ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > How To Articles: Google > 商品リスト広告と商品ターゲットを管理する

商品リスト広告と商品ターゲットを管理する

商品リスト広告と商品ターゲットの概要

ユーザーが目当ての商品を見つけやすくするために、パブリッシャーは商品リスト広告という新しい広告タイプを開発しました。商品リスト広告では、テキスト広告の場所に価格情報や宣伝用メッセージなど、ユーザーに関連性の高い商品情報を表示します。商品リスト広告(PLA)は自然検索の上か、右側の広告列の上に表示されます(下図を参照)。

pla.png

商品ターゲットは、商品リスト広告を掲載するトリガとして使用できる、つまり従来のテキスト広告でのキーワードのような役割を果たす商品または商品グループです。商品ターゲット(PT)は、Google/Bing Merchant Centerアカウントの中から検索結果ページの商品リスト広告に表示する商品を決定するために使用されます。

商品リスト広告および商品ターゲットを管理できるようにするには、ご利用のアカウントでこれを有効にする必要があります(プラットフォーム担当者にお問い合わせください)。商品リスト広告および商品ターゲットの管理がアクティブになっていない場合、以下で説明する機能は使用できません。

グリッドに商品ターゲットを表示する

商品ターゲットを表示または変更できる場所は複数あります。1つはメインの「商品ターゲット」タブです。この機能がアカウントでアクティブになっている場合は、画面上部にこのタブが表示されます。

pla2.png

また、グループごとに特定の商品ターゲットが表示されます。メインの「グループ」タブをクリックしてから「商品ターゲット」サブタブを選択します。こから商品ターゲットを追加、編集、または削除することもできます。

商品ターゲットを追加、編集、または削除する方法

商品ターゲットの追加、編集、または削除はプラットフォーム内で行えます。商品ターゲットの同期は双方向型なので、プラットフォームから新しい商品ターゲットを送信することも、パブリッシャーインターフェイスから新しい商品ターゲットを取得することもできます。Googleでは、商品ターゲットを自動ターゲット設定と呼んでいます。

新しい商品ターゲットを追加するには、以下の手順で操作します。

  1. メインの「商品ターゲット」タブに移動します。
  2. 「追加」ボタン(「+」アイコン)をクリックします。
  3. 「パブリッシャーアカウント」、「キャンペーン」、「グループ」、「リンク先URL」を選択します。
  4. 必要に応じて、Google/Bing Merchantフィードからすべての商品を追加するように選択するか、ドロップダウンを使用して特定の商品を選択できます。この処理にはお持ちのMerchantアカウントの属性を使用する必要があります。たとえば、「brand = Nike」を選択したとします。「+」ボタンを使用して、条件を3つまで追加できます。
  5. 「保存」をクリックして新しい商品ターゲットを作成します。新しい商品ターゲットがグリッドに表示されます。

注記:商品ターゲットを作成した後、そのステータス、リンク先URL、最大クリック単価は編集できますが、属性の条件は編集できなくなります

商品ターゲットを編集するには、以下の手順で操作します。

  1. メインの「商品ターゲット」タブで対象の商品ターゲットのチェックボックスを選択します。
  2. 「編集」ボタン(鉛筆アイコン)をクリックします。
  3. メニューバブルで「設定へ移動」をクリックします。
  4. 必要な変更を加え、「保存」をクリックします。

商品ターゲットを削除するには、グリッドのチェックボックスをオンにしてから「削除」ボタン(赤い「×」アイコン)をクリックします。

商品ターゲットをマルチ編集する方法

キーワードやクリエイティブの場合と同じように、商品ターゲットにもマルチ編集を使用できます。メインの「商品ターゲット」タブに移動し、グリッドで対象の商品ターゲットのチェックボックスをオンにします。「編集」ボタン(鉛筆アイコン)をクリックして変更を加えます。

商品ターゲットを一括で追加/編集する方法

バルクシートを使用して商品ターゲットを追加または編集できます。メインの「商品ターゲット」タブの左下にある「商品ターゲットを一括で追加/編集」リンクをクリックしてから、PCA(パブリッシャークライアントアカウント)を選択して商品リスト広告用のバルク列を表示します。

この画面から、キーワードやクリエイティブの場合と同様の手順でバルクシートをアップロードできます。一括で追加する処理では、以下の列が必須になります。

  • アカウント
  • キャンペーン
  • グループ
  • 条件1
  • 値1

以下の列はオプションです。

  • 条件2
  • 値2
  • 条件3
  • 値3
  • ステータス
  • 商品ターゲットID(これはプラットフォーム固有の商品ターゲット用IDです)
  • リンク先URL
  • クリックスルーURL
  • 検索入札単価
  • 一意のID
  • すべてのディメンション

ターゲットの条件フィールドと値フィールドは各商品ターゲットの属性条件を指しています。ターゲットの条件フィールドは以下の値のみを含むことができます。

  • 両方のパブリッシャーの場合:id、brand、condition
  • Googleのみの場合:adwords_grouping、adwords_labels、producttype
  • Bingのみの場合:bingads_grouping、bingads_label、producttype、sku、sellername

それ以外が入力された場合、次のエラーメッセージが表示され、追加/編集操作は失敗します:Please enter valid product target criteria.(有効な商品ターゲット条件を入力してください)「すべての商品」というターゲットもあり、これは条件または値フィールドに*を入れることで使用できます。

既存の商品ターゲットを一括編集するには、バルクシートに商品ターゲットIDを入れ、条件/値の列を削除しておく必要があります(後で編集できないため)。商品ターゲットIDのリストを入手するには、メインの「商品ターゲット」タブのグリッドからレポートをダウンロードします(右上の「レポートを作成」リンクを使用します)。ダウンロードしたレポートに「商品ターゲットID」列が含まれています。

商品ターゲットURLビルダーを使用する

商品ターゲットをURLビルダーで使用する方法の詳細については、「商品ターゲットURLビルダーに関するガイド」を参照してください。

商品リストクリエイティブを管理する方法

パブリッシャーで商品リスト広告を配信するためには、商品ターゲットと同じグループにアクティブな商品リスト広告が存在する必要があります。プラットフォーム内で商品リスト広告を追加および編集する方法については、「商品リスト広告クリエイティブに関するガイド」を参照してください。

その他の情報

  • 商品ターゲットにはディメンションを使ってタグ付けできますが、プラットフォームではキーワードの場合のようにディメンションに基づいてデータをロールアップすることはできません
  • PLA収益を追跡する方法の詳細については、ヘルプを参照してください。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")