ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Grids, Tabs & Columns > How To Articles: Grids, Tabs & Columns > プラットフォームフィルターに関するガイド

プラットフォームフィルターに関するガイド

プラットフォームのフィルターとは

フィルターは、検索広告を効果的に管理するのに欠かせません。フィルターを使用すると、インターフェイスに表示する値のセットを絞り込んでから、それらのオブジェクトを操作できます。

  • 新しいフィルターを追加するには、列ヘッダーの「フィルター」アイコンをクリックします。
  • 現在適用されているフィルターはグリッドの上に表示されます。
  • フィルターのオン/オフを切り替えるには、列ヘッダーの「フィルター」アイコンをクリックするか、グリッドの上のフィルターの横にある「X」をクリックします。

テキストフィルター

列:アカウント、キャンペーン、グループ、キーワード、見出し、説明、ディメンション、リンク先URLなど

演算子:

  • 次に一致:検索用語に一致するすべての項目を返します。AND、OR、およびNOTと共に使用できます。たとえば、「アルプスANDスキー」は「アルプススキー」を返しますが、「ウォータースキー」は返しません。
  • 次を含まない:検索用語に一致しないすべての項目を返します。ORと共に使用できます。たとえば、この演算子を「キャットORドッグ」と共に使用すると、「キャットフード」や「ドッグトーイ」は返されません。
  • 「次に等しい:」項目が検索用語に完全に一致しなければなりません。
  • 「空白である/空白でない」: リンク先URLやディメンションに便利です。

数値フィルター

列:インプレッション、クリック、コンバージョン数、収益など

特殊な演算子:

  • 範囲:範囲フィルターは両端の値を含みます。
  • |x|より大きい:(変化列のみ)変化列の絶対値が入力した値より大きい行をすべて返します。これは、大きな変化(正または負のいずれであるかを問わず)を見つけるのに便利です。
  • |x|より小さい:(変化列のみ)変化列の絶対値が入力した値より小さい行をすべて返します。これは、小さな変化(正または負のいずれであるかを問わず)を見つけるのに便利です。

カテゴリーフィルター

列:パブリッシャー、マッチタイプ、ステータス

一連の可能な値を持つ列に使用できます。このフィルターでは、1つまたは複数の可能な値を選択できます。

日付フィルター

列:作成日、オーバーライド終了日

特殊な演算子:

  • 範囲:範囲フィルターは両端の値を含みます。

複数の条件でフィルターする方法

グリッドを複数の条件を使ってフィルターしたい場合があります。たとえば、「ブランド」という語句を含み、「モバイル」という語句を含まないすべてのキャンペーンを検索したいような場合です。「フィルター」ボックスでは、検索結果を絞り込むためのさまざまな演算子を使用できます。現在使用できるのは、ANDORAND NOTです。これらの演算子をフィルターで使用するには、以下の手順で操作します。

  1. フィルターを使用するメインのグリッドに移動します(「キーワード」など)。
  2. フィルターを適用する列のヘッダーにある「フィルター」アイコンをクリックします。
  3. 表示されたバブル内の「条件」ドロップダウンメニューをクリックして、「次を含む」、「次に等しい」、「次を含まない」のいずれかを選択し、演算子の1つとして使用します。もう1つのオプションである「空白である」と「空白でない」は、演算子も検索用語も指定する必要はありません。
  4. 「フィルター」テキストボックスに、演算子を使用して条件を入力します。たとえば、「次を含む」を選択し、「黒AND白」という語句を指定したフィルターを作成します。 このフィルターを適用すると、指定した条件を満たすすべてのオブジェクトが返されます。

上記の手順はプラットフォーム内のどのメイングリッドでも使用できます。

複数の条件を使用する際の重要な情報

  • NOT演算子を使用するときは、「AND NOT」を使用してください。たとえば、「Red NOT Blue」は機能しなくても、「Red AND NOT Blue」は機能します。
  • 状況によって、最大10個のフィルターを使用できます。この最大数を超えるフィルターを適用すると機能しません。

プラットフォームのフィルターの使用に関する重要な情報

  • プラットフォームでは%記号をワイルドカードとして処理するため、フィルターを適用するときに%記号を使用しても機能しません。使用する必要がある場合は、\\%を試してみてください。目的の結果が返されます。たとえば、「次を含む」のフィルターで「123%」を指定したい場合は、「123\\%」を使用する必要があります。これで、フィルターは「123\%」として表示されます。
  • プラットフォームでは_記号をワイルドカードとして処理するため、フィルターを適用するときに_記号を使用しても機能しません。使用する必要がある場合は、\\_を試してみてください。目的の結果が返されます。たとえば、「次を含む」のフィルターで「abc_」を指定したい場合は、「abc\\_」を使用する必要があります。これで、フィルターは「abc\_」として表示されます。
  • プラットフォームは複数のタブ(プラットフォームの複数のタブを同時に開くこと)をサポートしていません。この操作はフィルターの誤動作を招くことがあります。フィルターを適用した結果が予期した値と異なる場合は、プラットフォームで開いているウィンドウを1つだけにしてください。
  • 特定の種類の検索(リンク先URL内のスペースなど)では、クエリで次の構文を使用してください:% %
    この場合、「パーセント記号スペースパーセント記号」を使用すれば、検索用語内にスペースを指定できます。
Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")