ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > How To Articles: Google > 商品グループを一括で作成および編集する方法

商品グループを一括で作成および編集する方法

概要

プラットフォームを使用して、Googleショッピングキャンペーンに商品グループを一括ですばやく簡単に追加または編集できます。短時間で多数のオブジェクトを追加できるため時間を節約できます。

商品グループをプラットフォームに同期する

商品グループをプラットフォームに同期するには、商品グループを含む広告グループまたはキャンペーンをプラットフォームに同期する必要があります。広告グループが1つの場合は、次のように操作します。

商品グループの形式要件

プラットフォームは、最下位レベルの商品グループでのみ同期します。これらの商品グループには子がなく、入札がない唯一の商品グループです。例としてGoogleでの以下の商品グループ階層を示します。


 

プラットフォームに同期する商品グループは「上限クリック単価」列に値がある商品グループです。この場合、以下の名前で4つの商品グループがプラットフォームと同期します。

「すべて」>「ブランド:kenmore」
「すべて」>「ブランド:maytag」>「条件:新規」
「すべて」>「ブランド:maytag」>「条件:その他すべて」
「すべて」>「ブランド:その他すべて」

この場合、「その他すべて」で終わる2つの商品グループは「一時停止」のステータスと同期して、「除外」入札ステータスを反映します。

既存の商品グループツリーをエクスポートする

既存の商品グループツリーをエクスポートするには、エクスポートする商品グループツリーを含む広告グループに移動します。次に「レポートをエクスポート」ボタンをクリックします。ツリー階層全体を確実にエクスポートするには、「クリック数がゼロのオブジェクトをエクスポート」ボックスをクリックしてから「レポートを生成」をクリックします。

完成したレポートはレポートセンターからダウンロードできます。

 

 

新しい広告グループに新しい商品グループツリーを作成する

ショッピングキャンペーン内での新しい広告グループの作成中に新しい商品グループツリーを作成できます。新しい広告グループは、商品グループの作成中に(次の例のように)暗黙的に作成することができ(暗黙的作成の記事を参照)、商品グループを追加する前に個別の手順で作成することもできます。

一括編集ページを表示するには、「商品」タブに移動します。

 

 

次に「関連タスク」の下にある「商品グループを一括で追加/編集」へのリンクをクリックします。
 

 

次に、ショッピングキャンペーンを編集するために、「Google」ラジオボタンをクリックします。(Bing商品ターゲットを編集するには、「Bing」ラジオボタンをクリックします。)

 

「ショッピング - アプライアンス」というショッピングキャンペーンがあり、広告グループと関連商品グループを作成する場合、次のバルクファイルをアップロードして、「Google_Shopping_Appliances」というアカウントにある「Appliances-Campaign」という既存のショッピングキャンペーンにある「Appliances-Group」に広告グループを暗黙的に作成できます。

アカウントキャンペーングループ商品グループ[ステータス] [検索入札] [リンク先URL]
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Maytag」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Kenmore」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:その他すべて」

注意:現在、プラットフォームに複数のレベルがある商品グループを作成することはできません。

既存の商品グループツリーに追加する

新しい商品グループがその同種と商品のディメンションが同じである(親商品グループが1つの商品ディメンションでのみ再分割できる)限り、既存のツリーに新しい商品グループを追加できます。

たとえば、既存の商品階層が次のような場合です。

「すべて」>「ブランド:Maytag
「すべて」>「ブランド:Kenmore」
「すべて」>「ブランド:その他すべて」

商品グループはその同種と商品ディメンションが同じである必要があるため、「すべて」>「ブランド:Electrolux」という名前の別の商品グループは追加できますが、「すべて」>「条件:新規」という名前の別の商品グループは追加できません。


アカウントキャンペーングループ商品グループ[ステータス] [検索入札] [リンク先URL]
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Maytagアクティブ0.54 {unescapedlpurl}」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Kenmoreアクティブ0.33{unescapedlpurl}」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:その他すべて一時停止」

 

「すべて」>「ブランド:Electrolux」を既存のツリーに追加するには、次のように、広告グループ「Appliances-Group」で商品グループをエクスポートし、新しい行を追加して再アップロードします。

アカウントキャンペーングループ商品グループ [ステータス] [検索入札] [リンク先URL]
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Maytagアクティブ0.54 {unescapedlpurl}」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Kenmoreアクティブ0.33{unescapedlpurl}」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:その他すべて一時停止」
Google_Shopping_Appliances Appliances-Campaign Appliances-Group「すべて」>「ブランド:Electroluxアクティブ0.98 {unescapedlpurl}」

商品グループを一括で作成するためのデフォルト値

以下に商品グループを一括作成するためのデフォルトの列の値を示します。

  • 入札単価:広告グループ入札単価
  • リンク先URL:{unescapedlpurl}
  • ステータス:アクティブ

商品グループを一括で編集する

既存の商品グループ(入札、ディメンション、URLなど)を編集するには、上記のアプローチに従います。商品グループツリー階層の変更が関係しない編集をしている場合、バルクシートの[商品グループID]列を使用する必要があります。プラットフォームから商品グループレポートを生成して[商品グループID]を取得できます。商品グループレポートには、自動的にこの列が含まれています。

入札から商品グループを除外する

商品グループのステータスを「アクティブ」から「一時停止」に変更すると、Googleでの入札から除外されます。同様に、ステータスを「一時停止」から「アクティブ」に変更すると、再度入札するようにGoogleに通知します。

注記

  • 一時停止された(入札から除外された)商品グループには入札がなく、URLもありません。
  • Marinで商品グループを再開すると、マルチ編集の再開により商品グループのURLの再構築が自動的にトリガされます。バルクシート経由で商品グループを再開しても商品グループのURLは自動的に再構築されません。バルクシートが商品グループを再開した後にマルチ編集から「URLを構築」を実行する必要があります。

重要事項

  • 現在、新しい商品グループは、広告グループの作成と同時にのみ一括で作成できます。 「すべての商品」がすでに再分割されている場合を除き、既存の広告グループに新しい商品グループを作成することはできません。

  • 「すべての商品」グループの名前は「すべての商品」または「すべて」で始まる必要があります。

  • デフォルトで有効になっている場合を除き、CSDからショッピングキャンペーンを有効にするようにリクエストする必要があります。

  • 商品グループIDは、商品グループグリッドからのエクスポートに常に含まれています。編集中に存在する場合、商品グループIDが使用され商品グループ名は無視されます。これは、PGIDと名前が一致しない場合、商品グループIDを使用することを意味します。

  • 子がない商品グループのみ商品ツリーに表示されます。

  • 商品グループツリーは、すべてのレベルで「その他すべて」値を取る必要があります。

  • 同じレベルの商品グループは同じ属性で分割する必要があります。

 

例:

「すべて」>「ブランド:Maytag」

「すべて」>「ブランド:Kenmore」

「すべて」>「ブランド:その他すべて」

は有効ですが、

「すべて」>「ブランド:Maytag」

「すべて」>「条件:新規」

「すべて」>「ブランド:その他すべて」

は失敗します。

用語集

  • 親商品グループ: 商品ディメンションにより子商品グループに再分割されている商品グループ

  • 子商品グループ: 別の商品グループ下に存在する商品グループはその子です

  • 同種商品グループ: 商品グループがすべて同じ親商品グループの子である場合、同種です。

  • 商品ディメンション: 商品グループの親を再分割している商品属性。「すべて」>「ブランド:Nike」の場合、「すべての商品」は「ブランド」で再分割されているため、「ブランド」が商品ディメンションです。「すべて」>「カスタム0:売上」の場合、「カスタム0」が商品ディメンションです。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")