ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Account Activation, Linking & Settings > How To Articles: Account Activation, Linking & Settings > Marin Professionalを使い始める前に

Marin Professionalを使い始める前に

Marin Professionalを使い始める前に

おめでとうございます!Marin Professionalへようこそ

使いやすいインターフェイスを備えたMarinプラットフォームは、パブリッシャーアカウント(Google、Facebookなど)にリンクすればすぐに使用できます。また、結果をすぐに確認することもできます。

このガイドは、Marin Professionalをうまく活用するための最初の手順をまとめたものです。既存のMarin Professionalクライアントからの協力を得て、皆様に役立つ手順を6つに区分しました。

1. アカウントをリンクする

既存のキャンペーン、グループ、クリエイティブ、およびキーワードをこのアプリケーションで管理するには、最初にそれらをリンクする必要があります。アカウントをリンクすると、アプリケーション内で行ったすべての変更が同期操作でパブリッシャーに伝えられます。最初の登録時に、以下の手順でアカウントにリンクを設定します。

  1. お客様からの情報入力後、弊社がお客様のアカウントを用意します。
  2. 次に、アカウント情報を入力し、アカウントにリンクを設定します。 リンクを設定するアカウントごとにリンクウィザードの「アカウントを追加」をクリックし、画面上の指示に従ってください。 完了したら、「完了」ボタンをクリックし、リンク処理を開始します。
  3. その後、弊社はお客様の構造とコストの情報をアプリケーションにダウンロードします。アカウントの準備が整った時点で、お客様にメールが送られます。

リンクされたアカウントを管理する

弊社のアプリケーションは、APIを通じてパブリッシャーに接続することで、お客様の既存のパブリッシャーアカウント情報を取り込みます。

ここでお客様に要求されるのは各パブリッシャーに対するユーザー名、パスワード、アカウント番号の入力です。後の操作はすべてアプリケーションが行います。キャンペーンをリンクするのに要する時間は、キャンペーンのサイズに応じて異なります。「チャンネル」タブに移動して「アカウントの管理」をクリックすると、ダウンロードのステータスを確認できます。 そこには、各アカウントの要約とリンクステータスが表示されています。

パブリッシャーとの同期を維持する

弊社のアプリケーションはパブリッシャーとの双方向同期を維持します。

毎夜、アカウントに加えられた変更は自動的に同期されます。たとえば、パブリッシャーで(AdWords Editorなどを使用して)直接行った変更は、翌日取得されます。また、「チャンネル」>「アカウントの管理」にアクセスし、特定のアカウントで「同期」ボタンをクリックすれば、そのアカウントを手動で同期することもできます。

2. データを管理する

グリッドの右上にある「ビュービルダー」を使用すれば、グリッド内のキャンペーン全体で表示したいメトリックとデータを選択できます。ビュービルダーは、レポートを実行する場合のベースにもなり、重要なデータを絞り込むことができます。

  1. 画面の右側のグリッド上部にある「ビュービルダー」リンクをクリックします。新しいウィンドウがポップアップします。
  2. グリッドビューに表示する列のチェックボックスをオンにし、グリッドビューに含めるまたはグリッドビューから削除する列のチェックボックスをオフにします。
  3. チェックボックスをオンにすると、右側に列名が表示されます。これらの列は、ドラッグアンドドロップによって、グリッドに表示する順序を並べ替えることができます。
  4. 作業終了後、変更内容を保存すると、新しいグリッドが表示されます。
  5. 列のタイトルテキストをクリックして、グリッド内の列を並べ替えます。デフォルトの並べ替え順は降順です。列のタイトルテキストを再度クリックすると、その列の並べ替え順が昇順に変わります。また、各列ヘッダーの隣の逆三角形をクリックすれば、テキストベースや数値のフィルターを追加できます。

列に同じフィルターを適用して、同じ順序で頻繁に確認するときは、「ビュー」を保存しておくと、時間を節約できます。レポートの作成時にも、このビュー機能を使用できます。ビューを保存するには、画面の左側の「ビューを保存」をクリックし、ビューに名前を付けます。そうすると、そのビューは画面の左側のドロップダウンメニューで選択できるようになります。

3. 分析を行動に移す

Marin Professionalのフィルタリングおよびビュー機能は、マーケティング担当者のデータ分析時間を節約できるように設計されています。それだけではありません。ほぼすべてのデータを調べた後、マーケティング担当者は行動を起こし、結果を改善したいと考えています。Marinなら、編集したいキャンペーン、広告グループ、キーワード、クリエイティブ、プレースメントを選択すれば、これを大規模に効率性を最大にして実現できます。グリッドの上の「編集」アイコンをクリックし、Marin Professionalの指示に従うだけで、パブリッシャーの各種編集オプションを実行できます。

4. データは1つのディメンションでなくてよい

ディメンションは、アカウント構造とは別に、キャンペーン、グループ、クリエイティブ、およびキーワードを追跡、報告、および管理するための手段です。オブジェクトには複数のディメンションを使ってタグを付けることができます。これらのタグはアプリケーション内にのみ存在し、パブリッシャーに送信されることはありません。

  1. 「管理」ビューの「ディメンション」サブタブをクリックします。
  2. 「+ 作成」ボタンをクリックして、新しいディメンションを作成します。
  3. ディメンション名を指定し、説明文(任意)を入力します。
  4. 初めてディメンションを作成すると、アプリケーションにはそのディメンション名の新しいタブが作成されます。次のディメンションを作成すると、このタブの名前がディメンションに変わり、新たに作成されるディメンションはすべて、このタブに表示されるようになります。

これで、ディメンションにあるキャンペーン、広告グループ、キーワード、クリエイティブ、プレースメントにタグ付けすることができます。これは一度に実行できます。つまり、複数のオブジェクトを同時に編集することができるのです。

  1. オブジェクトグリッド(アカウント、キャンペーン、グループ、キーワード、クリエイティブ)で、タグ付けする項目を選択します。フィルターを使用すると、すべてのリストをすばやく絞り込むことができます。
  2. グリッドの上にある「編集」ボタンをクリックします。
  3. 新しい値を保持するディメンションの名前を選択します。
  4. 選択した項目に適用するタグを入力します。
  5. 「保存」をクリックします。多数のオブジェクトを変更する場合は、値がグリッドに表示されるまでに数分かかることがあります。

手始めにディメンションの候補をいくつか紹介します。

  • キーワードのタイプ - ブランド、商品、ブランド+商品、一般
  • マッチタイプ
  • 地域
  • 事業単位
  • プロモーション

5. クリエイティブの自動A/Bテスト

Marin Professionalは、クリエイティブのパフォーマンスを自動的に分析し、同じ広告グループ内の他のクリエイティブの標準パフォーマンスより高い、あるいは低いクリエイティブを識別します。この分析では、過去14日間のクリエイティブのパフォーマンスを調べ、クリックスルー率とコンバージョン率に統計的に有意な差があるクリエイティブを特定します。

コンバージョン/インプレッション率がグループ内の他のクリエイティブより高いクリエイティブは「勝ち組」、低いクリエイティブは「負け組」と記されます。クリエイティブ間で統計的に有意な差がない場合、または広告グループ内にクリエイティブが1つしかない場合、それらのクリエイティブは「ドロー」としてマークされます。

クリエイティブのパフォーマンスを表示するには、「管理」>「最適化」>「クリエイティブのテスト」に移動し、ビュービルダーの「A/Bテスト」列を追加します。低パフォーマンスのクリエイティブのテキストは、それをグリッド内で選択して「編集」ボタンをクリックすれば簡単に更新できます。また、すべての低パフォーマンスのクリエイティブをすばやいパフォーマンス向上のために一時停止することも簡単です。

6. 入札単価の最適化

ビジネス目標に基づいて入札目標を設定し、キャンペーンを各入札目標に割り当てれば、Marinで入札を自動化し、各キャンペーンを入札目標に合わせて最適化することができます。検索マーケティング担当者の多くはキャンペーンをビジネス目標に合わせて最適化し、それ以外は1つの目標のみに合わせて最適化します。目標に基づく入札を使用すれば、どちらかの状況が簡単になります。

  1. 開始するには、「入札」タブをクリックします。「目標」サブタブに移動し、そこで目標を設定できます。
  2. 目標名を指定し、「キャンペーンを選択」エリアで「編集」をクリックして、その目標に属するキャンペーンを選択します。過去28日間の目標あたりコンバージョン数が15以上のキャンペーンを選択してください。次に、最適化する場合の目標のタイプを選択します。各目標にカーソルを合わせると、それぞれの説明が表示されます。
  3. 次は、金銭的な目標を選択します。利益率、ROI、ROASのいずれかの収益モデルを選択する場合、入力されている収益データが実績であることを検証してください。収益の数値が実績でない場合、CPL/CPAまたは掲載順位モデルのみを使用してください。アプリケーションは過去の実績に基づく値を提示します。スライダーは上下に調整できます。アカウントの安定を確保するため、値はスライダーの有効範囲内に保つことを推奨します。ただし、指定した範囲から外れた値に最適化したい場合は、その値を目標ボックスに直接入力することもできます。
  4. 次は、入札の積極性を選択します。スライダーは目標を達成するためのアルゴリズムを指定します。スライダーの位置は、コストが気になる場合は「控えめ」に近付け、ボリュームを増やす場合は「積極的」に近付けます。スライダーを「積極的」に設定すると、過剰支出で目標ターゲットを超過するリスクがあります(たとえばCPLが目標より高くなる)。同様にスライダーを「控えめ」に設定すると、支出は減りますが、コンバージョン数が増加する機会を逃します。このステップを完了すると、特定の目標別に入札の保存とプレビューができるようになります。

目標を設定すると、入札単価がシステムによって計算され、プレビュー可能になります。入札単価変更は円グラフで表されます。グラフの赤の部分は引き下げた入札単価、緑は引き上げた入札単価、グレーは変更しなかった入札単価を表します。円グラフの各扇形部分をクリックすると、その扇形部分が表すキーワードごとの正確な入札単価変更の概要が表示されます。これらの入札単価で問題がなければ、緑の「入札取引」ボタンをクリックして、これらの入札単価の計算結果をパブリッシャーに公開することができます。

  • トラフィック、プレビュー、オフの各モードを目標レベルで切り替えることもできます。
  • 別の目標を設定するには、ブレッドクラムナビゲーターの「すべての目標」リンクをクリックします。次に、「Create New Goal」ボタンをクリックすると、目標設定に戻ります。

各目標には過去28日間に15件以上のコンバージョンが必要です。各目標にアルゴリズムが機能するだけのデータがあることを確認してください。各目標のパフォーマンスを確認するには、「入札」タブ>「パフォーマンス」サブタブに移動します。

掲載順位に基づく入札や手動入札にキーワードを設定するには、オーバーライドを使用します。「パフォーマンス」サブタブに移動し、目標をクリックして、「オーバーライド」サブタブに移動します。該当するキーワードを選択し、「入札単価オーバーライド」ボタンをクリックして、掲載順位に基づく入札または手動入札にキーワードを割り当てます。また、入札単価を特定の金額またはパーセントだけ引き上げ、キーワードの入札単価を最初のページの最低入札単価に増加、またはMarinで計算した入札単価にキーワードに設定することもできます。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")