ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > Tracking IDs & Parameters > How To Articles: Tracking IDs & Parameters > {ifmobile}および{ifnotmobile} ValueTrackパラメータ

{ifmobile}および{ifnotmobile} ValueTrackパラメータ

概要

GoogleおよびBingのエンハンストキャンペーンおよびYahoo! Japanのユニファイドキャンペーンのリリースに伴い、広告主がデバイス間のキャンペーンを管理しやすいように、新しいValueTrackパラメータ({ifmobile}および{ifnotmobile})が利用できるようになりました。これらのパラメータを使用すると、ユーザーがモバイルデバイスで広告をクリックしたかどうかに応じて、異なるリンク先ページをそれらのユーザーに送信できます。

{ifmobile}および{ifnotmobile}パラメータのしくみ

以下、これらのパラメータを実際に使う例を紹介します。


モバイルデバイスでこのURLの広告をクリックしたユーザーはhttp://m.example.comに送られ、タブレットまたはデスクトップコンピューターでクリックしたユーザーはhttp://www.example.comに送られます。

プラットフォームで{ifmobile}および{ifnotmobile}パラメータを使用する

これらのパラメータの初期のサポートは、2013年5月10日のリリースでプラットフォームに追加されました。現在、ユーザーはこれらのパラメータを含むリンク先URL(リダイレクトを使用する場合はクリックスルーURL)を作成し、これらのURLをパブリッシャーに送信することができます。

2013年5月の時点で、{ifmobile}/{ifnotmobile}パラメータを含むURLは、URLビルダーおよび自動修正からも実行できるようになりました。このサポートでは、以下の事項に注意してください。

  • パラメータは、「リンク先URL」(非リダイレクトの場合)と「クリックスルーURL」(リダイレクトの場合)の両方の末尾に追加されます。
  • {ifmobile}または{ifnotmobile}の表現内に「?」または「&」が含まれているとURL Builderは実行されません。これは、間違った区切り文字や反復パラメータの使用を避けるためです。

URLビルダーが実行される例:

  • http://{ifmobile:m.}{ifnotmobile:www.}example.com
  • http://{ifmobile:m.mobilesite.com}{ifnotmobile:www.desktopsite.com}

 

URLビルダーが実行されない例:

  • http://{ifmobile:m.mobilesite.com/?mobile=true}{ifnotmobile:www.desktopsite.com}
  • http://{ifnotmobile:mysite.com/home/?src=desktop}{ifmobile:m.example.com/?src=mob&id=2}

 

必要なパラメータは、クエリ文字列を含むクリックスルーURLの末尾に追加されませんが、弊社ではそれでもベースリダイレクトの中にこれらのクリックスルーURLをラップし、クリックスルーURLを適切にエンコードします。

弊社では、{ifmobile}/{ifnotmobile}表現内に含めるテキストをできるだけ少なくすることを推奨しています。メインURL内で、共通のテキストはパラメータの外側に配置します。以下に良い例と悪い例を示します。

  • 良い:http://{ifmobile:m.}{ifnotmobile:www.}example.com
  • 悪い:http://{ifmobile:m.example.com}{ifnotmobile:www.example.com}

パラメータを使ったURL構築の例

以下、いくつかの基本的な例を用いて、プラットフォームのURLビルダーが{ifmobile}/{ifnotmobile}URLをどのように使用するかを見ていきましょう。

例1:非リダイレクト

  • URLビルダー設定:mkwid=[uniq_id]&pcrid=[creative_id]&pkw=[keyword_text]&pmt=[matchtype]
  • 入力したURL:http://{ifmobile:m}{ifnotmobile:www}.example.com
  • 構築されたURL:http://{ifmobile:m}{ifnotmobile:www}.example.com?mkwid=abcd1234&pcrid={creative}&pkw={keyword}&pmt={matchtype}

例2:URLの途中にモバイルパラメータがある非リダイレクト

  • URLビルダー設定:mkwid=[uniq_id]&pcrid=[creative_id]&pkw=[keyword_text]&pmt=[matchtype]
  • 入力したURL:http://www.example.com{ifmobile:mobileView}{ifnotmobile:storeView}?exampleparam=10051
  • 構築されたURL:http://www.example.com{ifmobile:mobileView}{ifnotmobile:storeView}?exampleparam=10051&mkwid=abcd1234&pcrid={creative}&pkw={keyword}&pmt={matchtype}

例3:リダイレクト

  • URLビルダー設定 - 必須パラメータ:pub=[publisher]
  • URLビルダー設定?ベースリダイレクト:http://track.com/rd?mkwid=[uniq_id]&...k_through_url]
  • 入力したクリックスルーURL:http://{ifmobile:m.mobilesite.com/mob}{ifnotmobile:www.mysite.com/home}
  • 構築されたURL:http://track.com/rd?mkwid=abcd1234&pcrid={creative}&lp=http%3A%2F%2F{ifmobile:m.mobilesite.com%2Fmob}{ifnotmobile:www.mysite.com%2Fhome}%3Fpub=google

{ifmobile}表現内の特殊文字が、エンコードされたクリックスルーURL内で正しくエスケープされていることに注意してください。

例4:URLビルダー設定で{ifmobile}パラメータを使用する

  • URLビルダー設定:mkwid=[uniq_id]&mob={ifmobile:true}{ifnotmobile:false}
  • 入力したURL:http://{ifmobile:m.mobilesite.com}{ifnotmobile:www.desktopsite.com}
  • 構築されたURL:http://{ifmobile:m.mobilesite.com}{ifnotmobile:www.desktopsite.com}?mkwid=abcd1234&mob={ifmobile:true}{ifnotmobile:false}

{device} ValueTrackパラメータが正しく解決されていることを確認する方法

通常、ユーザーが検索を実行し、検索広告URLをクリックしたとき、Googleはユーザーが使用しているデバイスを認識し、そのデバイスに特有のURLだけを配置します。したがって、{ifmobile}{ifnotmobile} URLが正しく設定されていることを確認するためには、そのURLを手動で分解し、それらが本当にモバイルまたはモバイル以外のURLから来ているようにしてURLをロードする必要があります。

たとえば、次のURLの場合:

http://tracker.exampleone.com/rd?cid=test&mkwid={ifsearch:s}{ifcontent:c}test|d{device}&pcrid={creative}&pkw={keyword}&pmt={matchtype}&lp=http://{ifnotmobile:www.exampletwo.com}{ifmobile:m.exampletwo.com}

URLが予期した通りに機能していることを確認するには、URLを次のように更新します。

{ifmobile} URL

  • http://tracker.exampleone.com/rd?cid=test&mkwid={ifsearch:s}{ifcontent:c}test|d{device}&pcrid={creative}&pkw={keyword}&pmt={matchtype}&lp=http://m.exampletwo.com

{ifnotmobile} URL

  • http://tracker.exampleone.com/rd?cid=test&mkwid={ifsearch:s}{ifcontent:c}test|d{device}&pcrid={creative}&pkw={keyword}&pmt={matchtype}&lp=http://www.exampletwo.com

{ifmobile}{ifnotmobile}が含まれているURLをそのままの状態で解析する場合は、{ifmobile}{ifnotmobile}値が両方とも含まれているため、このURLは正しく解決されません。

重要事項

  • 現在Googleでは、クリエイティブレベルのURLに対し、{ifmobile}または {ifnotmobile}表現(例:http://{ifmobile:m.mobilesite.com}{ifnotmobile:www.desktopsite.com})内の完全なURLは受け入れられません。この形式はキーワードおよびプレースメントURLでは受け入れられますが、特に必要がない限り避けてください。
  • {ifmobile}パラメータは、URLビルダーの設定内や、クエリ文字列パラメータの値内で直接使用することも可能です。たとえば、モバイルのクリックに対してはtrue、モバイル以外のクリックに対してはfalseとなるmobileというパラメータが必要な場合には、以下のようにします。
    • http://{ifmobile:m.}{ifnotmobile:www.}example.com/?mobile={ifmobile:true}{ifnotmobile:false}
  • さらに、モバイルクリックとモバイル以外のクリックとで別のリダイレクトURLが必要な場合には、ベースリダイレクトURL{ifmobile}を使用することもできます。例:
  • モバイルクリックに対してセキュアプロトコル(https)を使用することやモバイル以外のクリックに対して非セキュアプロトコル(http)を使用すること(あるいはその逆)はできません。Googleとプラットフォームの両方で検証が行われ、{ifmobile}/{ifnotmobile}を含むすべてのURLが一意のプロトコルで始まっていることが確認されます。これは、「リンク先URL」および「クリックスルーURL」の両方にあてはまります。
  • {ifmobile}{ifnotmobile} ValueTrackパラメータがモバイルのトラフィックを分割するために使用されている場合は、モバイルのリンク先ページ/コンバージョンページでもトラッキングが正しく実装されていることを確認してください。そうしないと、追跡されるべきコンバージョンの数が少なくなる可能性があります。たとえば、プラットフォームトラッカーの場合は、モバイルページにピクセルが配備されていることを確認してください。
  • テストで使用する際の注意事項:プラットフォームでリンク先URLをクリックしたり、またはURLをブラウザにコピーして貼り付けても、{ifmobile}{ifnotmobile}リンク先ページは開きません。これらのパラメータは先にGoogleで(広告そのものがクリックされる時点で)解決される必要があるためです。必要であれば、テスト用にパラメータを手動で解決できます。たとえば、http://{ifmobile:m.}{ifnotmobile:www.}example.comhttp://m.example.comまたはhttp://www.example.comで解決されます。
  • URLビルダーでは、{ifmobile} / {ifnotmobile}URLにシャープ記号「#」を含めることはできません。 このようにする必要がある場合は、トラッキングを指定してURLを手動で追加する必要があります。

プラットフォームサポートの更新(2013年6月)

2013年6月の時点で、弊社は{ifmobile}/{ifnotmobile}パラメータに関するプラットフォームのサポートを以下のように更新しました。

  • 埋め込まれたクエリ文字列が原因でURLビルダーの実行が不可能なときに表示されるエラーメッセージが追加されました。
  • HTTP検証が改善され、これらのパラメータ表現内におけるHTTPが許可されなくなりました。
  • これらのパラメータに対するサイトリンクURLビルダーのサポートが追加されました。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")