ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Marin Search > Yahoo! Japan > How To Articles: Yahoo! Japan > Yahoo! JapanサイトリンクURLビルダーに関するガイド

Yahoo! JapanサイトリンクURLビルダーに関するガイド

概要

サイトリンクは、最近人気が出てきた広告主のための広告拡張機能です。 そのため、弊社のプラットフォームでユーザーがサイトリンクのコンバージョンを追跡できるようにすることは必須でした。 サイトリンクURLビルダーを使うと、それらのコンバージョンの追跡が可能になります。

サイトリンクURLビルダーを使用すると、サイトリンクをトリガしたキーワードに遡ってコンバージョンを追跡できます。 このとき、{copy:xxx}パラメータを使用して、親クリエイティブのリンク先URL(つまり、サイトリンクの上に表示される広告)から、サイトリンクをトリガしたキーワードをコピーします。

この機能を有効にする前の重要事項

この機能を有効にする前に、以下の重要事項を考慮してください。

  • リダイレクトを使用する場合には、サポートされていないURL構造があります。 詳細については、「サイトリンクURLビルダーでサポートされているURL形式に関するガイド」を参照してください。

  • サイトリンクURL内にパラメータがすでにある場合、この機能によってそれらのパラメータが削除されることはありません したがって、パラメータを手動で削除した後、「保存」をクリックし、{copy:xxx}を使用してパラメータを追加し直します。

サイトリンクURLビルダーを有効にするには

サイトリンクURLビルダーは、以下の簡単な手順に従って有効にできます。

  1. 画面の右上にある「管理」リンクをクリックします。

  2. 「収益」サブタブまで移動します。

  3. 左側のメニューで「URLビルダー」をクリックします。

  4. 「全てのパブリッシャーに同じ設定を使用」チェックボックスをオンにした場合は、「パブリッシャー」ボックスと、その中に「サイトリンク設定」セクションが表示されます。 パブリッシャーごとに特定の設定を使用する場合は、「パブリッシャー」ボックスの「Google」タブ内または「Bing」タブ内に「サイトリンク設定」セクションが表示されます。 ここで、サイトリンクURLを構築するかどうかを指定できます。

新しいサイトリンクを追加するには

サイトリンクを作成するには、プラットフォームへの一括アップロードを使用します。 この詳細については、「サポートセンターの記事」を参照してください。

既存のサイトリンクにトラッキングを追加する方法

サイトリンクURLビルダーを始めて有効にするとき、既存のサイトリンクは更新または変更されません 新しく有効にしたURLビルダーの設定に基づいて既存のサイトリンクにトラッキングを追加するには、以下の手順で操作します。 または、「重要な情報」セクションの下にある下記のURLビルダーをトリガーするために、URLの末尾にフォワードスラッシュを付加して、サイトリンクのリンク先URLを変更することもできます。

  1. メインの「キャンペーン」タブに移動し、キャンペーンを選択します。

  2. 「広告拡張機能」サブタブに移動し、サイトリンクページを表示します。

  3. 「レポートを作成」ボタンをクリックします。 すると、すべてのサイトリンクがエクスポートされます。

  4. 次に、エクスポートした内容を「レポート」>「完了したレポート」からダウンロードします。

  5. レポートを開き、既存のトラッキングをすべて削除します。

  6. 余分なレポートヘッダー行、あるいは以下のリストに含まれていない列を削除します。

    • アカウント

    • キャンペーン

    • サイトリンクID

    • [リンクテキスト]

    • [クリックスルーURL]

    • リンク先URL

    • [開始日]

    • [終了日]

    • [優先デバイス]

    • [ステータス]

  7. 新しいバルクシートとして保存し、プラットフォームにアップロードし直します。

プラットフォームによるサイトリンクURL構築のしくみ

サイトリンクURLビルダーは、キーワードに対してコンバージョンを正しく追跡するために、トリガするキーワードを識別するための動的パラメータを含める必要があります。 その目的で、{copy:xxx}パラメータが使用されます。 サイトリンクURLに{copy:[パラメータ名]}が含まれていると、GoogleとBingの両方がこれを認識し、関連する詳細をサイトリンクのリンク先URLにコピーします。

サイトリンクURLビルダーが有効になっていれば、プラットフォームはURLビルダー設定での指定に従って、関連するパラメータの上にコピーします。

サイトリンクで自動修正を使う

自動修正は、追跡可能な他のオブジェクト(クリエイティブ、プレースメント、キーワードなど)と同じようにサイトリンクでも使えます。 質問がある場合や問題が発生した場合は、プラットフォーム担当者にご連絡ください。

このプラットフォームは、Bingサイトリンクの「自動修正」にはまだ対応していません。 上記の「既存のサイトリンクにトラッキングを追加する方法」セクションの手順に従って、手動でトラッキングを追加してください。

重要

  • 現在、プラットフォームはサイトリンクの「マルチ編集」に対応していません。 したがって、サイトリンクURLビルダーを使用するためには、前述した「単一編集/作成」または「一括編集」を使用する必要があります。

  • 一部のURL形式はサポートされていません。 詳細については、「サイトリンクURLビルダーでサポートされているURL形式に関するガイド」を参照してください。

  • サイトリンクリンク先URLにリダイレクトトラッキングパラメータを加えていない、またはクリックスルーURL(リダイレクト使用の場合)に相当する場合は、URLの末尾にスラッシュ「/」を追加するか一括編集します。 このスラッシュは編集の合図になり、足りないリダイレクトトラッキングパラメータがリンク先URLに追加されます。 この処理はアクティビティーログにジョブとして作成されます。 リンク先URLがサイトリンク用に正しく設定されていることを確認したら、パブリッシャーに投稿します。

  • Yahoo! Japanでサイトリンクが「承認待ち」ステータスである場合、プラットフォームで行ったサイトリンクの編集は、パブリッシャーと同期しません。 編集する前にサイトリンクが「承認済み」ステータスになっていることを確認してください。

  • リダイレクトを使用する場合で、「サイトリンクURLを構築」オプションをオフにしていると、サイトリンクの「広告拡張機能」ページに「クリックスルーURL」フィールドが表示されないことがあります(「URL」フィールドしかありません。これはサイトリンクURLを構築するように指定したアカウント設定がシステムで認識されていないことを表します)。 通常、この設定を指定し直すと簡単に解決します。以下の手順で操作します。

    • 「管理」>「収益」サブタブに移動し、左側のメニューの「URLビルダー」>「サイトリンク設定」に移動します。

    • 「サイトリンクURLを構築しない」をクリックし、「保存」をクリックします。

    • 「サイトリンクURLを構築」をクリックし、「保存」をクリックします。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")