ようこそ!
この度、新たにアップグレードされたサポートセンターをご案内いたします。
  • また、検索機能も大幅に強化されました
  • より効率的にコンテンツを管理/運用することが可能になり該当コンテンツをすばやく見つけることができるようになりました。
  • 人気のある注目の記事などには概要をまとめたビデオを追加しましたので問題解決に向けて役立てることが可能です。
  • より正確且つ最新のコンテンツ、情報をお届けすることが可能です。
Home > ja-jp > Your Marin Account > Grids, Tabs & Columns > Troubleshooting Articles: Grids, Tabs & Columns > プラットフォームで行った変更を元に戻す方法

プラットフォームで行った変更を元に戻す方法

概要

プラットフォーム内である変更を行い、その後すぐにその変更を元に戻したいことがあります。あるいは、間違って変更を加えてしまい、それを元に戻したいこともあるでしょう。

たとえば、バルクファイルを使用していくつかのクリエイティブを一時停止にし、その他のいくつかのクリエイティブをアクティブにしたいとします。 しかし、間違ってすべてのクリエイティブを一時停止にしてしまった、というような場合です。

変更を元に戻す方法

プラットフォームには「元に戻す」ボタンのような機能がありませんが、行った変更を元に戻す方法はあります。お客様が変更を元に戻すためにチケットを提出した場合に弊社で行う手順は、お客様自身で行うこともできます。

  • すべてのクリエイティブを間違ってアクティブにしてしまった上記の例では、単にアクティビティーログからバルクファイルをダウンロードし直し、行った変更を取り消すようにそのファイルを編集するだけです。 この論理はあらゆるタイプの変更にあてはまります。
  • また、操作(「一時停止」、「編集」など)をキューに入れ、それがパブリッシャーに送信される前にアクティビティーログからその操作をキャンセルすることにより、変更の取り消しを試みることもできます。 ほとんどの場合は、上記の方法でオブジェクトを変更前の「問題のない」状態に戻すことができます。

不明な点がある場合は、サポートサービスチームにお問い合わせください。

Last modified

Tags

このページではカスタムタグがありません。

Classifications

このページには分類がありません。

 

wiki.page("Internal/Mindtouch_Launch_Sandbox/js.cookie.js")