ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > Conversion Tracking > How To Articles: Conversion Tracking > サイトリンクコンバージョンを追跡する方法

サイトリンクコンバージョンを追跡する方法

概要

サイトリンクは便利な広告拡張機能(広告表示オプション)であり、テキスト広告の下にリンクを追加することができます。自然検索で表示されるリンクと同様に、ユーザーがサイトリンクをクリックすると、そのユーザーはウェブサイト内の深い階層のコンテンツに誘導されます。通常、サイトリンクはCTR、掲載順位、および品質スコアが平均値より高い広告の下にのみ表示されます。たとえば、ブランド用語やドメイン名を宣伝する広告などです。

サイトリンクを追加する方法

新しいGoogleサイトリンクをプラットフォームで追加するには、以下の手順で操作します。

  1. メインの「キャンペーン」タブに移動します。
  2. いずれかのキャンペーンをクリックします。
  3. 「広告拡張機能(広告表示オプション)」サブタブを選択します。
  4. 「表示」ドロップダウンメニューから「サイトリンク拡張機能」を選択します。
  5. このタブで、サイトリンクの名前リンクテキストリンク先URLを入力します。新しいサイトリンクまたは編集したサイトリンクを保存する前に、リンクテキストまたはURLのフィールドが空白でないことを確認してください。空白にすると、「>Error: For input string: ""」のエラーが発生します。

 

注記:

  • 現在のところ、プラットフォームはBaiduサイトリンクの管理をサポートしていません。以下で説明しているように、手動で編集したURLはBaiduのUIを通じて貼り付ける必要があります。
  • 「リンクテキスト」フィールドに指定できる文字数は最大25文字です。この文字数を超えると、次のエラーメッセージが表示されます。エラーが発生しました。後でもう一度お試しください。
  • プラットフォームにサイトリンクを同期するためには、サイトリンクのターゲットをすべてのデバイスにする必要があります。この設定を確認するには、AdWordsの「広告拡張機能(広告表示オプション)」タブに移動し、「サイトリンク表示オプション」を表示します。そして、表示オプションの表示場所を「すべてのデバイス」に設定します。

サイトリンクを削除する方法

セットから個々のサイトリンクを削除するには、以下の手順で操作します。

  • 「広告拡張機能」サブタブに移動します。
  • 「表示」ドロップダウンメニューから「サイトリンク拡張機能」を選択します。
  • 削除するサイトリンクの横にある「マイナス(-)」ボタンをクリックします。
注記:サイトリンク全体を削除する機能はプラットフォームではサポートされていません。そのため、サイトリンク全体を削除する場合は、パブリッシャーのインターフェイスから操作する必要があります。

サイトリンクのコンバージョントラッキングを設定する方法

注記:以下、プラットフォームでサイトリンクのコンバージョンを追跡するしくみについて説明します。 追跡を有効にする方法については、「サイトリンクURLビルダーに関するガイド」を参照してください。

プラットフォームのサイトリンクURLビルダー機能を使用すると、サイトリンクのコンバージョンをそのコンバージョンを発生させたキーワードに帰属させることができます。サイトリンクURLビルダーでは{copy:xxx} パラメータを使用します。このパラメータによって、サイトリンクの親広告のリンク先URLから静的なトラッキングパラメータ(つまり、トラッキング値)がコピーされ、動的にサイトリンクURLに挿入されます。

Sitelinks3.png

スクリーンショット:サイトリンクURLビルダー設定ページ

 

{copy:xxx}パラメータを使用すると、クリックを発生させた正確なキーワードは追跡できますが、クリックされたサイトリンクは把握できません。一部のURL形式はサイトリンクURLビルダーでサポートされていません。詳細については、「サイトリンクURLビルダーのサポートされているURL形式に関するガイド」を参照してください。

 

以下に、サイトリンクURLビルダーによって作成されるサイトリンクURLと、クリックされたときのURLの状態の例を示します。

元の(キーワード)URL:

 
変更されたサイトリンクURL:

 

最終的なサイトリンクURL(クリック時):

 
サイトリンクURLビルダーによるこの方法を使用する場合は、サイトリンクデータに関するキーワードレベルのレポートは作成できません。サイトリンクURLはそのサイトリンクをトリガしたキーワードからトラッキングをコピーするため、プラットフォームではコンバージョンがキーワードそのものとサイトリンクのどちらから発生したのかを検出できません。

パブリッシャートラッキングを使用している場合の注意

パブリッシャートラッキングの手法では、トラッキングパラメータが一切使用されません。つまり、{copy:xxx}パラメータで使用するパラメータがありません。この場合、パブリッシャートラッキングは自動的にコンバージョンをサイトリンク、およびサイトリンククリックに関連するキーワードに帰属させます。その際、{copy:xxx}パラメータは使用されません。パブリッシャートラッキングを有効にしている場合は、キーワードレベルのコンバージョンがプラットフォームに取り込まれます。

リダイレクトを使用する場合のサイトリンクコンバージョンの追跡

 

REDIRECTS.png

スクリーンショット:プラットフォームで作成されるリダイレクト用サイトリンクURLの例です。

サイトリンクURLビルダーはリダイレクトURLの作成時にも使用できますが、前述したとおり、一部のURL形式はサポートされていません。以下に、サイトリンクURLビルダーによって作成されるサイトリンクリダイレクトURLと、クリックされたときのURLの状態の例を示します。

元の(キーワード)URL:

 
変更されたサイトリンクURL:
 

最終的なサイトリンクURL(クリック時):

 
  • エンコードされたクリックスルーURL内のパラメータをコピーする必要がある場合、これらのパラメータはサイトリンクURLビルダー{copy:xxx}によって追加されません。これはエンコードされたURLからパラメータをコピーする操作、またはエンコードされたURLにパラメータをコピーする操作をGoogleがサポートしていないためです。
  • キーワードの場合と同様に、サイトリンクのリダイレクトを作成するときは、プラットフォームでサイトリンクのクリックスルーURLを入力する必要があります。その後、サイトリンクURLビルダーはそのURLを使用して、サイトリンクのリダイレクト用リンク先URLを作成します。

Bingサイトリンクのコンバージョンを追跡する

Bingサイトリンクのコンバージョンは、上記のプロセスとほぼ同じ方法で追跡できます。また、{copy:xxx}パラメータも同様に使用できます。プラットフォームはBingサイトリンクに完全に対応しており、前述したプロセスに従います。

以下の動的パラメータはBingによってサイトリンクURLに自動的に挿入されます。

  • QueryString:ユーザーが検索したテキスト文字列。
  • MatchType:広告の表示につながったマッチタイプ(完全、フレーズ、または部分)。
  • AdID:クリックされた広告のID番号。

ただし、トラッキングの精度を上げるには、{copy:xxx}パラメータのみの使用が推奨されています。

Baiduサイトリンクのコンバージョンを追跡する(プレースホルダを使用する従来の方法)

BaiduではGoogleおよびBingのような{copy:xxx}の機能が提供されないため、Baiduのサイトリンクのコンバージョンを追跡するには少し異なるアプローチが必要です。

注記:以下の方法はBaidu以外のパブリッシャーで使用しないでください

サイトリンクのコンバージョンを個々のサイトリンクに帰属させるには、以下の手順で操作します。

  1. 「広告拡張機能」という名前で新しいキャンペーンを作成し、そのキャンペーン内に「サイトリンク」という名前で新しい広告グループを作成します。作成したキャンペーンと広告グループは、どちらもステータスを「一時停止」にします。
  2. 追跡したいサイトリンクごとに、この広告グループにキーワードを1つアップロードします。これらのキーワードは、プラットフォームで使用していないキーワードにしてください。例:「サイトリンク1」、「サイトリンク2」など。これらのキーワードのステータスも「一時停止」に設定します。
  3. ステータスが一時停止のこれらの変更をパブリッシャーに投稿します。
  4. これらの「プレースホルダ」キーワードがパブリッシャーに投稿されたら、プラットフォームで広告グループの詳細を表示し、各キーワードの新しいリンク先URLをコピーします。次に、各URLで{creative}SITELINKに置き換え、{mediatype}パラメータをURLから削除します。
  5. 編集したこのURLを、パブリッシャーで見られる実際のBaiduサイトリンクのリンク先URL内にコピーします。この操作をすべてのプレースホルダキーワード/サイトリンクに対して行います。これで、サイトリンクから発生したコンバージョンは、プレースホルダキーワードで報告されるようになります。

Yahoo!サイトリンク/Yahoo! RAIS/Yahoo!プレミアムプレースメントのコンバージョンを追跡する

Yahoo!サイトリンクのコンバージョンは、上記のBaiduの方法と同様に、リンクごとに追跡できます。クリエイティブパラメータを変更するだけでなく、すべての動的パラメータ({ }を使用するすべてのパラメータ)を削除する必要があります。

以下、例を挙げて必要な手順について説明します。

  1. エンジンにアップロードした次のリンク先URLを使用してプレースホルダキーワードを作成します:https://website.com/?mkwid={YSMMTC:s...C:std:adv:cnt}
  2. {YSMADID}クリエイティブパラメータを「SITELINK」という単語に置きえます。
  3. {YSMMTC}マッチタイプパラメータと、他のYahoo!動的パラメータを削除します。この手順を完了すると、最終的なURLは次のようになります:https://website.com/?mkwid=123456&pcrid=SITELINK
  4. 編集したこのURLをYahooサイトリンクのリンク先URLに挿入します。
  5. 個々のリンクに対して、この操作を繰り返します。

Yahoo! Japanサイトリンクのコンバージョンを追跡する

現在、プラットフォームではYahoo! JAPAN用のサイトリンクを管理する機能がありません。しかし、サイトリンクのコンバージョンは、トリガされたキーワードに帰属される場合があります。

Yahoo! Japanサイトリンクのコンバージョンを追跡するには、ページ上部のGoogleの手順に従ってください。{copy:xxx}パラメータを使用します。

{copy:xxx}パラメータの入力内容が正しいことを確認する方法

サイトリンクのトラッキングが機能しているかどうかを確認する正式な方法はありませんが、{copy:xxx}パラメータが正しく入力されているかどうかを確認できます。確認するには、以下の手順で操作します。

  1. GoogleまたはBingで、対象となるいずれかのキーワードを検索します。
  2. 自分の広告とサイトリンクが表示されたら、広告およびサイトリンクの両方のURLをコピーします。コピーするには、各リンクを右クリックし、「リンクアドレスをコピー」または同様のオプションを選択します。
  3. 各URLのmkwidの値を比較します。両者の値が同じ場合、{copy:xxx}パラメータは正しく機能しています。
Sitelinks4.png
>スクリーンショット:ライブサイトリンクの{copy}パラメータを確認する

重要事項

  • 現在、「キャンペーン」タブでサイトリンクを含むキャンペーンを自動的に区別したり、それらのキャンペーンに関するレポートを作成したりすることはできません

    これらのキャンペーンにサイトリンクキャンペーンとして見分けのつく名前(「サイトリンクキャンペーン1」など)を付けていない場合は、対処法としてディメンションを使ってこれらのキャンペーンにタグを付けます。タグを付けたら、そのディメンションでフィルターし、該当するキャンペーンに関するレポートを取得できます。ディメンションを使用してレポートを作成する方法の詳細については、ヘルプを参照してください。
  • リンク先ページをテストするときは{copy:xxx}パラメータを使用しないでください。このパラメータは、訪問者がパブリッシャーの広告でクリックする実際のURLで解析されるためです。使用すると、存在しないページに誘導される可能性があります(または404エラーページが表示されます)。

  • {copy:xxx}を使用して、グループレベルのサイトリンクのコンバージョンを追跡し、そのコンバージョンをキーワードに帰属させることができます。現在、プラットフォームではグループレベルのサイトリンクのURLは自動生成されませんが、手動で指定することはできます。
  • {copy:xxx}を使用して、グループレベルのサイトリンクのコンバージョンを追跡し、そのコンバージョンをキーワードに帰属させることもできます。現在、プラットフォームではグループレベルのサイトリンクのURLは自動生成されませんが、手動で指定することはできます。
  • プレースホルダのURLをコピーして貼り付けることは避けてください。URLがエンコードされ、値を追跡する一部のパラメータが機能しなくなります。そうなると、サイトリンクのトラッキングができなくなります。
  • サイトリンクのパフォーマンスは、そのサイトリンクに貢献した帰属キーワード、グループ、またはキャンペーンの情報を報告することで測定できます。サイトリンクはキーワードから一意のIDをコピーします。そのため、プラットフォームで個々のサイトリンクに関する情報を報告することはできません。サイトリンクによって生成されるトラフィックは直接その親キーワードに帰属します。
  • 現在のところ、APIの制限により、プラットフォーム内にサイトリンクのパフォーマンスを表示することはできません。このサポートは今後のリリースで追加される予定です。
  • URLに{copy:xxx}パラメータが含まれていない既存のサイトリンクに関しては、変更が認識され、URLビルダーによるトラッキングの追加がトリガされるよう、URLに変更を加える必要があります。 URLを変更する方法は、アップロードする際にURLの末尾にスラッシュ「/」を追加するだけです。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")