う必要があります。

プラットフォームの「デバイス」タブにデータを表示するためには、URLのタグ付けを正しくやり直す必要がありますか?

コストデータ(インプレッション、クリック数、パブリッシャー コスト)は、デフォルトですべてのBingアカウントに使用できます。 「デバイス」タブでデバイス別の収益とコンバージョンデータに関するレポートを表示するには、URLに{device}を追加する必要があります。 推奨事項と詳細については、担当のアカウントチームにお問い合わせください。

プラットフォームのトラッカーソリューションを使用している場合、プラットフォームの「デバイス」タブにデータを表示するためには、URLのタグ付けを正しくやり直す必要がありますか?

Marinトラッカーを使用されている場合、ユーザーの「クリック数」と「コンバージョン数」(IDS)からデバイスタイプを自動的に推測できるので、URLのタグ付けをやり直す必要はありません。 担当のアカウントチームにお問い合わせください。

新しいキャンペーンを作成するとき、どのような点に気をつけたらよいですか?

この移行を念頭に置いて新しいモバイル専用キャンペーンを作成することをお勧めします。 このため、3つすべてのデバイスタイプをターゲットにするキャンペーンを作成し、入札単価調整を使用して最適化することをお勧めします。


新しいクライアントのオンボードの場合、どうなりますか?

新しいクライアントのオンボードの場合、URLのタグ付けをやり直す際は、{device}{if[not]mobile}クエリパラメータを挿入して、将来のタグ付けのやり直しを回避することをお勧めします。 
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")