ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Grids, Tabs & Columns > How To Articles: Grids, Tabs & Columns > プラットフォームのサイドパネル機能に関するガイド

プラットフォームのサイドパネル機能に関するガイド

概要

プラットフォームのサイドパネルは、アカウント内の特定オブジェクトに関する詳細データを簡単に見つけられる便利な機能です。

サイドパネル機能はプラットフォームのメインSmartGridにあり、クリックすると指定したデータの詳細情報が表示されます。 この機能により、純粋にデータから迅速かつ的確な意思決定が可能になります。 サイドパネルは選択中の行に関する幅広い情報を提供し、「履歴」と「パフォーマンス」という2つのタブを備えています。

サイドパネル機能がどのように役立つか、詳しく見てみましょう。
 

32.png

サイドパネルを起動する方法

はじめに:サイドパネルにアクセスする方法は? 簡単です。下記のいずれかのSmartGridに移動して、いずれかの行をダブルクリックするだけです。

以下のグリッドにサイドパネルが表示されます。

  • キーワード

  • クリエイティブ

  • グループ

  • キャンペーン
     

33.png

「設定」タブを使う

「設定」タブには選択中のオブジェクトに固有の情報が表示されます。

このタブでは、プラットフォームのグリッドを離れることも貴重な文脈を失うこともなく、変更を個別に確認(して実行)できます。 パネルの表示中にグリッド内を上下にスクロールすると、パネルが更新され、そこに新しく選択された各オブジェクトの設定が表示されます。

サイドパネルの「設定」タブには主にGoogleの改良版URLに関連する情報が含まれ、当面は読み取り専用ですが、今後のリリースではこれらの設定の変更も可能になります。

プレビューURL

Googleのキーワードとクリエイティブでは、「設定」タブからプラットフォームのプレビューURLにアクセスすることもできます。

このURLは、Googleが検索結果ページに完全URLを構築する場合と全く同じロジックで、下記のURL要素から構成されます。 つまり、指定されたオブジェクトにリンク先ページ(AdWordsでは最終ページURL)が含まれている場合、プレビューURLは次のようなロジックで構築されます。

プレビューURLの分析

 

  1. オブジェクトに最も近いトラッキングテンプレートを探します。
    たとえば、キーワードが指定されている場合、そのキーワードにトラッキングテンプレートそのものが含まれているかどうかを確認します。 含まれていなければ、そのキーワードの親グループを調べ、トラッキングテンプレートの有無を確認します。 ない場合は、キャンペーン、アカウント、その他を調べます。トラッキングテンプレートが見つからない場合は、デフォルトのトラッキングテンプレート{lpurl}が適用されます。
     

  2. {lpurl}、{unescapedlpurl}、{lpurl+2}など、いずれかのリンク先ページのリファレンスを、適切にエンコードされたURLに置き換えます。

    • {lpurl} を使用すると、トラッキングテンプレートが{lpurl}で始まる場合(たとえば、{lpurl}&pcrid={creative}&{_mkwid}=abc123)のみ、リンク先ページはエスケープされません。それ以外の場合は{lpurl}が一度エスケープ/エンコードされます。

    • 詳細については、この記事の「トラッキングテンプレート」セクションhttps://support.google.com/adwords/answer/2375447?hl=en)をご覧ください。
       

  3. 最後に、カスタムパラメータを適切な値に置き換えます。
    たとえば、トラッキングテンプレートに{_mkwid}がある場合、プラットフォームは現在のキーワードの中に対応する{_mkwid}がないか調べます。 見つからなければ、プレビューURLはグループに移動し、次にキャンペーンに移動します。 値が見つからない場合、現状のままになります(ただし、GoogleがURLを実際に表示する場合は未解決のカスタムパラメータが空きスペースに置き換えられます)。
     

Googleで広告配信時にURLが構築される場合、ルックアップの順序は少し異なります。 正式な階層は次のとおりです。
 

  • サイトリンク < キーワード/プレースメント/商品グループ < 広告 <グループ < キャンペーン < アカウント
     

その結果、広告階層のトラッキングテンプレートを使用するトラッキング設定は、プラットフォームのプレビューURLによって正しく構築されません。 この違いは、実際の広告配信時にサイトリンク、キーワード、広告をマッチングするGooglの結果のみです。したがって、プラットフォームはこの特殊な設定を解決できません。

プレビューURLは、配信時に予測されるトラッキングパラメータがURLに含まれていることをすばやく確認する機能です。これによって、広告が実際に配信される前に、簡単に変更を見つけ、実行することができます。

「パフォーマンス」タブ

「パフォーマンス」タブは、どのSmartGridのサイドパネルにもあり、選択した行/オブジェクトのインプレッション、クリック、コンバージョンに関する過去30日間のデータを表示します。 これらのデータのチャートも用意され、関連するトレンドの見える化に役立ちます。 選択された行の変更時に「パフォーマンス」タブを開くと、サイドパネルが更新され、新しく選択された項目が反映されます。

 

performancetab.jpg


 



 

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")