ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

レポート作成

Home > ja-jp > Reports In Marin > Creating Reports and Alerts > Troubleshooting Articles: Creating Reports and Alerts > レポート処理の失敗を回避して処理時間を短縮する方法

レポート処理の失敗を回避して処理時間を短縮する方法

概要

レポートの処理に時間がかかるか、以下の場合は失敗することもあります。

  • レポート内に多数のオブジェクト(キーワード、クリエイティブなど)が存在する。 これにより、大量のデータ行を処理することになります。

  • 計算列およびカスタム列がレポートに含まれている。 各オブジェクトの値を再計算することになります。 カスタム列の定義に非標準のメトリック(特定のコンバージョンタイプまたはその他のカスタム列)が含まれていると、処理時間が増える場合があります。

  • メトリック列、ディメンション列、カスタム列に多数のフィルターがかけらている。 各フィルターの値を再計算することになり、処理時間が増えます。

  • 長い日付の範囲を選択し、データを1日ごとに表示する。 これにより、大量のデータ行を処理することになります。

  • レポート内に多数の列が存在する。 これにより、大量のデータ列を処理することになります。

上記のいずれかが該当する場合、このレポートの問題が発生します。これは予期される動作です。

処理エラーを回避する、または実行時間を短縮する方法

レポートの処理に時間がかかる場合は、実行しているレポートをキャンセルし、新しいレポートを実行します。大きなレポートを実行する際には、以下の手順でレポートの処理エラーを回避し、実行時間を短縮することができます。

  1. 必要な列のみをレポートに含めます。注記:20個を超える列をレポート含めないでください。不要な列はビュービルダーを用いて排除できます。
  2. 行数を減らします。レポートに必要のないアイテム(「キーワード」、「グループ」、「キャンペーン」など)をすべて除外するためのフィルターを使用します。
  3. 「レポートをメール送信」機能を使用します。レポートは、完了時または定期的に送信されます。
  4. 特定の条件(つまり、パブリッシャー)別にレポートをバッチ処理します。

重要事項

  • レポートにカスタム列を含める場合、カスタム列は標準のメトリックを基にしてください。 別のカスタム列に基づくカスタム列があると、処理に時間がかかります。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")