ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > URLs & URL Builder > How To Articles: URLs & URL Builder > 「リンク先URL」列と「クリックスルーURL」列との違い

「リンク先URL」列と「クリックスルーURL」列との違い

概要

プラットフォーム内では、キーワード、クリエイティブ、およびプレースメントURLのアップロードに使用する列が2つあります。「リンク先URL」列と「クリックスルーURL」列です。どちらの列を使用するかは、URLビルダーの設定によって異なります。

URLビルダーのしくみ

URLビルダーは、プラットフォームのトラッキングパラメータおよび必要なその他のトラッキングパラメータをキーワード、クリエイティブ、プレースメントURLに適用するツールです。

URLビルダーでは、トラッキング方法に応じて、キーワード、クリエイティブ、またはプレースメントをアップロードするときにURLの末尾にトラッキングパラメータが追加されるか、またはトラッキングプロバイダーへのリダイレクトがURLの前に挿入されます。

使用するオプションによってURLをアップロードする方法が異なるため、どちらのオプションを使用しているのかを把握しておく必要があります。この設定を確認するには、以下の手順で操作します。

  1. 右上にある「管理」リンクをクリックします。
  2. 「収益」サブタブを選択します。
  3. 左側のメニューで「URLビルダー」をクリックします。

URLビルダーを使用しないアカウント

URLビルダーで「キーワードレベルのURLを作成しない」ラジオボタンがオンになっている場合、URLビルダーはアクティブではありません。

not_using_url_builder.png

この設定になっているアカウントでは、「リンク先URL」列を使用してURLをアップロードします。

標準URLを作成するように設定したアカウント

URLビルダーで「リダイレクトURLを作成」がオフになっている場合は、標準URLを作成するように設定されています。


standard_URLs.png

この設定になっているアカウントでは、「リンク先URL」列を使用してURLをアップロードします。

リダイレクトURLを作成するように設定したアカウント

URLビルダーで「リダイレクトURLを作成」がオンになっている場合は、リダイレクトURLを作成するように設定されています。


redirects.png

この設定になっているアカウントでは、「クリックスルーURL」列を使用してURLをアップロードします。

注記:

  • 正しくない列を使用すると、アップロードに失敗します。 また、両方の列を使用した場合もアップロードに失敗します。 そのため、URLをアップロードする前に、いずれかの列だけを使用していること、かつそれが正しい列であることを確認してください。
  • 警告:「リンク先URL」列を含めるとき、値が空白の場合はリンク先URLが削除されます。

URLの列に関する重要な情報

URLビルダーを使用してリダイレクトURLを作成する場合、「リンク先URL」列をアップロードする必要はありません。この処理はプラットフォームによって実行されます。両方の列をアップロードしようとすると、次のエラーが発生します。

 

Can not modify both click through URL and destination URL

 

このエラーが発生した場合は、アップロードから「リンク先URL」列を削除すると問題は解消されます。

FAQ

クリックスルーURLにトラッキングパラメータが含まれていることがあるのはなぜですか?

この問題には2つの原因が考えられます。

  • トラッキングパラメータをクリックスルーURLにアップロードし、URLビルダーの必須パラメータボックスにトラッキングパラメータが含まれている。

  • リダイレクト使用時に、完全なリンク先URLクリックスルーURL列にアップロードした。 これを修正するには、基本となるリンク先ページのクリックスルーURLを再アップロードします。

クリックスルーURLが空白なのにグリッドにURLが表示されることがあるのはなぜですか?

通常、この問題はクリックスルーURLが空白であり、クリックスルーURLリンク先URLのデータがコピーされた場合に発生します。

クリックスルーURLを一括アップロードしたのに、アプリケーションによってリンク先URLが再作成されませんでした。なぜですか?

「リンク先URL」フィールドを空白にしてファイルをアップロードすると、この問題が発生します。ファイルには「クリックスルーURL」フィールドのみを含め、「リンク先URL」フィールドは含めないでください。アップロードファイル内の同じクリックスルーURLに対する変更がプラットフォームで受け入れられない場合は、そのURLをわずかに変更(追加する、末尾を変更するなど)してから、もう一度試してみてください。それでも成功しない場合は、全体的に別のURLをアップロードしてから、元のURLをアップロードし直します(この操作により、プラットフォームが変更を受け入れるように強制します)。

重要事項

  • リダイレクトを使用していて、システム内にすでに存在している同一のクリックスルーURLをアップロードすると、そのURLは無視されます。 つまり、URLは再作成されません。
  • クリックスルーURLをトラッキングパラメータ(mkwidなど)を使ってURLビルダーで追加する場合は、クリックスルーURLを更新するときにこれらのパラメータを含めないでください。 含めた場合、これらのパラメータはURLビルダーで無視されるため、更新されません。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")