ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

マリン大学

Home > ja-jp > Marin University > Release Notes > 2014年3月リリースノート:

2014年3月リリースノート:

自動化アクションによってコンテンツ重視のキーワード自動化を有効にする(Enterpriseのみ)

競争の激しい検索広告環境では、次第に分化する消費者の注目を集めるための継続的な努力により、コストが上昇し、収益の機会が失われています。広告主がマーケティングの高度化を進めるにつれて、デバイス、場所、および時刻を最適化しても、オンラインで収益を得るための競争に勝つには不十分です。消費者行動は、商品およびサービスの需要とともにさらに複雑になり、ブランドとの関わりは外部の環境要因によって異なります。

ディメンションを使用すると、広告主はアカウント構造に制約されずにキャンペーンオブジェクトにカスタム値でタグを付けることができます。マーケティング担当者はディメンションを使用して、キャンペーンオブジェクトにカスタムまたはリアルタイムの環境属性で動的にタグを付けることができます。複数のタグを使用すると、マーケティング担当者はキャンペーン、広告グループ、キーワード、およびクリエイティブに関連するコンテンツリッチプロファイルを作成できます。

ディメンションの柔軟性と自動ルールの機能を組み合わせることで、自動化アクションはプラットフォームの特許権取得済み入札アルゴリズムと合わせて検索マーケティング担当者に新たに加えられた機能を提供します。マーケティング担当者はディメンション上のカスタム条件に基づいてキーワード入札を自動的に調整できます。こうした調整によって毎日の入札単価計算が向上します。ディメンション値がカスタム属性またはリアルタイムのコンテンツデータ接続によって更新され、条件が満たされると、業務の成果を最大限にするために入札単価が自動的に増加または減少します。

注記:自動化アクションを有効にするには、顧客成功およびエンゲージメントマネージャーに問い合わせてください。

自動化アクションの詳細については、こちらをクリックしてください。

高度なエンハンスト・モデリングによって適切なビジネス決定を誘導する

ビジネス目標の変化による潜在的な影響を評価できないと、マーケティング効果が阻害されます。プラットフォームの予測ソリューションを使用すると、マーケティング担当者は入札目標の変化がボリューム、コスト、投資収益率、および利益に及ぼす影響に関する「what-if」シナリオを作成できます。正確な予測モデルを使用することで、マーケティング担当者はパブリッシャーと業種全体の予算割り当ての評価に重点を置き、パフォーマンスを最大化してファイナンシャル・ターゲットを達成できます。

洞察に満ちた予測モデルの作成は、キャンペーンのパフォーマンスの最大化に役立ちます。ただし、多数のロングテールのキーワードに依存する広告主は通常、データ点の制限により効果的または正確なモデルを作成できません。この課題に対処するために、プラットフォームの予測アルゴリズムでは「ボリュームが低い語句」をグループ化し、各キーワード集合のすべてのキーワードにデータ点を使用して予測モデルを作成します。この新しいプロセスにより、予測を使用できるフォルダーの数が増加し、すべてのフォルダーの予測モデルの精度が向上します。

注記:この機能はフォルダーレベルの予測にのみ影響し、入札単価の計算には影響しません。この機能は今後数週間の間にすべてのアカウントに展開される予定です。この機能をそれより前に有効にするには、顧客成功およびエンゲージメントマネージャーに問い合わせてください。

強化された予測モデリングの詳細については、こちらをクリックしてください。

新しいFacebookキャンペーン構成

弊社では、すべてのFacebook認定マーケティングデベロッパープラットフォームの必要条件である、Facebookの新しいキャンペーン構造に移行しました。弊社のFacebook広告顧客は、キャンペーン、広告セット、および広告管理レベルで構成される3つの階層型キャンペーン構造を使用することになります。キャンペーンと広告の間に新しい広告セットレベルが作成されています。広告セットは既存のキャンペーンの設定を継承していますが、新しいキャンペーンレベルは「目的」を含む新しい設定を備えています。既存の広告は移行の影響を受けていません。

新しいキャンペーン構造を使用することで、Facebook顧客はキャンペーンを簡単に整理および最適化できるようになり、キャンペーン管理、レポート、および最適化ワークフローが向上します。以前は、Facebook広告主はさまざまな閲覧者および目的をターゲットとする1つのアカウント内で数百または数千のキャンペーンを実施してきました。たとえば、広告主はファンの獲得に重点を置いたキャンペーン15%、モバイルまたはデスクトップ・アプリケーション・エンゲージメントの促進に重点を置いたキャンペーン20%、ROIを目的としたWebサイト獲得に重点を置いたキャンペーン65%を展開できます。高度な管理プラットフォームを持たない広告主が、さまざまな目的を持つ数百の対象閲覧者に対して数千のキャンペーンを管理するのは、混乱や問題を引き起こす可能性があります。

新しい「3つの階層型」キャンペーン分類を使用すると、Facebook広告主は適切な方法で同様のビジネス目標を対象とするキャンペーンを整理できるようになります。上の例を使用すると、マーケティング担当者は「投資収益率」目標を持つキャンペーンを参照し、(広告セットレベルで指定される)ベストパフォーマンスを促進する対象閲覧者を迅速に決定でききるようになります。マーケティング担当者が、特定の目的を持つ特定の閲覧者に最も深く響くクリエイティブのデザインまたはメッセージを知りたい場合は、広告セットにドリルダウンし、広告レベルパフォーマンスを分析します。

除外キーワードを一括削除して時間を節約する

マーケティング担当者は除外キーワードリストと関連性およびトラフィックへの影響を再評価する必要があるため、キーワードのパフォーマンスおよび検索広告の戦略は変化することがあります。残念なことに、複雑なアカウントの場合、除外キーワードを削除するのは時間がかかり、エラーが発生しやすくなります。マーケティング担当者の管理ワークフローを効率的にするために、プラットフォームでは除外キーワードの一括削除がサポートされるようになりました。ユーザーはキャンペーンおよび広告グループ全体で複数の除外キーワードを識別し、複数選択またはバルクシートを使用して削除できます。

除外キーワードの一括削除の詳細については、こちらをクリックしてください。

除外日ページの移動

入札および最適化設定を管理するためのワークフローを向上するために、クライアントレベルの除外日設定ページが「管理」>「収益から管理」>「最適化」に移動されました。

クライアントレベルの除外日の詳細については、こちらをクリックしてください。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")