ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > How To Articles: Google > Googleでの電話番号表示オプションと住所表示オプションのレポート

Googleでの電話番号表示オプションと住所表示オプションのレポート

概要

Marinは住所表示オプションおよび電話番号表示オプションに対応しています。Marinでもこれらの指定オプションに関するレポートを作成できるようになりました。クライアントは「通話」のクリックと「ルート」のクリックの両方に関してレポートを作成できます。

電話番号表示オプションと住所表示オプションのクリック数の合計をグリッドに表示する方法

それぞれの指定オプションのクリック数はこれまでクリック数の合計に含まれていましたが、現在はビュービルダーを使用して各指定オプションのクリック数を個別に表示できるようになりました。方法は以下のとおりです。

  1. 電話番号表示オプションおよび住所表示オプションのレポートがクライアントアカウントで有効になっていることを確認してください。これらのオプションを有効にするには、クライアントサービス担当者までご連絡ください。
  2. グリッドビューで、グリッドの右上にある「ビュービルダー」リンクをクリックします。 追加される列はキーワード、クリエイティブ、グループ、キャンペーン、アカウントおよび履歴の各タブで表示できます。
     
  3. 「列」リストの「広告拡張機能」セクションを表示します。 このオプションを表示するには、この機能を有効にしておく必要があります。 詳細については、プラットフォーム担当者にお問い合わせください。
  4. 指定オプションのレポートとしてグリッドに追加できる列は数種類あります。 たとえば、通話のクリックデータとルートのクリックデータを表示したい場合は、「Clicks-to-Call Clicks(Clicks-to-Callクリック数)」と「Driving Dir. Clicks(ルートクリック数)」を選択します。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")