ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > How To Articles: Google > Googleイメージ広告の使用

Googleイメージ広告の使用

概要

プラットフォームは、Googleイメージ広告の表示、編集、作成、および管理をサポートしています(テキスト広告のサポートに似ています)。

使用可能な形式

Googleイメージ広告はプラットフォーム内に表示されます。これらの広告はテキスト広告と同様に作成および編集できます。現時点では、GIF、JPG、JPEG、PNGの画像形式と次の広告サイズがサポートされています。

  • 320x50 モバイルバナー

  • 300x50 携帯スコアボード

  • 468x60 バナー

  • 728x90 スコアボード

  • 250x250 正方形

  • 200x200 正方形(小)

  • 336x280 長方形(大)

  • 300x250 インライン長方形

  • 120x600 スカイスクレイパー

  • 160x600 ワイドスカイスクレイパー

  • 300x600 半ページ広告

  • 970x90 スコアボード(大)

  • 240x400 長方形(縦)

  • 980x120 パノラマ

  • 250x360 トリプルワイドスクリーン

  • 580x400 ネットボード

重要事項

  • Flash形式(.SWF)のクリエイティブはプラットフォーム内に表示されず、作成することもできません。 ただし、これらを同期状態に保ったり、レポートに含めたり、編集したりすることは可能です(「名前」、「表示URL」、「リンク先URL」の各値)。
  • サポートされていないサイズの画像をアップロードすると、次のエラーが発生します。「画像のディメンションが無効です 有効な画像のディメンションについてはヘルプを参照してください。」

ファイルサイズ制限

イメージ広告に対するGoogleの現在のファイルサイズ制限は150KBで、このサイズは現在プラットフォームでサポートされています。

一括追加/編集の方法

イメージ広告をアップロードするには2通りの方法があります。

1. 画像ライブラリの画像をzipファイル形式でアップロードしてから、バルクシートをアップロードして広告を作成する

  1. 右上にある「管理」リンクをクリックします。
  2. 「テンプレート」サブタブを選択し、左側のメニューで「画像ライブラリ」をクリックします。
  3. 左側のメニューで「画像を一括で追加/編集」をクリックします。
  4. 「以下に画像情報を貼り付けてください」フィールドで、「画像名」列に画像名を入力し、「画像ファイル」列に画像ファイルを入力します。画像名には任意の名前を指定できますが、画像ファイル名は次の手順の「画像Zipファイルをアップロード」でアップロードするファイルの名前と正確に一致している必要があります
  5. 「画像Zipファイルをアップロード」に移動し、「ファイルを選択」をクリックして、zip形式で画像をアップロードします。圧縮するときは画像がフォルダーに入っていないことを確認してください。フォルダーに入っていると、アップロードした後で「画像ファイルが見つかりませんでした」というエラーが発生します。アップロードしたい画像を選択して画像のみを含むZipファイルを作成した後、右クリックしてWindowsの場合は「送る」の「圧縮(zip形式)フォルダ」を、Macの場合は「圧縮」を選択します。
  6. 「プロセス」をクリックします。
  7. 画像がアップロードされると、それらの画像を広告で使用できるようになります。
  8. 「クリエイティブ」タブをクリックし、左側のメニューで「クリエイティブを一括で追加/編集」を選択します。
  9. 一括アップロードの方法は、キーワードやクリエイティブの場合と同じです。必ず次のヘッダーを使用してください。アカウントキャンペーングループ [クリエイティブ名] [画像] [クリエイティブタイプ] [ステータス] [表示URL] [クリックスルーURL] [リンク先URL]*
  10. 「画像」列では画像名を使用する必要があります。これは、前の手順で画像ファイルをアップロードした際に使用した名前です。

注記:*アカウントでリダイレクトを使用している場合は、[クリックスルーURL]を使用します。

2. 画像と広告を1つのバルクシートで一緒にアップロードする

  1. 「クリエイティブ」タブをクリックし、左側のメニューで「クリエイティブを一括で追加/編集」を選択します。
  2. 次のヘッダーを使用して画像ファイルと広告を同時に一括アップロードします。アカウント、キャンペーン、グループ、見出し、[クリエイティブ名]、[画像]、[クリエイティブタイプ]、[ステータス]、[表示URL]、[クリックスルーURL]、[リンク先URL]*
  3. ファイルはこの時点ではまだ名前が付けられていないため、「画像」列では実際のファイル名を使用します。
  4. zipファイル形式で画像をアップロードします。すべての画像の名前は、上の手順の「画像」列で使用した名前と同じである必要があります。

注記:アカウントでリダイレクトを使用している場合は、「クリックスルーURL」を使用します。

  • 手順2を使用する場合、画像は「画像ライブラリ」には入りません。つまり、画像が保存される方法は手順1とは異なります。したがって、画像を再使用する場合は、同じ手順で再びアップロードする必要があります。

マルチ編集

イメージ広告については、以下の操作のマルチ編集を行うことができます。

  • クリエイティブ編集?表示URLとリンク先URLの編集
  • リンク先URL(検索と置換)
  • リンク先URL(アペンド)
  • ディメンション値を編集

イメージ広告用のURLビルダー

URLビルダーがクリエイティブレベルのURLを構築するように設定されている限り、イメージ広告に対しても機能します。詳細は、「URLビルダーの設定方法」を参照してください。

グリッドで表示する

イメージ広告の並べ替えや管理を容易にするため、クリエイティブサイズ(例:300x250、728x90など)およびクリエイティブタイプ(例:画像またはテキスト)の列を使用して、クリエイティブグリッド内でイメージ広告の表示、並べ替え、フィルタリングができます。

イメージ広告の免除

イメージ広告の免除を申請したい場合は、こちらのフォームに必要事項を入力してください。

現在のところ、GoogleのAPIではイメージ広告の免除がサポートされていません。

重要な情報

  • 一部のオペレーティングシステム(MacまたはUnixなど)またはアーカイビングプラットフォームでは、ZIPファイル内でフォルダーを保持できます。 たとえば、「AAA」という名前のフォルダーに「XYZ.gif」という名前の画像ファイルが含まれているZIPフォルダーをアップロードする場合は、「画像」列に「AAA/XYZ.gif」の形式で指定します。

一般的な問題

  • 画像ファイルを一括アップロードすると、次のエラーが発生する場合があります:Image file could not be found 通常、この問題はアップロードした画像ファイルが何らかの理由で破損しているときに発生します。 このエラーが表示された場合は、これらの画像を再度アップロードするか、またはファイルを調べ、壊れていることがわかった場合には置換します。 
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")