ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Grids, Tabs & Columns > How To Articles: Grids, Tabs & Columns > トレーニング:プラットフォームでのキーワード管理

トレーニング:プラットフォームでのキーワード管理

学習内容

このトレーニング記事では、プラットフォームの強力なグリッドを使用して、すべてのキーワード(またはその他のオブジェクト)を容易に管理する方法について説明します。 インスタント検索と詳細な分析機能を持つグリッドは、プラットフォームに含まれるツールキットの中で、もっとも優れたツールの1つです。

特に、以下の内容について学習します。
 

  • プラットフォームのグリッドを使用してキーワードを管理する方法。
  • グリッドからキーワードを追加、編集、削除する方法。
  • プラットフォーム内のすべてのグリッドを最大限に利用するのに役立つテクニック。
     

ヒント:プラットフォームのグリッドには、フィルター、日付のドリルダウン、カスタムビューの構築、その他多くの操作ができる機能が含まれています。

基本


グリッドの概要とその仕組みを理解することから始めましょう。

ユーザーにとって必要な情報を素早く入手することが重要であるため、できる限りスムーズな動作を実現できるようにグリッドが設計されています。 グリッドには、ワークフローを最適化するために、インスタント検索、高度なテキストフィルター、あらゆる並べ替えオプションなどの機能があります。 また、組み込みのビュービルダーを使い、いつでも必要な列の追加および削除が可能です。 さらに、キャンペーンナビゲーターによって、まったく新しい方法でキャンペーン構成を見える化できます。

プラットフォームのグリッドは、複数タブからアクセスできる、使いやすいさまざまな機能を備えています。 つまり、「キーワード」タブでグリッドの使い方をマスターすると、プラットフォームの他の場所でも簡単に使えるようになります。

操作の実例を見る


Marin Softwareのチームメンバーに加わり、プラットフォームのグリッドに関するガイドツアーに参加してみてください。 キーワードやその他のオブジェクトを、グリッドを使用してアクティブに管理する方法をわずか数分で学習できます。

「再生」ボタンをクリックするとビデオがスタートします。 ビデオの視聴には全画面表示をお勧めします。
 

操作方法


このセクションでは、プラットフォームのグリッドを使用して、アカウントのキーワードをステップバイステップで管理する方法について説明します。
 

  1. 最初に、「SmartGrid」タブをクリックします。
     
  2. ここには、「キャンペーン」、「グループ」、「キーワード」、「クリエイティブ」、および「動的ターゲット」という4つのサブタブが含まれています。 このトレーニングコースでは、「キーワード」サブタブについて学習しますので、そのタブをクリックします。 ここで学習する内容の大半は、他のサブタブにも適用できますので覚えていただくと便利です。
     
  3. 最初に、グリッドの最上部にある便利なコントロールについて説明します。 ここでは、任意の文字列でキーワードをフィルターしたり、「作成」ボタン(「+」アイコン)で新しいキーワードが追加できます。 さらに、グリッド内のチェックボックスを使用して任意の数のキーワードを選択することもできます。また、これらのボタンによって「一時停止」、「再開」、「削除」、または「編集」の操作を実行できます。 「編集」画面からは、「ディメンション」タグ、「検索入札単価」、および「リンク先URL」などの属性を変更できます。

     


     
  4. グリッド自体は、列をクリックして任意の順序にドラッグできるほど極めて動的であり、カスタマイズ可能な仕様になっています。 また、列ヘッダーの端を操作することで、任意の列のサイズを大きくしたり小さくしたりできます。 任意の列ヘッダーをシングルクリックすると、グリッド内のデータがその特定のメトリックによってソートされます。
     
  5. ヘッダーの隣にあるファネルアイコンをクリックするだけで、グリッド内の任意の列をフィルターできます。 その列の内容に応じて、テキストフィルターまたはラジオボタンを使用して表示する必要のあるデータにドリルダウンできます。
     
            


     
  6. 表示したい列がグリッドに表示されていない場合は、ビュービルダーを使用して列を追加できます。 グリッドの右側を見ると「ビュービルダー」ボタンが表示されています。 このボタンをクリックすると、グリッドに追加するさまざまなメトリック列を選択できます。 気に入ったビューがあれば、星ボタンをクリックすると保存できます。
     

     
  7. グリッドの上にある「レポート」ボタンで目的に合ったオプションを選択することで、任意のカスタムビューを1回限りまたは定期的なレポートのいずれかに変換できます。 レポートの詳細については。「詳細情報」セクションのリンクを参照してください。

試してみる


プラットフォームの機能を本番データで試すのは理想ではありませんので、以下のトレーニングウィジェットを作成しました。 これは、プラットフォームの完全なオフライン複製です。簡単な指示に従うことでグリッドに直接触れて学習できます。 これは単なる練習ですので、結果は記録されません。

開始するには、以下のインタラクティブセクションをクリックするだけです。
 

詳細情報Edit section


これではグリッドに関して学びましたが、まだ学習が必要な多くの内容があります。 次の一覧には、グリッドやプラットフォーム全体をもっと活用していただくのに便利なリンクがあります。
 

 

 


Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")