ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > URLs & URL Builder > Troubleshooting Articles: URLs & URL Builder > "Property DestinationURL is Not Valid"

"Property DestinationURL is Not Valid"

問題

バルクシートを使用して新しいキーワードまたはクリエイティブをアップロードするとき、次のエラーが発生することがあります。

Property destinationUrl is not valid.The following constraint violations were detected

問題の原因

通常、この問題は「リンク先URL」フィールドに指定した値の形式が正しくない場合に発生します。通常、このエラーが発生するのはhttp:// が該当するフィールドのURL先頭にない場合です。

また、この問題はバルクシートから「リンク先URL」フィールドを完全に除外した場合にも発生します。キーワードレベルのURLを使用しない場合でも、この列ヘッダーは含める必要があります。ただし、列の値は空白にしておきます。

問題の修正方法

この問題を解決するには、http://を リンク先URLに追加します。操作手順は設定によって異なります。

URLビルダーでリンク先URLを作成するように設定している場合は、以下の手順でURLを自動的に修正します。

  1. 「クリエイティブ」タブに移動し、ビュービルダーを使用して、「アカウント」列、「キャンペーン」列、「グループ」列、「リンク先URL」列、「クリックスルーURL」列を追加します。
  2. グリッドの列の上にある「フィルター」アイコンをクリックし、「http://」を含まないリンク先URLを表示するようにフィルターします。
  3. 1回限りのレポートを作成します。
  4. レポートをダウンロードし、「リンク先URL」列を削除してから、再度アップロードします。

URLビルダーでクリックスルーURLを作成するように設定している場合:

  1. 上記の手順で操作します。ただし、「リンク先URL」列の代わりに「クリックスルーURL」列を含めます。

URLビルダーでURLを作成するように設定していない場合:

  1. 上記の手順1〜3を実行します。
  2. レポートをMicrosoft Excelにダウンロードし、該当するURLの前に「http://」を手動で追加します。
  3. レポートをアップロードし直します。

重要事項

  • 新しいキーワードを作成するときに「リンク先URL」列は必須です。これはクリエイティブレベルのリンク先URLを使用する場合にも該当します。その際は、この列を空白にします。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")