ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Google > Troubleshooting Articles: Google > Googleキーワードの拒否と免除のリクエストに関するガイド

Googleキーワードの拒否と免除のリクエストに関するガイド

問題

新しいキーワードをプラットフォームに追加した後、以下のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

*Error: GOOGLE, pharma*

 
*Error: GOOGLE, alcohol*

拒否およびポリシーの詳細については、AdWordsポリシーセンターを参照してください。ポリシーセンターには、各ポリシー(商標、医薬品、編集、著作権、制限される/承認されない商品など)に分類される商品/サービスに関する説明があります。AdWordsポリシーセンターには、以下のリンクを使用してアクセスできます。

これらのエラーが発生する状況

Googleの編集部がキーワードテキストにポリシー違反の可能性があると判断したとき、そのキーワードは拒否されます。拒否されると、上記の例のようなエラーが表示されます。キーワードがAdWordsポリシーに違反していない確信がある場合は、免除を申請できます。Googleの担当者を通して免除を申請するか、または弊社のプラットフォームから免除のリクエストを送信できます。

プラットフォームから免除のリクエストを送信する方法

  1. 「キーワード」タブに移動します。
  2. 左側の「フィルター」で「Google」ボタンをクリックします。
  3. Googleの広告ポリシーに違反している可能性があるエラーが発生したキーワードをクリックします。
  4. 「キーワード設定を編集」画面を下にスクロールすると、入力形式の「ポリシー名」および「違反テキスト」テキストフィールドが表示されます。これらのフィールドを使用して、ポリシー名と違反している可能性があるテキストを送信します。入力する内容の詳細については、上記のリンクを参照してください。
  5. 「保存」をクリックします。自動的に「キーワード」グリッドに戻り、確認メッセージが表示されます。
  6. アクティビティーログを表示し、キーワードの編集に対して作成された新しいタスクを確認します。
  7. アクティビティーログのジョブをGoogleに送信すると、リクエストが送信されます。

キーワードのステータスが同期エラーでプラットフォームに存在しない場合は、プラットフォームからこれらのキーワードを削除し、Google Adwordsでキーワードを追加した後、アプリケーションで手動同期を実行してください。手動で同期するには、「データをパブリッシャーと同期する」で説明する手順に従ってください。

便利なリンク

 

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")