ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > How To Articles: Google > Googleでの「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)」キャンペーン

Googleでの「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)」キャンペーン

概要

昨年、Googleがリリースしました検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)(SNDS)と呼ばれる新しいキャンペーンタイプが、数か月中に従来の検索キャンペーンおよびディスプレイキャンペーンを置き換える予定です。 

 Googleからの報告では、「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)キャンペーンのディスプレイ広告により、平均でクリックスルー率は35%向上し、顧客の購買あたりのコストは35%減少した」とされています。 この実績から弊社では、お客様がこのパフォーマンス向上のメリットを十分に活用できるよう積極的にサポートします。

検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)キャンペーンとは何ですか?

これらのキャンペーンタイプでは、関連付けられている個別のグループコンテンツ入札単価がなくなりました。 その代わりに、Googleがユーザーの代わりに自動的に入札します。 この変更は、これらのキャンペーンタイプにのみ影響します。 「検索のみ」および「ディスプレイのみ」のキャンペーンは影響を受けず、入札は従来どおりに続行します。

  • 「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)」は、ディスプレイネットワークで広告を選択的に表示し、入札が自動化されます。 これにより、宣伝している商品やサービスに最も関心がありそうな人たちにリーチできます。

  • 現在、既存のキャンペーンをこの新しいキャンペーンタイプにアップグレードできます。 アップグレードされたとき、検索のキーワード、プレースメント、およびリマーケティングリストターゲットは維持されます。 トピックや趣味・関心など、その他のタイプのターゲット設定は削除されます。

  • このキャンペーンタイプは、現在のデフォルトのオプションであり(「検索」と「ディスプレイネットワーク」ではありません)、新しいキャンペーンを作成するときにAdwordsに最初に表示されるオプションです。

プラットフォームでのサポート

2014年7月のプラットフォームのリリースより、プラットフォームでアクティブに管理されている(つまり、キャンペーンが編集され、変更がパブリッシャーに送信された)レガシーの検索キャンペーンおよびディスプレイキャンペーンはいずれも、新しい検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)の形式に自動的にアップグレードされます。

それ以外のキャンペーンは、2014年9月16日にGoogleによりアップグレードが開始されました。

入札

グループコンテンツ入札単価の計算は、Googleより非推奨とされているため、今後は行われません。 Googleディスプレイネットワークの自動入札の利用をご希望のお客様は、ディスプレイのみのキャンペーンタイプをご利用ください。

便利なリンク

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")