ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > Tracking IDs & Parameters > How To Articles: Tracking IDs & Parameters > トラッキングIDに関するステップバイステップガイド

トラッキングIDに関するステップバイステップガイド

概要

パラメータ解析機能を正しく設定することは重要です。なぜなら、これらの設定により、アプリケーションがURL内のトラッキングIDを見つけられるようになるからです。アプリケーションでコンバージョンを正しく帰属させるためには、適切なトラッキングIDを見つけなければなりません。解析機能が設定されていない場合、または開始/停止シーケンスが正しく設定されていない場合は、トラッカー収益アップロードファイルでエラーが発生します。

トラッキングIDを設定する手順

「管理」>「収益設定」>「トラッキングID」

 

1. アカウントからリンク先URLをコピーし、「URLを試す」フィールドに貼り付けます。
1.JPG

 

2.「トラッキングID」タブにより、URL内にある一意のトラッキングIDの位置がアプリケーションに伝えられます。下の例では、一意のトラッキングIDが「mkwid=」の後、「&」の前にあります。この設定では「=」を入力する必要はありません。「mkwid」を入力することにより、アプリケーションによる検索が開始され、「&」を入力することにより、トラッキングIDの検索が停止されます。
2.JPG

 

3.「{Keyword}パラメータ」タブで、アプリケーションにキーワードの検索開始/停止場所を伝えるための値を入力します。以下のURLでは、開始値が「pkw」であり、終了値が「&」です。
3.JPG

 

4.「{Creative}パラメータ」タブで、アプリケーションにパブリッシャークリエイティブIDの検索開始/停止場所を伝えるための値を入力します。以下のURLでは、開始値が「pcrid」であり、終了値が「&」です。
4.JPG

 

5.「{MatchType}パラメータ」タブで、アプリケーションにマッチタイプの検索開始/停止場所を伝えるための値を入力します。以下のURLでは、開始値が「pmt」であり、終了値が「&」です。
5.JPG

 

6. パラメータ解析機能を設定したら、URLをテストして、アプリケーションが一意のトラッキングIDおよびクリエイティブIDを見つけられることを確認します(クリエイティブIDは、広告が提供されるときにパブリッシャーによって動的に挿入されます)。そのため、テスト目的では「{creative}」が返されます。
6.JPG

 

7. アプリケーションがトラッキングIDおよびクリエイティブIDを見つけられることを確認したら、設定を保存します。

 

ベストプラクティス

•クリエイティブレベルのトラッキングを使用する場合は、コンバージョンをキーワードレベルで帰属させるために、リンク先URLに{Keyword}および{MatchType}パラメータを含めるようにします。
•URL間で一貫したトラッキング値を使用するようにします。たとえば、「mt」を使用してアプリケーションにマッチタイプの検索場所を伝える場合は、すべてのURLで「mt={matchtype}」を使用します。URL間で異なるパラメータを使用する必要がある場合は(例:「mt={matchtype}」と「pmt={matchtype}」)、複数の{MatchType}パラメータを指定します。

7.JPG

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")