ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > How To Articles: Google > Googleリマーケティング

Googleリマーケティング

概要

このプラットフォームには、検索キャンペーンに対するGoogleのリマーケティング(リターゲティング)を利用できるようにする機能があります。

この機能では、プラットフォーム経由で次のことを行えます。

  • 一括アップロードによるリターゲティングリストの追加、削除または編集。
  • キーワードレベルでの検索キャンペーン(RLSA)の最適化。
  • キャンペーン、グループ、キーワードおよびクリエイティブレベルでのコストメトリックの表示。

重要事項:プラットフォームを使用してリターゲティングリストをGoogleグループに割り当てる際、グループに「ターゲット」が設定されていない場合は自動的に「掲載先の絞り込みと入札単価」に設定されます。関連したリターゲティングリストがないグループにリストを割り当てる場合のほとんどがこれに該当します。トラフィックが低下する原因となる可能性があるため、留意してください。

リマーケティングリストを割り当てる方法

既存のキャンペーンまたはグループを新規キャンペーンにコピーすることをお勧めします。このようにする理由は、関連するグループにリターゲティングリストを割り当てて掲載先の絞り込みと入札単価の戦略を使用できるようにするためです。

Google検索キャンペーンのいずれかにリマーケティングリストを追加するには、次の手順に従います。

  1. プラットフォームのコピーツールで、リマーケティングで使用するキャンペーンのコピーを作成します。詳細については、ヘルプを参照してください。
  2. 一括アップロードを使用して、リターゲティングリストをグループに割り当てます。一括アップロードに含める内容の詳細は、以下の説明を参照してください。
  3. 一括アップロードを使用して、リターゲティングリストを元のグループの除外として割り当てます。 これにより、キーワードに対してオークションで競合しないようにできます。
  4. RLSAキャンペーンのプラットフォームに入札フォルダーを作成して、このフォルダーに新しいグループを追加します。
  5. フォルダを「トラフィック/プレビュー」に設定して、これらのキーワードに対する入札単価のプッシュがプラットフォームで開始されるようにします。
  6. プラットフォームでは、新しいキャンペーンに対する入札単価の最適化がキーワードレベルで開始され、リターゲティングリストの人々に従って、各キーワードに対して最適な入札単価が検索されます。

 

Googleリマーケティングの詳細については、ヘルプを参照してください。

ディスプレイキャンペーンのリマーケティングリスト

リマーケティングリストは、ディスプレイキャンペーンにも使用できます。ディスプレイキャンペーンにリマーケティングリストを追加するには、上記に概要を示した処理に従います。この場合も、掲載先の絞り込みと入札単価の戦略に従うことをお勧めします。

一括アップロードの列

リマーケティングリストを一括して割り当てるには、次の列をバルクシートに含める必要があります。[ ]に囲まれた列はオプションです。

  • アカウント
  • キャンペーン
  • グループ
  • リターゲティングリスト
  • [ステータス]
  • [入札単価調整率]
  • [上限CPL]
  • リンク先URL

注記:上限クリック単価およびリンク先URLはディスプレイグループにのみ適用できます。

リターゲティングリストの除外項目

  • アカウント
  • キャンペーン
  • [グループ]
  • リターゲティングリスト
  • [ステータス]

注記:「グループ」を含めないと、除外項目のアップロード時に、プラットフォームにより割り当てがキャンペーンレベルとみなされます。 「ステータス」列の値には、「除外」または「削除済み」のどちらかを指定できます。指定されていない場合、デフォルトでは「除外」になります。 リストを追加する際にはグループが必要です。

補注

  • リターゲティングリストの作成はパブリッシャー側で行い、アプリケーションに同期します。 現時点で、プラットフォームではリストを作成できません。
  • リターゲティングリストを同期して、グリッドに表示できます。
  • リストは、プレフィックスgroupRetargetList_を使用してFTP経由で一括アップロードできます。
  • 除外リターゲティングリストは一括管理のみが可能です。 このリストは「除外キーワード」グリッドに表示できます。
  • コストメトリックはリターゲティングリストに対しては使用できません。
  • 単一/マルチ編集はリターゲティングリストに対しては現在使用できません。
  • 夜間同期ではリターゲティングリストは更新されません。 更新するには、ハード同期を実行する必要があります。
  • 新しく作成したリストに対して、プラットフォーム上でリターゲティングリストを一括で追加/編集できるようになる前に、一晩待つ必要があります。 待たないで実行した場合、プラットフォームが新しいリストを認識せず、処理に失敗します。
  • プラットフォームでは、同じ名前(たとえば、「すべての訪問者」のようにGoogleアカウントの共有リストがある場合)を共有する複数リストに対して一括で追加/編集する操作をサポートしていません。 これは、AdWordsで操作する必要があります。
  • 掲載先の絞り込みと入札単価では、キーワードおよびリターゲティングリストが一致したときのみGoogleで広告が表示されます。キーワードが一致すると(リマーケティングリストが一致したかどうかにかかわらず)広告が表示される入札単価のみとは異なります。「掲載先の絞り込みと入札単価」と「入札単価のみ」の比較についての詳細は、Googleのサポートを参照してください。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")