ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Account Activation, Linking & Settings > How To Articles: Account Activation, Linking & Settings > Channel Connectの使用に関するガイド

Channel Connectの使用に関するガイド

Channel Connectとは

Channel Connectを使用すると、弊社のAPI統合の対象ではない任意のパブリッシャーのアカウントを作成できます。たとえば、Ask.com、Yandexなどです。この機能により、弊社のプラットフォームがワンストップ型のダッシュボードとなり、自社のマーケティングポートフォリオ全体のパフォーマンスを確認できるようになります。プラットフォームインターフェイス、メール、またはFTPを通じてコストや収益のデータをアップロードした後、そのデータを使用して統合化したレポートを作成したり、入力単価の最適化を行ったりできます。

Channel Connectにアクセスする方法

Channel Connectパブリッシャークライアントアカウントを追加するには:

  1. 「チャンネル」タブに移動します。
  2. グリッドの上の「アカウントの管理」をクリックして、リンクウィザードを起動します。
  3. 「パブリッシャーアカウントを追加」をクリックします。
  4. 「パブリッシャーを選択」で「その他」をクリックし、「アカウントのリンクを開始」をクリックします。
  5. 「パブリッシャーのアカウント設定を編集」画面で、「ニックネーム」、「チャンネル」、「パブリッシャー名」、「通貨」を追加します。必要に応じて、カスタムディメンションも追加できます。
  6. このパブリッシャーがID列(キャンペーンID、グループID、キーワードID)を表示する場合は、「拡張IDを使用」オプションを選択します。注記: このオプションは、いったんアカウントに設定されると変更できません。
  7. 「保存」をクリックして新しいパブリッシャーアカウントを保存します。

Channel Connectのコストデータをアップロードする方法

プラットフォーム、メール、またはFTPを通じて新しいチャンネルのコストデータをアップロードできます。プラットフォームを通じてこのデータをアップロードするには、以下の手順で操作します。

  1. メインの「チャンネル」タブに移動し、左下にある「コストをアップロード」リンクをクリックします。
  2. 関連する「パブリッシャーアカウント」を選択します。
  3. ページに指定されている形式の1つでコストファイルをアップロードします。コストアップロードに含める必要のある特定のフィールドについては、以下の説明を参照してください。
このコストファイルは、プラットフォームがキャンペーン構造を作成するのに使用されます。これにより、このチャンネルのコストと収益のデータがグリッドでの分析やレポート作成に利用されるようになります。
 
弊社では、アプリケーションにおけるデータの正確性を検証するために、過去3日間のコストデータを毎日アップロードするようお客様にお願いしています。レポートには、過去3日間でインプレッションを1つ以上受け取ったすべてのオブジェクトが含まれます。特定のアカウントに対し、前日データが見つからなかった場合は、警告メッセージが表示されます。

Channel Connectの収益を帰属させる

Channel Connectキーワードおよびクリエイティブの収益を帰属させるために、弊社ではChannel Connect用のURLビルダーを有効にすることを推奨しています。これにより、以下のことが可能になります。

  1. ユニバーサルチャンネルキーワードに対して収益をアップロードできます。
  2. 収益の帰属性を向上させるためにパブリッシャー側で使用できる、一連のキーワードおよびクリエイティブレベルのURLを取得することができます。この機能を設定すると、Channel Connectのリンク先URLに一意のトラッキングIDが付加されているかどうかを、プラットフォームが確認できるようになります。そうすれば、確実に収益が正しいキーワードに帰属するようになります。次のセクションでは、この機能を有効にする方法について説明します。

注記:URLビルダーを使用しない場合、コストファイルに収益データを含めるときは、収益およびコンバージョンデータを取得するオプションをアカウントの「チャンネル」設定ページで有効にしておく必要があります。

Channel Connect用のURLビルダーを設定する方法

Channel Connect用のURLビルダーは以下の手順に従って有効にできます。

  1. 「管理」リンクをクリックします。
  2. 「収益」サブタブをクリックします。
  3. 左側のメニューで「URLビルダー」を選択します。
  4. 「全てのパブリッシャーに同じ設定を使用」チェックボックスがオフになっていることを確認し、「その他」タブを開きます。
  5. 必要なトラッキングパラメータを追加します。
  6. クリエイティブURLを構築する場合は、「アドバンスト設定」の下の「クリエイティブ」チェックボックスをオンにします。

 

Channel Connect用のURLビルダーを有効にすると、コストアップロードが実行されるたびにURLが自動修正されます。キーワードURLが提供されている場合は、それらのURLに対して自動修正が実行されます。プラットフォームが正しくタグ付けされていないURLを検出した場合は、「推奨URL」フィールドに新しいURLが表示されます。また、確認すべきURLがあることを知らせる警告が生成されます。


注記:弊社では、収益が正しく帰属するように、できる限りすぐにパブリッシャー側でこれらのリンク先URLをアップロードすることを強く推奨しています。

重要

特定のChannel Connectアカウントに対してURLビルダーを有効にするには、「コストファイルから取得」を「収益とコンバージョンデータがありません」に設定する必要があります。それ以外の場合は、アプリケーションで収益値はコストファイルから受け取るものとみなされ、URLをタグ付けする必要はありません。さらに、その他のパブリッシャーのURLビルダーページで「キーワードレベルのURLを作成」オプションをオンにする必用があります。

URLの変更が必要なキーワード/クリエイティブを報告する定期的なレポートを設定する方法

URLビルダーを設定済みで、プラットフォームがURL変更の必要性を検出し、変更を推奨している場合は、Channel Connectの各アカウントで定期的なレポートを作成することもお勧めします。このレポートを設定すると、URLの更新が必要なキーワードがアプリケーションで検出されるたびにメールを受け取ることができます。レポートを設定するには、以下の手順で操作します。

  1. メインの「キーワード」タブに移動します。
  2. ビュービルダーのグリッドビューで、「キーワード」(または「クリエイティブ」)、「アカウント」、「キャンペーン」、「グループ」、「マッチタイプ」(キーワードのみ)、「リンク先URL」、および「推奨URL」の列を選択します。
  3. グリッドの日付範囲は「昨日」にしておきます。 (オプション)
  4. 「アカウント名がユニバーサルチャンネルアカウントの名前に等しい」および「推奨URLが空白でない」のフィルターを追加します。
  5. 定期的なレポートを作成し、必要なユーザーにメールで送信するように設定します。

Channel Connectの入札

Channel Connectアカウントに対してコストと収益のデータがアップロードされたら、プラットフォームのパワフルな入札アルゴリズムを利用して、キーワードレベルの推奨入札単価を受け取ることができます。アプリケーションから得られたこれらの推奨入札単価は、その後、パブリッシャーのインターフェイス内で関連するキーワードの入札単価を手動で更新するために使用できます。

Channel Connect用の収益アシスト計算

プラットフォームの収益アシスト機能をChannel Connectに対して使用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • プラットフォームトラッキングを使用していること。
  • Channel ConnectのキーワードURLが、「管理」>「収益」の「トラッキングID」の設定に基づいて適切にタグ付けされていること。
  • 最後のクリック以外のアトリビューションモデルを使用していること。

その他の情報

  • チャンネル用にコストデータがアップロードされたら、これらのアカウントで入札し、提案を使用してパブリッシャーのインターフェイスから関連するアカウントを更新できます。
  • 一括アップロードするコストファイルに含めなければならないフィールドは以下のとおりです。
    • 日付
    • [キャンペーンID](ロング)
    • キャンペーン(文字列)
    • [グループID](ロング)
    • グループ(文字列)
    • [キーワードID](ロング)
    • キーワード(文字列)
    • [マッチタイプ](文字列/列挙)(デフォルト:部分)
    • [リンク先URL](文字列)(デフォルト:NULL)
    • [平均掲載順位](浮動)
    • [最高CPC](浮動)(デフォルト: NULL)
    • [コスト](浮動)(デフォルト: 0)
    • [クリック数](整数)(デフォルト: 0)
    • [インプレッション](整数)(デフォルト: 0)
    • [コンバージョン](整数)(デフォルト: 0)
    • [収益](浮動)(デフォルト: 0)
    • [コンバージョンタイプコンバージョン]
    • [コンバージョンタイプ収益]
    • [ディメンション]
  • コストファイルは、アプリケーションでサポートされている任意の言語およびロケールでアップロードできます。
  • Channel Connectアカウントはすべて、クライアントのロケールと通貨を使って設定されます。つまり、すべての日付形式はクライアントのロケールまたはISO標準形式("YYYY-MM-DD")で送信されることになります。また、小数点や桁区切り文字もクライアントのロケールに従って解釈されます。
  • 現在のところ、プラットフォームでは、Channel Connectに対するロケールや通貨を「パブリッシャークライアントアカウント」(PCA)レベルで指定することはできません。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")