ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > Revenue Integrations > How To Articles: Revenue Integrations > トラッカーを使用してコンバージョンウィンドウを理解する

トラッカーを使用してコンバージョンウィンドウを理解する

概要

トラッカーを使用しているクライアントは、データベースにコンバージョンウィンドウを設定しています。クライアントのデフォルトのコンバージョンウィンドウは30日です。

プラットフォームでは、トラッカー収益ファイルを作成する場合や帰属するコンバージョンを決定する場合にコンバージョンウィンドウを使用します。コンバージョンウィンドウは、帰属可能なクリックを見つけるためにルックバックする最大日数をアプリケーションに伝えるものです。アプリケーションがコンバージョンウィンドウ内に帰属可能なクリックを見つけられない場合、コンバージョンは帰属されません。

コンバージョンウィンドウの例

たとえば、クライアントのコンバージョンウィンドウが30日で、ユーザー2人のアクションが以下のような場合:

ユーザーA:

日付 アクション
2011/11/05

検索広告クリック

2011/11/20

コンバージョン

ユーザーB:

日付 アクション
2011/10/15

検索広告クリック

2011/11/01

自然検索クリック

2011/11/20

コンバージョン

  • ユーザーAのコンバージョンは、2011年11月5日に発生した「検索広告クリック」に帰属されます。
  • 2011年10月15日の「検索広告クリック」はコンバージョンウィンドウから外れているため、ユーザーBのコンバージョンは帰属されません。

補注

コンバージョンウィンドウは延長することもできますが、「トラッカー収益」ファイルの処理が遅くなる可能性があるためにお勧めしません。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")