ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

レポート作成

Home > ja-jp > Reports In Marin > Creating Reports and Alerts > How To Articles: Creating Reports and Alerts > レポートのチャートの使用に関するガイド

レポートのチャートの使用に関するガイド

概要

プラットフォームにはさまざまなチャートや視覚化のオプションが用意されています。以下に、これらのオプションについて説明します。

散布図とバブルチャート

散布図では2つのメトリックの関係を表示できます。一方、バブルチャートでは、重要なデータ点をよりわかりやすく示すために第3のメトリックを表示できます。

例1:バブルチャートを使用する方法の1つは、クリエイティブをCTR、コンバージョン率、およびクリック数別に視覚化することです。 このバブルチャートは、コンバージョン率が高くてCTRが低いキーワード(左上の象限)を識別するのに役立ちます。これらのキーワードの入札単価を上げ、掲載順位を高くする良い機会であることを示しています。 最も大きいバブル(中央の象限)は、CTRが高くてコンバージョン率が低いまたは平均であるキーワードを示します。 つまり、コンバージョン率を上げるために、リンク先ページのテストを実施する必要がある領域を把握するのに役立ちます。

Screen_shot_2012-03-27_at_12.40.21_PM.png

例2:このチャートでは、費用が高く(大きなバブル)、アシストは多いのにわずかなコンバージョンしか発生しないキーワードを簡単に見極めることができます。 これらのキーワードは影響力があるため、一時停止にはしません。

image003.png

 

例3:散布図を使用する一般的な方法の1つは、平均掲載順位とCTRとの関係を表示することです。以下のチャートを使用すると、平均掲載順位1〜2位で発生するCTRがより高いことが明確です。高いCTRは基本的にサイトトラフィックのボリュームが多いことを意味します。

Scatter.png

折れ線グラフ

折れ線グラフは傾向を確認するのに最適です。 折れ線グラフを使用して、クリックトラフィック、コンバージョン率、または収益の傾向を週別または月別に表示できます。

例1:過去30日間のデータを取得し、コンバージョン数に対してトラフィックが多い期間を迅速に探し出します。折れ線グラフを使用すると、トラフィックは多いのにコンバージョン率が低い領域に容易に注目できます。次に、顧客がサイトにアクセスしてからサイトトラフィックがコンバージョンにつながらない理由を詳しく調査して、対策を取ります。また、トラフィックとコンバージョン率がどちらも良好な領域に注目して、その期間を詳しく調査することも検討します。

line.png

例2:時間の経過に伴う投資およびコンバージョンのパフォーマンスを表示します。

line_2.png

円グラフ

円グラフはパフォーマンスの分布を表示するのに最適です。パブリッシャー別のパブリッシャーコストの詳細や、地域別、キャンペーン別、広告グループ別のコンバージョンまたはトラフィックの詳細を表示できます。

例1:地域別トラフィックの円グラフを作成してトラフィックの分布を確認することで、トラフィックの大部分が発生している場所をより効率的に把握できます。また、サイトトラフィックが最も少ない地域に注目し、投資を減らしたことが原因なのか、特定の国で単に自社ブランドの認知度が低いことが原因なのかを判断します。対策として、トラフィックが少ない国ではブランド用語以外の用語に投資することが考えられます。

注記:地域別のグラフを作成するためには、ディメンションを作成し、キャンペーンにジオディメンションを設定する必要があります。 ディメンションの詳細については、ヘルプの「FAQ ?ディメンション」を参照してください。

例2:すべてのパブリッシャーにおけるコスト、コンバージョン数、またはROIの分布を比較します。これは、最も利益の多いパブリッシャーと、広告費用を割り当てる領域を把握するのに役立ちます。

pie.png

ウェブクエリレポート

ウェブクエリは直近1ヵ月および直近1年のパフォーマンスレポートや予算のトラッキングに最適です。たとえば、直近1ヵ月のレポートを作成して毎日のパフォーマンスを表示し、費用とパフォーマンスが四半期の目標を達成する傾向にあることを確認します。この確認を行うには、パブリッシャー、キャンペーン、コスト、トラフィック、CTR、コンバージョン数、コンバージョン率(または事業に関連するその他のKPI)を含めたレポートを作成し、そのレポートを毎日または毎週実行するように設定します。

棒グラフ(手動で作成)

棒グラフは各地域のパフォーマンスを並べて表示するのに適しています。たとえば、棒グラフを使用してコスト、コンバージョン数、およびCPAを国別に比較できます。これにより、パフォーマンスが最高および最低の市場を把握できます。コストとCPAデータを表示する円グラフを作成すると、CPAを最も大きく改善できる領域に簡単に注目できるだけでなく、投資に対するパフォーマンスを監視できます。対策として、投資を最大化するために、パフォーマンスが低い領域の予算を削減することが考えられます。

カスタム列を含むチャートを追加する方法

既存のレポートのテンプレートを編集する場合は、カスタム列を含むチャートを追加することはできません。グリッドからチャートを直接追加してレポートを作成し、それを保存する必要があります。以下に例を示します。

  1. 「キャンペーン」タブへ移動します。
  2. 右上にある「ビュービルダー」をクリックします。
  3. レポートに含めるカスタム列とその他の列を取り込み、「保存」をクリックします。
  4. グリッドの上または下のチャートアイコンをクリックします。
  5. グラフで表示する列を選択します。
  6. 右上にある「レポートを作成」をクリックします。
  7. 「グラフとしての表示」を選択し、残りのオプションを完了して「保存」します。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")