ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。

収益とコンバージョントラッキング

Home > ja-jp > Revenue and Conversion Tracking > URLs & URL Builder > Troubleshooting Articles: URLs & URL Builder > Googleアナリティクスとプラットフォーム間での合計コンバージョン数の不一致(自動タグ設定が有効)

Googleアナリティクスとプラットフォーム間での合計コンバージョン数の不一致(自動タグ設定が有効)

問題

注記:この記事は、自動タグ設定を有効にしてGoogleアナリティクス収益統合を使用しているユーザーを対象としています。 自動タグ設定を無効にしてGoogleアナリティクス収益統合を使用している場合は、ヘルプの「Googleアナリティクスとプラットフォーム間での合計コンバージョン数の不一致(自動タグ設定が無効)」を参照してください。

Googleアナリティクスとプラットフォームに表示されるコンバージョン数を比較したときに、数値が一致しておらず、プラットフォームで何らかのデータが考慮されていない、あるいは間違った数値が表示されているように見えることがあります。

問題の原因

通常、この問題はデータを正しく比較していない場合に発生します。つまり、どちらのデータセットも正確ですが、表示されている数値には異なる条件が適用されています。

自動タグ設定を有効にしてGoogleアナリティクス収益統合を使用している場合は、(Googleアナリティクスのgclidトラッキングパラメータを使用して)Googleアナリティクスで追跡された検索広告コンバージョンデータが表示されます。

自動タグ設定が有効になったGoogleアナリティクスとプラットフォームでコンバージョンデータを比較する際には、Googleアナリティクス内で「検索広告トラフィック」に対するアドバンスフィルターを適用します。

Googleアナリティクスでこのフィルターを適用するには、以下の手順で操作します。

  • グリッドの上部にある「アドバンスセグメント」(下矢印の記号)をクリックします。
  • 「有料検索トラフィック」フィルターを選択し、「適用」をクリックします。
Googleアナリティクスでは、追跡したすべてのデータ(直接訪問、自然検索、有料検索など)が報告されます。したがって、Googleアナリティクスとプラットフォーム間でコンバージョンデータを比較する際には、必ずGoogleアナリティクス内で「有料検索トラフィック」のアドバンスフィルターを適用する必要があります。

このフィルターを適用しても、以下に挙げるような制限のため、自動タグ設定を有効にしたGoogleアナリティクスとプラットフォームのコンバージョン数は一致しないことが予想されます。
  • 個々のプレースメント帰属性がない(Googleディスプレイネットワークで広告を出した場合にのみ関連)
  • 個々の広告拡張機能(広告表示オプション)帰属性がない。帰属性はパブリッシャーID(キーワード、マッチタイプ、クリエイティブID)に対してのみ存在し、サイトリンクなどの個々の広告拡張機能(広告表示オプション)に対するレポート機能はありません。
  • 個々の商品ターゲティング帰属性がない。帰属性はパブリッシャーID(クリエイティブID)に対してのみ存在するため、個々の商品ターゲットに対するレポート機能はありません。

問題の修正方法

これは予期された動作であり、修正する必要はありません。

上記の方法で問題が解消されない、またはご質問がある場合は、サポートサービスチームで調査いたしますので、お問い合わせください。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")